このサイトは出版社社員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「出版社社員」

仕事内容
出版社とは、書籍や雑誌などの出版物を発行する企業を指します。出版社の社員にはデザイナー、編集者、ライター、営業などさまざまな職種があり、協力しながら仕事を進めていきます。出版物ができるまでのプロセスは、企画や役割分担に始まり、制作・編集、印刷会社への入稿、色校正、下版・印刷・製本といった流れで、完成した出版物は書店などの販売店へ出荷され、読者のもとに届きます。書店への営業や広告宣伝といった、出版物がより広く読まれるための業務も出版社の仕事です。これらの業務の一部を、業務提携を結んだ企業にアウトソーシングすることも多くあります。
なるには
新卒での入社を希望する場合、会社の規模が大きくなるほど大卒の学歴が必須条件に挙げられる可能性が高いため、大学で学ぶに越したことはないでしょう。学部や学科は関係なく、何を学んできたかよりも何を生み出せるかのほうが重要視されます。たくさん本を読んでいる、企画やアイディアを出すことが得意などといった素質や人間的な魅力で選ばれることが多いようです。転職での入社の場合は、中小の出版社で経験を積み実力が認められた人なら、高卒であっても大手に転職できる可能性は十分にあります。アルバイトや派遣社員から業務の幅を広げ、先輩社員の推薦で正社員への道が開けることも少なくありません。
給料
出版社の規模はピンキリで、当然、給料も会社の規模や年商によって、大きく差が開いています。出版業界で大手3社といわれる集英社、小学館、講談社の場合、正社員の初任給は平均約26万円だといわれ、ベテランも含めた平均年収は1300万円以上と、他の出版社に大きく差をつけています。しかし、規模の小さな会社と比べると残業時間が長いことから、残業代も加味しての高収入であることが伺えます。大手に中小出版社を含めた出版社全般の平均年収は550万円〜600万円ほどで、大手だけと比べると平均値がぐんと下がりますが、そんな中でも医学系出版社は年収が高く、平均1200万円台を誇っているのが特徴です。
将来性
インターネットの普及による書籍離れが深刻化していますが、このような現状に甘んじているばかりではなく、出版業界各社は生き残りをかけた再編へと動き出しています。大手印刷会社が大手書店数社を相次いで傘下に入れるなど、印刷・出版・書店各社は結束する形で勢力を拡大。これまでの出版物を中心とする事業から、ほかの領域へビジネスの比重をシフトしている出版社も目立っています。このような元気な会社を見極めて選べば、将来性を確保できるでしょう。また、今後も紙媒体にこだわりのある読者は一定数をキープしていくと見られるため、腕のいいクリエイターの活躍の場は奪われることはないでしょう。