絵本作家に向いている人・適性・必要なスキル

絵本作家になるには、なりたいという強い意志と高いスキルが必要です。

高いスキルがあるからこそ、読む人を楽しませたり、感動させれるのです。
この記事では厳しい実力主義の世界で、絵本作家になるための適正・スキルなどを解説します。

絵本作家に向いている性格・適性

絵本作家に向いている性格・適性
  • 強い意志とやる気があること
  • 想像力や感受性を持っていること

強い意志とやる気

どんな仕事にも言えることですが「必ず絵本作家になるんだ」という強い意志は必要不可欠です。

自分の描いた絵本で、人に感動を与えたい、人を喜ばせたいと本気で思っていなければ、厳しい実力主義の出版業界で生き残ることはできません。

想像力や感受性

想像力や感受性なしには、オリジナリティあふれる作品を作り続けることはできません。

  • 常日頃から泣いたり笑ったり、感受性が豊かな人
  • 何にでも興味をもつ人
  • 追求心が高く好奇心旺盛な人

上記ような性格をもつ人は、人に楽しさを伝えたり、感動させる絵本をつくります。

また、何にでも興味を持ったり、追求したりしたいと思う好奇心が旺盛な人は、絵本の題材集めには有利です。

想像力や感受性は、絵本作家の原動力になっているといっても過言ではありません。

こうした人は経験も豊富で、より多くの読者を引き付ける魅力を持っているといえるでしょう。

絵本作家になるには

絵本作家に必要なスキル

絵本作家に必要なスキル
  • 絵のスキル
  • 文章のスキル

絵本は文章も絵もその作家だけのオリジナルでなくてはなりません。

自分でしか書けない絵本はさまざまな高いスキルを必要とします。

絵のスキル

絵本ではただ単に絵を描くのが上手いというだけではなく、絵本という媒体で表現し伝えるためのセンスが重要です。

絵の技術や上手さという点では、独学や学校で学べますが、日頃から美術や芸術に触れたり優れた絵本作品を研究したりするなど、感性を磨く努力が必要になります。

また現代では、PCを使って作業することも多いため、イラストレーターやフォトショップなどのソフトを使いこなすスキルも必要です。

文章のスキル

絵本作家にはストーリーを構成したり、内容を短く効果的な文章で表現したりするスキルが必要です。

大人から子どもまで理解できるような言葉で、他のどの本にも描かれていないような独自のストーリーを表現しなければなりません。

単純に正しい文章を書くだけなら学校でも学べますが、いままで経験してきたこと・これから経験することのすべてが、表現する力を育てることにつながるため頭の中にたくさんの引き出しをつくり、想像力や感性を磨くことが重要です。

仕事を得る努力

絵本作家になるためにもっとも一般的な方法は、出版社の編集部に自分の作品を持ち込むことです。

この時に必要なのが、行動力や自分を売り込むプレゼンテーション力です。

デビュー後に、継続的に仕事を獲得していくためにも、こうした仕事を売り込む能力は非常に重要です。

いくらすばらしい作品を作っても、作品が世に出て多くの人に読まれなければ仕事にはならないため、プロとしてデビューするきっかけをつかむには、こうした適性も必要です。

絵本作家に向いていない人

絵本は子どもが理解できるように、子どもの心を忘れず、子どもに夢を与えられるかどうかが重要です。

また読者は子どもがメインです。

実際に読み聞かせたり買ったりする大人も対象となります。

このふたつの世代層を納得させ、支持を得る文章と絵を書くことは、非常に難しいことです。

常に読者の視点を考えらなければ、売れる絵本は作れず、ひとりよがりな作品をつくることになり、自己満足の作品になってしまいます。

絵本作家として長く活躍することは難しいでしょう。

「絵本作家に向いている人・適性・必要なスキル」のまとめ

絵本作家は読む人の心を動かす大切な役割をもつため、求められるスキルも高くなります。

日々、親と子の支持を得るために絵本作家は、試行錯誤しています。

多くの人に喜ばれる本が出版できた時には、なによりのやる気へつながるでしょう。