このサイトはブックデザイナー(装丁家)を目指す人のための情報サイトです。

ブックデザイナー(装丁家)とは?

ブックデザイナー(装丁家)は、ブックカバーや表紙、扉、帯など、本の外観をデザインする仕事です。編集者や著者から依頼を受けて打ち合わせを行い、テーマやコンセプトに合う魅力的なデザインを企画して形にしていきます。勤務先は出版社やデザイン事務所が中心となりますが、「グラフィックデザイナー」や「イラストレーター」「エディトリアルデザイナー」がこの仕事を兼務することもよくあります。平均年収はデザイン事務所であれば300万円~400万円程度となっているようです。装丁は本の売り上げに大きく関わるため、有名なブックデザイナーに仕事の依頼が集中する傾向が強く、成功するためには地道に実績を重ねていく必要があるといえるでしょう。

ブックデザイナーの仕事内容

ブックカバーや表紙、扉、帯など、本の外観をデザインするのがブックデザイナー(装丁家)の仕事です。

判型、版面、書体、用紙の指定など、装丁以外の造本まで手がけるブックデザイナーもいます。

デザインの良し悪しによって本の売れ行きが左右されることもあるため、読者の目を引くような印象深いデザインが求められます。また本の内容に即したデザインであることも重要です。

編集者や著者から依頼を受けて打ち合わせを行い、デザインソフトを使ってパソコン上でデザインします。

別のイラストレーターが描いた装画を使ったり、専業ではないグラフィックデザイナーやイラストレーターが装丁を手がけたりすることもあります。

ブックデザイナーになるには・必要な資格は?

ブックデザイナーになるために必要な資格はとくにありません。

出版社の編集者かデザイン事務所の編集デザイナーを経験してから独立する人が多いでしょう。

グラフィックデザイナーやイラストレーターが有名な装丁家に弟子入りすることもあります。

デザイン事務所に就職するためには、美術系の大学や短大、専門学校でデザインや編集、印刷について学ぶほうが有利ですが、出版社に就職する場合は必ずしもデザインや編集、印刷に関わる学部でなくてもかまいません。

美的センスやデザイン能力はもちろん必要ですが、デザインや編集、印刷を専門的に学んでいない人がブックデザイナーとして活躍することもあります。重要なのは本に対する愛着や読書量です。

ブックデザイナーに向いている人・適性

本が大好きでたくさん読んでいる人はブックデザイナーに向いているといえるでしょう。

それは装丁を数多く目にしているからです。

実際、装丁に魅かれて本に手を伸ばしたことも、本の内容を効果的に表現した装丁に心打たれたこともあるでしょう。

また読書量が多ければ、読解力や情報収集力も磨かれます。本の内容と装丁、本の売れ行きついての因果関係を分析することもできるでしょう。

そのうえで美的センスやデザイン能力が高い人も適性があります。

装丁は本という商品の顔を彩るような作業です。多くの読者の購買意欲を促すために適切なデザインを施さなければなりません。

そのためマーケティング能力も求められます。

ブックデザイナーの就職状況・雇用形態

装丁は本の売り上げに大きく関わるため、有名なブックデザイナーに仕事の依頼が集中するという実態があります。

年に100冊以上を担当するブックデザイナーは専業のフリーランスとして活躍できますが、専業のブックデザイナーはけっして多くはありません。

一般的にはグラフィックデザイナーやイラストレーター、エディトリアル(編集)デザイナーとして働く人が装丁も手がけることが多いでしょう。

あるいは経費削減のため出版社の社内で編集者がデザインすることもあります。

デザイン事務所や出版社に勤務する場合は正社員や契約社員、アルバイトなど雇用形態はさまざまです。

兼業のフリーランスの人数は多く、公募、コンペ、登録制などもあります。ただし、採用されるかどうかは未知数です。

ブックデザイナーの給料・年収・待遇

装丁の仕事はグラフィックデザイナーやイラストレーターが兼任することが多いでしょう。デザイン事務所に勤務する正社員のグラフィックデザイナーやイラストレーターの平均年収は300~400万円程度です。

出版社勤務の編集者が装丁を手がけることもありますが、平均年収は400~500万円程度でしょう。フリーランスの場合は実績により収入に大きな個人差が生じます。専業、兼業問わず人気のブックデザイナーは年収数1,000万円になることもあります。

ただし装丁だけで生計を立てることのできる人はごく少数しか存在しません。自身の代表作となるような装丁を手がけるまでは生活が安定しない人もいるでしょう。

ブックデザイナーの生活・勤務時間・休日

ブックデザイナーの勤務形態や仕事量は人によってさまざまなため、勤務時間や休日といった生活も多種多様になります。

ごく少数の専業の人気装丁家はフリーランスで自らスケジュールを管理しながら、忙しい日々を送ります。

兼業のグラフィックデザイナーやイラストレーターはデザイン事務所に勤務するか、フリーランスのどちらかが一般的でしょう。

正社員の場合は基本的に週休1~2日制の平日1日あたり8時間勤務になります。

編集者との打ち合わせは平日昼間に行われますが、それ以外は個人作業です。仕事量が多い人は土日や昼夜問わず働くこともあります。

ブックデザイナーの現状と将来性

ブックデザイナーという仕事のやりがいは、社会に影響を与えられることです。

クリエイターと呼ばれる職業は多数存在しますが、極端な話、本は著者と編集者、ブックデザイナーの3人で作ることができます。

大人数で連携することの多い創作活動において、少数精鋭で世の中に一石を投じることができる点が魅力的な仕事なのです。

出版不況といわれる昨今は経費削減のため出版社内で社員が装丁まで担当することも少なくありません。

一方で社会現象といわれるような話題作を装丁した人の背景が大々的にクローズアップされることもあります。

全体的な装丁の需要は増加していますから、世の中が何を求めているかを見極めることのできるブックデザイナーが今後も活躍するでしょう。