「書店員」とは

書店員_画像

本の陳列や整理、在庫管理、レジ、POP作成など、書店での販売業務と店舗運営に携わる。

書店員の仕事は本を販売することですが、レジを担当するだけではなく、棚作り、本棚の整理、返品整理、在庫管理、出版社・著者などの来客対応、POP作成など、さまざまな業務を行います。

本の積み方や見せ方などによって、本の売れ行きが変わってくるので、常に創意工夫が求められます。

書店員になるためには書店に就職することが必要となりますが、一部の大手を除き、学歴や資格はあまり問われません。

アルバイトや契約社員から正社員になる人も多いようです。

書店は利益が出にくい構造であることもあり、待遇はあまり良くありません。

年収400万円前後の人が多いようです。

ネット書店や電子書籍が広がるにつれ、書店を取り巻く環境は厳しくなりつつあります。

今後の書店員は、魅力的な売場づくりをする努力がいっそう求められるでしょう。

「書店員」の仕事紹介

書店員の仕事内容

本を売り、売り場をつくる

書店員はお客さまに本を売る仕事です。

読み手の方と直接会うことができるので、本に関わる仕事の中で読者に一番近い職業と言えます。

書店や売場によって仕事内容は変わりますが、基本的な仕事として、店内を清掃し、陳列の乱れを直し、新刊・人気商品などの確認、伝達事項の確認などを行います。

開店後は、レジをはじめ棚作り・本棚の整理・返品整理・在庫管理・版元などの来客対応、POP作成、閉店後にはレジの集計などの業務をします。

近年は、書店員の働きが本の売り上げを左右することもあり、影響する部分の大きい重要な仕事と言えます。

ネット書店や電子書籍が広がるにつれ、書店を取り巻く環境は厳しくなりつつあるため、魅力的な売場づくりをする努力が求められます。

書店員の就職先・活躍の場

全国の書店

書店員の活躍の場は、全国にある書店です。

書店と言っても、大型書店から、街中にある小さな書店まで規模はさまざまで、幅広いラインナップを取り扱う書店、専門書のみを扱う書店など特徴もそれぞれ違います。

近年は出版不況のあおりを受け、書店数が激減し、それだけでなく売り物の本を作る出版社や編集プロダクションなども次々と姿を消していっています。

そのため、書店もYoutubeやSNSを使った活動や「本屋大賞」などのイベント、売り場づくりコンテストなどさまざまな活動を行っています。

書店員の1日

開店前と閉店後が忙しい

多くの書店では、2交代から3交代のシフト制をとっています。

また、目に見える仕事だけでなく、バックヤードでの仕事が多いことも特徴です。

9:00 出勤
昨夜届いた雑誌・書籍を確認し、開店前に開梱、陳列する。
特に人気コミックや話題の新刊は目につくところに多く並べる。

9:45開店業務

10:00開店
来店したお客さまの対応、会計業務を行う。

11:00
ほかのスタッフと交代でバックヤードでの作業。
発注電話をかけたり、付録の挟み込みを行ったりする。

12:30 昼食

14:00
午後番の人が来たので、レジを交代。
比較的すいている時間帯に、POPやブックカバーを作成する。

17:30
学校や仕事帰りのお客さんで賑わいはじめる。
アルバイトと協力しながらレジ・接客対応をする。

21:00 閉店
翌朝の新刊を売り場に出す準備をし、シュリンク(ビニール)がけや売り場の入換えをすることも。

書店員になるには

書店に就職するには

書店員になるには、一般的に各書店が行う採用試験に合格する必要があります。

書店の新卒採用は本の知識に加え接客スキルも求められるため、普段から正しいマナー身に付けておいた方がよいでしょう。

特に大手書店の採用試験は人気が高く高倍率となるため、まずは学生のうちにアルバイトをし、そこから正社員を目指す人も少なくありません。

ただし、書店の規模により採用の条件や採用時期はまちまちです。

希望の書店がある場合は、ホームページや書店の案内などをこまめにチェックしておくとよいでしょう。

書店員の学校・学費

学歴は関係ない

書店員になるために、学歴はそれほど問われません。

実際、高校を卒業後すぐに書店に就職し働く人もいますし、アルバイトとして働いている人も少なくありません。

書店員というと文系のイメージがあるかもしれませんが、書店には理系の本も多く扱っているため、必ずしも文系の学校を卒業していなくても構いません。

専門学校や大学へ進学するにせよ、自分の好きな分野について勉強しておくと、書店員として働いたときに役に立つかもしれません。

書店員の給料・年収

給料は低めでも満足度の高い仕事

正社員になると固定給となり、各種手当てや賞与が発生するようになります。

大卒の初任給は大手書店で月収20万円程であり、中小規模の書店や個人書店の場合それより少なくなると考えてよいでしょう。

平均的なサラリーマンと比べて賃金の設定は低めであるといえるかもしれません。

しかし、書店員の醍醐味は自分の推した書籍が売れることや大好きな書籍に囲まれて過ごせることなどの賃金以外のところにあると考える人が多く、本が好きな人にとっては満足度の高い職業です。

書店員のやりがい、楽しさ

本を多くの人の手に

書店員は、自分のこれまでの読書歴や、その結果得た知識、接客や店舗巡回を通しての発見などを生かせることが一番の醍醐味です。

自分が選び、紹介した書籍・雑誌が知名度の有無に関わらず客から支持され、流行につながる可能性があるという点にやりがいを感じて、日々奮闘している書店員がほとんどです。

また、自分が選び、書棚に並べた雑誌・書籍が売れ、客の手に渡ったときに得る喜びは何にも替えがたいものです。

自分の得意分野を生かして、工夫をこらし、独創的な書棚を作ることが客の購買意欲をかきたてることにつながります。

書店員のつらいこと、大変なこと

体力勝負で気苦労も絶えない

文化系のイメージが先行しがちな書店員ですが、その業務は意外と体力勝負です。

限られた時間の中で重たい本を陳列しなければならず、またレジも立ち作業のため、体力は必須です。

腰痛や膝痛に悩まされる人も多いようです。

また、お客さまとの関わりにおける苦労も絶えません。

自分の得意分野ではない雑誌・書籍について聞かれることもあれば、「昨日テレビで紹介されたあの本」などという漠然とした質問をしてくる人もいます。

たとえ答えられない質問をされても、担当のスタッフと相談したり、検索をして一緒に探したりなど誠意を持った対応が必要とされます。

書店員に向いている人・適性

本も人も好きな人

書店員は本が好きであり、一定以上の読書量のある人ばかりです。

大きな書店では、就職後にそれぞれの担当コーナーに配置されるため、自分の好きな分野・作家に関しては誰にも負けないという自信を持てるくらい、読書が好きであることが書店員の第一の適性といえます。

また書店員の業務の中心は接客です。

書店員はお客さまに真摯に向き合い、誠意ある対応をすることが求められます。

「このお店で買いたい」と思われるように、日々接客のスキルを磨くことが必要です。

書店員志望動機・目指すきっかけ

自分が書店に勤めるメリットを考える

書店が減少傾向にあるこの時代、書店員の採用状況は狭き門になっています。

このような中で書店員を目指すためには、明確な志望動機は必須です。

雑誌・書籍販売のプロフェッショナルとして、店舗に貢献できる人材であることがしっかりと伝わる志望動機を持ちましょう。

書店は良好な店舗づくりに貢献できる人材を求めているので、自分が書店員として勤務することによって、その書店にどのようなメリットがあるのか日頃から考えておいた方がいいでしょう。

書店員の雇用形態・働き方

アルバイトから正社員への道も

書店員には、正社員、アルバイト、契約や派遣社員と様々な働き方があります。書店員が一番忙しい時間帯、夕方17時以降のピークタイムには大体どの書店もアルバイト・パートで増員しています。

このアルバイト・パートは主婦や学生でも働くことができ、こうした契約から勤務態度等の評価によって正社員に登用されることがあります。

はじめから正社員として雇われなくても、アルバイト・パートで実績を積むという方法も視野に入れておくのがいいでしょう。

書店員の勤務時間・休日・生活

シフト制がほとんど

書店員の勤務時間は、勤める店舗の営業時間に応じて交代シフト制をとっているところがほとんどです。

また夕刻のピーク時にはアルバイト・パートが加わることもあります。

開店前や閉店後には店内の掃除や品出し、売り上げの確認や翌日の準備などを行うため、営業時間通りの出退勤とはなりません。

その日の状況に応じて2時間から3時間程度の残業になることも少なくありません。

また、書店には定休日がないところがほとんどなので、休みはスタッフ同士交代でとり、混みあう土日は避けて平日に休みを取ることが多いようです。

書店員の求人・就職状況・需要

書店の減少により狭き門に

大手書店は倍率が高く、難易度が高いと考えられます。

逆に小規模な個人経営の書店は一般採用がほとんどないのが現実です。

近年は書店数が減少していることにともなって求人数も少なくなってきているため、狭き門となっています。

また、意外と体力勝負で接客も大変なことから、もともと本が好きであるという理由だけでこの業界に入ってきた人は自分の思い描いていた理想とかけ離れている現実に耐え切れず、離職してしまうということもあるようです。

書店員の転職状況・未経験採用

接客経験者であれば転職も可能

書店員は、正社員を除けばアルバイト・パート等で比較的求人を見つけやすい職種です。

正社員にこだわりがなければ、転職も比較的容易にできるといえるでしょう。

書店でなくても接客経験があれば、その経験を生かして働くことができますので、より採用されやすくなります。

アルバイト・パートであれば未経験からでもスタートしやすいので、書店員を目指す人はあきらめずに求人を探すとよいでしょう。

アルバイトをきっかけに、正社員の道が開けることもあります。

書店員の現状と将来性・今後の見通し

インターネットで読書離れを防ぐ

書店に行かずとも、インターネットショッピングで本を買うことができ、また電子書籍の市場参入により、いわゆる紙の本を利用しない人も増えてきました。

書店を取り巻く状況はこの辺りとどのように折り合いをつけていくかということが課題であるといえそうです。

これからの時代を担う書店員には集客のための創意工夫が期待されます。

SNSを利用したり、ブログで書評をアップしたりなど、ウェブ上で情報を発信し、実店舗への集客に生かすスキルも大切になってくるでしょう。