小説家と脚本家の違い

 
小説家脚本家もどちらも文章を書く仕事ですが、文章だけですべてを表現する小説家に対し、脚本家は、映像化を視野に入れさまざまな観点から文章を書いています。

また、デビューの仕方や、給料の払われ方などもそれぞれ異なります。

この記事では、小説家と脚本家の違いについて解説します。

小説家と脚本家の仕事内容の違い

小説家とは、物語を創作し、小説として発表をしている人のことです。

一方、脚本家は脚本を書き、基本的なストーリーの骨組みと進行を作ったり、物語の設計を担当するプロフェッショナルです。

その活動の幅はテレビドラマや映画だけでなく、

  • 舞台演劇
  • ラジオドラマ
  • 漫画
  • アニメ
  • テレビゲーム
  • インターネットのソーシャルゲーム

に至るまで多岐にわたります。

小説はストーリーが話の中心となり、読者に想像してもらうためにあえて細かな部分を書かない手法を取ることもあります。

一方、脚本の場合は映像化することが目的のため、

  • 登場人物
  • 舞台設定
  • アクション
  • セリフ
  • 心理

などドラマの要素となるものすべてを盛り込んでいきます。

また、脚本は完全なオリジナルで書くこともあれば、小説家が描いた小説を原作として脚本を書くこともあります。

近年は小説のメディアミックスが多くなりましたが、本来テレビや映画などメディアのシナリオを作るのは脚本家で、小説家は実写化されることを目的として書いているわけではありません。

脚本家の仕事 

小説家と脚本家のなる方法・資格の違い

小説家としてデビューすることは、自分の小説が書籍として売り出されることを指します。

多くの小説家は、出版社の主催する文学賞に応募し、賞を受賞して書籍化されるという流れで小説家としてデビューしています。

脚本家の場合は、シナリオスクールに通って書き方の基礎を学び、シナリオコンクールや創作コンテストの公募によって評価されることがデビューへの第一歩です。

審査委員や関係者の目に留まり、そこから仕事を依頼され、デビューのチャンスが掴めることが多いようです。

小説家と脚本家の学校・学費の違い

小説家になるために特別な学歴は必要ありません。

逆を言えば、作品を書いて評価されれば、誰でも小説家になるチャンスがあります。

小説家をいうと、文学など文系を学んでいる人が有利と思われるかもしれませんが、医学化学など理系の知識を生かして小説を書いている人も多く、必ずしも文系が有利なわけではありません。

脚本家の場合も同様に、必ずしも学校やスクールに通わなければならないわけではありませんが、プロの脚本家からノウハウを学んだり、人脈を作ったりできる学校やスクールも勉強の一つの手段として有効です。

シナリオを学べる学校は東京などの大都市に集中していますが、通信講座で学べるケースもあり、脚本家になるための足掛かりとする人も多いようです。

小説家と脚本家の給料・待遇の違い

小説家の収入源は原稿料と印税です。

原稿料は、

  • 月刊誌の連載
  • 新聞連載
  • 単発の執筆

などで発生し、四百字詰め原稿用紙に換算して一枚当たりの値段で決まります。

この一枚当たりの値段は作家によって異なり、数千円からから三万円程度と言われています。

印税は、出版された本が一冊売れる度に規定の金額が支払われる仕組みで、おおよそは十パーセントとされ、本が売れれば売れるほど作家の収入になります。

脚本家の基本的な料金の算出方法は、

  • 一話あたりいくら
  • 一つのプロジェクトあたりいくら
  • 放送時間の一分あたり何円いくら

という支払われ方です。

発注の単位も人や予算によって変わってきますが、大まかな脚本料でいえば、

  • ラジオドラマは一本十万円程度
  • 一時間程度のテレビドラマが一本あたり60万から100万円程度

といわれています。

小説家と脚本家はどっちがおすすめか

小説家、脚本家ともに文章を描く仕事です。

文章だけですべてを表現する小説家に対し、映像化を視野に入れさまざまな観点から文章を書く脚本家と、仕事内容には大きな差があります。

そのため、

  • 文章だけで世界を表現したいという人は小説家
  • 映像に携わりたいという人は脚本家

が向いているでしょう。

「小説家と脚本家の違い」のまとめ

小説家とは、物語を創作し、小説として発表をしている人のことです。

一方、脚本家は脚本を書き、基本的なストーリーの骨組みと進行を作ったり、物語の設計を担当するプロフェッショナルです。

文章だけで世界を表現したいという人は小説家が、映像に携わりたいという人は脚本家が向いているでしょう。