カメラマンになるには

カメラマンになるまでの道のり

プロのカメラマンになるために、絶対に必要とされる学歴や資格はありません。

また、なる方法もひとつではなく、さまざまな道のりでカメラマンになっている人がいます。

一般的なのは、高校卒業後に美術系や芸術系の大学で写真を専攻したり、写真専門学校でカメラマンになるために必要な知識・技術を学び、卒業後に写真スタジオなどへ就職する道です。

それ以外に、未経験からカメラマンのアシスタントになり、現場でひたすら仕事を覚えていく人もいます。

ここで紹介する方法が絶対というものではありませんので、あくまで参考にしながら、自分なりの道を模索してください。

カメラマンに資格は必要? どんな資格がある?

カメラマンになるまでのルート

カメラマンになるための学校の種類

ひとくちに「写真やカメラについて学べる学校」といっても、大学や専門学校、民間の写真スクール・講座などさまざまなものがあります。

大学であれば美術系・芸術系の学校のうち、写真学科や写真コースを設けているところを選ぶとよいでしょう。

専門学校は、写真学科などカメラマン志望者向けの学科・コースを置く学校が全国にいくつかあります。

大学や専門学校は、1年~4年という長い時間をかけて学ぶことになりますが、民間スクールになると選択肢は幅広く、なかには1日や数日程度の短期間で学べる単発の講座もあります。

学校で学ぶことのメリットは、基礎からしっかりと知識を身につけることができるほか、技術面などについて独学で悩みにぶつかってしまったときに、すぐ先生や周りの学生に相談できる環境であることです。

また、就職先の求人情報などが手軽に手に入りやすいことなどが挙げられます。

ただし、学校を卒業したからといって、自動的にカメラマンになれるわけではありません。

そこから先、どのようにカメラマンとして生きていくかは、学びながら自分で考える必要があります。

カメラマンになるためにはどんな学校に行けばいい?(大学、専門学校・スクール)

カメラマンに向いている人

カメラや写真が好きであること

一人前のカメラマンになるまでの道のりは容易ではありません。

下積み期間中は、先輩から叱られたり、雑用ばかり任されたりすることも多く、何よりも忍耐力が求められます。

多くの一流カメラマンが下積み時代を乗り越えていますので、これからカメラマンを目指す人も、厳しさを乗り越えられるくらいカメラや写真が好きであることが望ましいです。

明るく、笑顔でいられる人

撮影現場では、モデルや編集者など、たくさんの人と協力して仕事を進めていきます。

元気がなく、暗いカメラマンでは、周りの人たちも暗い気持ちになってしまうでしょう。

いつも明るく元気なカメラマンがいることで、みんなが楽しく仕事ができるのが理想的です。

集中力と根気強さがある人

カメラマンが撮影に臨む際には、必ず「こういうシーンを撮影したい」という目的があるので、しっかりと集中力を保ち、いざという決定的なシーンを撮り逃さないようにする必要があります。

また、撮影には時間がかかる場合もあるので、根気強さも大切な要素になるといえるでしょう。

カメラマンに向いている人・適性・必要なスキル

カメラマンのキャリアプラン・キャリアパス

カメラマンの世界では、まず「アシスタント」としてキャリアをスタートするのが一般的です。

カメラマンのアシスタントになることで、現場経験を積みながら、カメラマンに必要な知識・技術などを身につけることができます。

写真関連の学校を出てからアシスタントになる人もいれば、いきなりアルバイトなどの形でスタジオに勤め、アシスタントになる人もいます。

あるいは、知り合いのフリーランスのカメラマンにアシスタントとして雇ってもらうという人もいます。

どんなアシスタントを採用するかはカメラマンによって考え方が違うこともあるので、スタジオなどでの現場経験がまったくなくても、熱意があればアシスタントにしてくれることもあるようです。

アシスタントとして何年も経験を重ね、自分ならではの写真が撮れるようになると、正社員としての転職や独立への道が見えてきます。

カメラマンを目指せる年齢は?

カメラマンを目指すのに、基本的に年齢は問われません。

ただし、実際にカメラマンとして現場で働くことを考えると、できる限り若いうちに仕事を始めたほうがベターだといえそうです。

その理由としては、カメラマンはアシスタントとしての下積み時代を経て一人前になるケースが多いということ、そしてアシスタント時代は多忙なわりに給料が安い場合も多く、年齢を重ねてからアシスタントになるのは厳しいと考える人が多いことです。

独立すれば、ある程度は自分で思うように動きやすくなりますが、アシスタント時代は先輩の仕事内容によって生活パターンも左右されてくるため、ときにつらいと感じてしまう人もいるようです。

また、もし就職を目指すとしても、できるだけ伸びしろや将来性のある若い人を採用したいと考える企業は少なくありません。

フリーランスのカメラマンは、40代や50代でもバリバリと活躍している人が少なくありませんが、カメラマンの道を志すのであれば、20代前半のうちにスタートするのがおすすめといえます。

カメラマンは女性でもなれる?

カメラマンは、もともと男性が多く活躍してきた職業ですが、近年は女性のカメラマンの数もグッと増えているようです。

20代~30代の比較的若手の女性カメラマンもたくさんおり、各分野で活躍しています。

プロフェッショナルとしてカメラで撮影をすることに性別は関係はありませんので、仕事に対する情熱を持ち、きちんと撮影技術を磨いていけば、どのような人でもカメラマンとして働けるといえるでしょう。

女性のカメラマンの強みは、美容分野など女性の感性が必要とされる場で活躍できるチャンスがたくさんあることです。

最近は女性向けのサービスも増えていることから、女性カメラマンが求められる場が増えています。

しかし、カメラマンは重い機材を持ち運ぶなど体力勝負で、勤務時間も不規則になりがちです。

安定しない生活スタイルや体力面の不安を、どう乗り越えていくかがカギになってくるでしょう。

女性のカメラマンのキャリアパス・結婚後の生活