編集者の求人状況・就職先選びのポイント

編集者の就職先にはどんなところがある?

編集者の就職先には、出版社または編集プロダクションがあります。

出版社の場合、人気の職業ということもあり、採用試験は高倍率になることも少なくなく、また、毎年コンスタントに必ず採用があるとは限らないため、非常に狭き門となっています。

出版社の下請けとなる編集プロダクションは規模もさまざまです。

編集プロダクションは、出版社に比べると就職しやすく、たとえ学歴がなくても熱意やセンスが認められれば、アルバイトから働ける可能性があります。

まずは出版業界自体に入っていくこと自体が難しいため、まずはアルバイトとして経験を積み、そこから正社員や大手出版社への就職を目指すという人も少なくないようです。

編集者の勤務先と仕事内容の違い

編集者の求人の状況

大手出版社は、新卒採用がメインで採用倍率も非常に高くなります。

さらに求人があったとしても「編集者」としての求人がないときもあり、自分の年に採用があるかどうかは運しだいといえるでしょう。

出版業界は人気業界のため、どうしても有名大学の採用者が多いというのが現状です。

編集プロダクションも同様ですが、毎年コンスタントに採用があるとは限らないため、編集者になりたいという人はこまめに求人情報をチェックする必要があります。

また編集者は、採用されてもすぐに編集の仕事ができるわけではないため、新卒以外の正社員としての求人はまれで、採用条件も「経験者のみ」とされていることも多くあります。

編集者の就職先の選び方

どうしても編集者になりたいと思う人は、新卒採用時に多くの出版社の採用試験を受けます。

出版社の規模や内容を問わず、とにかくさまざまな出版社の採用試験を受け、まずは出版業界に入りたいと願う人が多いようです。

大手出版社はもちろん、地方にあるさまざまな出版社の採用試験も受けるため、編集者志望の学生が面接を受けるうちに何度も会い、次第に仲良くなるというケースも珍しくないようです。

また、出版社か編集プロダクションのどちらを選ぶか悩む人も多いようですが、一般的には編集プロダクションの方が採用されやすいため、出版社の採用試験に落ちた人や、未経験・中途採用などで編集者を目指す人は編集プロダクションを志望する人が多いようです。

編集者の志望動機・面接

編集者を目指す人の志望動機の多くは「本が好き」「自分も本づくりに携わりたい」という思いです。

好きな小説や漫画を担当したい、憧れの作家と仕事がしたい、自分も作り手となって情報を発信したいなど、さまざまな思いを持っています。

ただし志望動機を面接で話すときには、それだけではなく自分はどんな記事をつくりたいのか、どんな本を手掛けたいのかなどを具体的に話せるようになって置くことが必要です。

また、自身の経験から編集者として生かすことができる能力やスキルはないかを考え、志望動機と絡めて話せるようにしておくとより印象に残りやすいでしょう。

編集者の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

大手出版社の編集者採用は新卒採用がメインなので、まずは新卒採用がないかを調べておきましょう。

年によっては編集者採用がなかったり、社員採用がなかったりすることもあるので注意が必要です。

中途採用を目指す場合は、就職サイトや求人サイトのほか、企業のホームページをチェックすることが必要です。

小さな出版社や編集プロダクションの場合は、大々的に人員を募集せず、ホームページのみで求人しているところも少なくないため、細かくチェックすることが大切です。