女性の新聞記者のキャリアパス・結婚後の生活

妊娠・出産を希望する新聞記者には、それら大きなライフイベントを経て仕事をどうするかという問題がつきものです。

本記事では、女性の新聞記者の現状や結婚後の働き方などを紹介します。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

女性の新聞記者の現状

女性記者が結婚してもできるだけ長く勤務してもらいたいと考えている新聞社は多いはずです。

校閲・紙面整理、デザインなど、新聞社には男女問わず活躍できる部門が多くありますし、現にそうしたセクションでは、各社とも女性記者が多く活躍しています。

女性の新聞記者の強み・弱み

テレビやインターネットの時代に単に事実を報道するだけでは、新聞は生き残ることができないでしょう。

事実の捉え方、事実の奥底にあるもの、その事実が意味するものについて、しなやかな想像力と感性によって記事を提供することが非常に重要だからです。

取材にしても、記者の幅広い体験、生活実感があって初めてより深い取材ができるのです。

そうした新聞記者の適性を考えると、男性よりむしろ女性の方こそふさわしいのではないかとさえ思われます。

もちろんハードな勤務は女性には限界がありますが、文化部・生活部・教養部・科学部などのセクションでは、頻繁に起きるわけではありません。

こうしたセクションでは、女性の進出は非常に多くなっていますし、政治部や経済部でも、女性記者の進出が見られます。

新聞記者の結婚後の働き方・雇用形態

女性記者が結婚によって退社を考えるのは、男性に比べて、さまざまな制約があるためです。

その中でも女性にとって最も負担がかかるのは、妊娠です。

妊娠・出産についての休暇は、かつては男性社会だった新聞社ではあまり普及しておらず、どうしても必要な場合は期間を限って申請しなければなりませんでした。

しかし、近年では女性に長く働いてもらいたいと考える新聞社も多く、出産や育児に関する制度も整ってきています

そうした制度が整備されているかどうか、入社前に確認しておくとよいでしょう。

新聞記者は子育てしながら働ける?

公務員などの場合は、半休や早退などが比較的とりやすいのですが、新聞社ではそうした制度が整っていないことが多くあります。

ただし、新聞社によってはその日の業務量から、上司が半休や早退を認めるケースはあるようです。

夜勤や長時間の残業、頻繁な出張など、男女問わず、子育てをしながら働く記者には厳しい仕事環境であることは事実です。

妊娠・出産しても新聞記者を続けられるかどうかは、本人の仕事への熱意や会社の制度のほか、育児を女性だけに任せないパートナーや家族の存在にかかっています。

新聞記者は女性が一生働ける仕事?

女性記者は、新聞社の採用基準では、男性と差別されることはありません。

給与・待遇・労働時間など、すべての面で対等が原則ですが、その分、勤務時間が長くなったり、出張や泊まりがけの仕事をしたりすることなどもあるでしょう。

もちろん、できるだけ女性に負担がかからないよう新聞社の側で配慮しますが、基本的に女性記者の側には、仕事には男性記者と同等に取り組むといった気構えが必要になります。

新聞記者だけではなく、テレビや雑誌等のマスコミ業界は女性の進出が増え、これからも女性記者の活躍はますます増えると思われます。

女性の新聞記者のキャリアパスのまとめ

新聞社には男女問わず活躍できる部門が多くありますし、現にそうしたセクションでは、各社とも女性記者が多く活躍しています。

もちろんハードな勤務は女性には限界がありますが、近年では女性に長く働いてもらいたいと考える新聞社も多く、出産や育児に関する制度も整ってきています。

本人の仕事への熱意や会社の制度のほか、育児を女性だけに任せないパートナーや家族がいれば長く続けられる仕事といえるでしょう。