エディトリアルデザイナーの1日

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

パソコンに向かっての作業が中心

エディトリアルデザイナーは、おもに出版社、編集プロダクション、デザイン事務所に勤務しています。

制作する媒体は、書籍や雑誌、広報誌、カタログ、マニュアルなどページ数の多いさまざまな印刷物となりますが、勤務先によって扱う印刷物の種類は変わってきます。

いずれにしても、編集の現場ではパソコンを使ったDTP作業が行われており、エディトリアルデザイナーの仕事では、デスクに座ってのパソコン作業が中心となります。

その他、編集者やカメラマン、アートディレクターなどと打ち合わせをする時間もあり、チームメンバーと協力して作品を作り上げていきます。

制作現場はつねに締切に追われているため、日によっては長時間の残業が発生することもあります。

デザイン事務所で働くエディトリアルデザイナーのある1日

9:45 出社
帰宅が遅くなることが多いため、朝は9時~10時の間で自由に出社することができます。

パソコンを立ち上げて、メールチェックをします。

10:00 デザイン業務
現在、担当している旅行ガイドブックのデザイン作業に取り掛かります。

写真やテキストなどの素材を一つひとつ確認し、下書きのようなラフに基づいて見やすく配置していきます。

11:00 ミーティング
新規プロジェクトのデザインの方向性について、編集担当者とアートディレクターと一緒にミーティングを行って決定します。
13:00 休憩
ランチは気分転換を兼ねて、同僚と一緒に外へ食べに出かけることが多いです。
14:00 デザイン業務
リフレッシュした頭で、集中して作業を進めていきます。
17:00 社内勉強会
プロジェクトチームごとに事例を発表し合ったり、デザインワークについての情報共有を行います。
18:00 修正作業
作成済みのページに修正依頼が入ったため、直ちに対応します。
19:00 カメラマンへ連絡
ビジネスパートナーの外部カメラマンへ、翌日の撮影についてのディレクションの連絡を入れます。
20:00 退社
入稿前は作業が立て込み、深夜まで残って作業を行うことも。

この日はスムーズに仕事を終えられたので、早めに帰宅します。