このサイトはエディトリアルデザイナーを目指す人のための情報サイトです。

エディトリアルデザイナーとは?

エディトリアルデザイナーは、雑誌や書籍を中心に、ページ数の多いカタログやマニュアルなども含めた本の編集とデザインを行う仕事です。編集者やアートディレクターなどの指示を受けて、美しさだけではなく、読者にとっての読みやすさ、理解しやすさまで考慮しながら、バランスよく誌面のデザインを行います。実務経験なしでこの仕事に就くことは難しく、出版社やデザイン事務所、編集プロダクションなどにアシスタントとして就職し、下積みを経てエディトリアルデザイナーになる道が一般的です。年収は見習いのうちは200万円程度ですが、実力と経験にしたがってアップするでしょう。出版業界の電子化が進みつつある今、紙の書籍だけに固執せず、時期が来たら電子書籍も手がけようという柔軟な姿勢と、そのためのスキルを磨く努力を惜しまない人が、将来的にも有望であるといえそうです。

エディトリアルデザイナーの仕事内容

エディトリアルデザイナーは雑誌や書籍を中心に、ページ数の多いカタログやマニュアルなども含めた本の編集とデザインを行う職種です。

仕事の流れや、パソコンを使ってデザインから印刷用の入稿データの制作までを行うDTP(Desk Top Publishing)の作業であることは、グラフィックデザイナーと似通っているため混同されがちです。

しかし、グラフィックデザイナーは広告やセールスプロモーションツールといった「宣伝」をメインに手がけるのに対し、エディトリアルデザイナーは、本という「読み物」に特化したデザインを担当。

編集者やアートディレクターなどの指示を受けて、美しさだけではなく、読者にとっての読みやすさ、理解しやすさまで考慮しながら、バランスよく誌面のデザインを行います。

エディトリアルデザイナーになるには・必要な資格は?

本は表紙、グラビアページ、特集ページ、本文ページ、広告ページなどからなり、ページごとに幅広いノウハウが必要であるとともに、文章の編集を行うにあたってはある程度の文章力も必要とされます。

とくに資格はいりませんが、美術大学やデザイン系の専門学校などでデザインの理論をはじめ、出版物や印刷・製版関連の知識、編集技術、企画・構成能力などを得ることが必須だといえるでしょう。

もちろん、DTP関連ソフトを使いこなすパソコンのスキルも習得し、センスを磨くことも大切です。

卒業後は、出版社やデザイン事務所、編集プロダクションなどにアシスタントとして就職し、下積みを経てエディトリアルデザイナーとして一人立ちします。

エディトリアルデザイナーに向いている人

エディトリアルデザイナーにはまず、デザインセンスや創造力が必要であるため、ものづくりが好きな人はこの仕事に非常に適しています。

また、本を読むことが好きで普段からたくさんの本に接している人は、作り手に回った時にも、読みやすさや目の動線を考慮したレイアウトが自然にできるため、適性があるといえるでしょう。

締め切り前には長時間残業せざるを得ないことが多いため、体力や忍耐力も求められます。

さらに、編集者やライター、イラストレーターなど多くの人と一緒に1冊の本を作り上げる仕事なので、人とコミュニケーションを取るのが得意なこともエディトリアルデザイナーに向いている資質です。

エディトリアルデザイナーの就職状況・雇用形態

出版社の求人数は少なく狭き門だといえますが、デザイン事務所の募集は常に行われているため、就職のチャンスは多いでしょう。

雇用形態や条件は事務所により異なります。

たとえば、幼児向けの雑誌をメインに手がける事務所の場合、「正社員」「学歴不問」「実務経験者優遇」など。

女性ファッション誌を中心とする事務所の場合、「契約社員」「デザイン系専門学校、短大卒業以上」「実務経験2年以上」など、事務所の規模や手がける案件により、違いが表れているようです。

ただし、どの事務所でも、必要スキルとしてIllustratorとPhotoshopを挙げており、中にはInDesginの実務経験を求めるところも少なくありません。

エディトリアルデザイナーとアシスタント両方の募集をしている事務所の場合、アシスタントの方が低い条件で就職できます。

エディトリアルデザイナーの給料・年収・待遇

エディトリアルデザイナーを目指す人は、まずデザイン事務所や編集プロダクションにアシスタントとして就職することが多いですが、その際の初任給は月に15万円前後。

正社員以外の場合、賞与が設けられていない事務所や、年俸制のため残業代がつかないケースも多く、残業が多い職種にしては年収は少なめです。

アシスタント期間を終えて一人前になったエディトリアルデザイナーの収入は、事務所の規模や能力により、年収200〜1000万円程度だとみられています。

長年経験を積んでフリーランスとして独立した人は、これ以上の年収を狙うこともできます。

エディトリアルデザイナーの生活・勤務時間・休日

エディトリアルデザイナーの定時の勤務時間は10時から19時という事務所が多いのですが、出版業界は常に締め切りに追われる毎日のため、定時で帰宅できることは少ないといえるでしょう。

近年、深夜まで残業しなければならないなど過酷な労働環境が問題視され始めたことから、企業努力により環境が改善されつつある事務所も多く見られます。

締め切り日を延期することはできないため忙しさは相変わらずではあるものの、深夜作業のあった日の翌日は遅めに出勤することが許されるなど、プライベートな時間はある程度確保されるようになりました。

やむを得ず休日出勤になってしまった場合も、後日、代休を取ることができる事務所が多いようです。

エディトリアルデザイナーの現状と将来性

近年、インターネットや電子書籍の普及により、紙の書籍の発行部数が大幅に減少しています。

紙の書籍に固執するエディトリアルデザイナーの場合は今後、活躍の場は狭まり、一部の能力が高く安い給料で働き続ける人だけに仕事が集中する世の中になっていくでしょう。

一方ここ数年、スマートフォンやタブレット端末の台頭により、電子書籍の発行タイトル数は右肩上がりで増えています。

エディトリアルデザイナーの中には電子書籍の分野に転向する人も見られますが、まだ多数のデザイナーを必要とするほどまでは電子書籍も伸びていないという中途半端な段階です。

こうしたことから、紙の書籍だけに固執せず、時期が来たら電子書籍も手がけようという柔軟な発想と、そのためのスキルを磨く努力を惜しまないエディトリアルデザイナーが、将来的にも有望であるといえそうです。