小説家ののやりがい・楽しさ・魅力

小説家のやりがい・楽しさ

人々に夢や感動を与える仕事

小説家は、自分のアイデアをもとにしてさまざまな創作作品を執筆することにより、多くの人に夢や感動を与える仕事です。

小説家を目指す人の多くは、自分が描いた作品で何かを伝えたいと思っていますが、実際に小説家となり多くの人に読んでもらうことで初めてその夢が実現するのです。

たとえヒット作でなかったとしても、人の心を打ち感動させられる作品を作れば、大きな反響があるでしょう。

自分の頭の中にあるアイデアが形となり、多くの人の心を動かし、それによって生活することができるのは、小説家の特権です。

次世代を担う新人を発掘する

小説家のほとんどは、かつて新人賞や文学賞などを受賞しデビューしています。

キャリアを重ねて自分が新人賞や文学賞などの審査を任されるようになると、「小説家として評価された」という自信とやりがいにつながります。

次世代を担う新人を発掘する仕事は大きなやりがいにもつながりますし、新人の作風やパワーを間近に感じ、自身もモチベーションをアップさせることができます。

小説家の仕事内容

小説家の魅力

執筆以外にも多彩な仕事がある

小説家は執筆が主な仕事ですが、実力が認められるとそれ以外にもさまざまな仕事が舞い込みます。

小説を宣伝するためのインタビューやテレビ出演をはじめ、サイン会や講演会などファンと直接触れ合うことも少なくありません。

また、人気が出るとエッセイやコラムなどを執筆したり、コメンテーターやタレントとしてテレビやラジオに出演したりすることもあります。

メディアへの露出などは作家の考え方によって大きく異なりますが、メディアやSNSを通して作家自身の人柄や考え方に触れてより人気が出る場合もあります。

小説の執筆だけでなく幅広い仕事をすることができるのは、この仕事の大きな魅力です。

インターネット上での将来性

かつては小説といえば、文芸雑誌や新聞などの紙媒体が中心でしたが、インターネットが普及した今、Web上で作品を発表する人も増え、小説家の活動の場はより広がってきています。

アマチュアで自身の小説を発表している人も増え、今後はプロの小説家もよりインターネット上で活躍する人が増えてくると考えられます。

近年は出版不況と言われ、出版業界も年々規模が縮小しているため、今後は出版などの紙媒体に関わらず作品を発表しさまざまな活動をする人が増えてくるでしょう。

自分でインターネットサイトやブログを開設し、有料で小説を読めるようにしている人も増えてきています。

自費出版やセルフ出版、電子書籍化など個人でも収益をあげられるようさまざまなシステムが生まれてきているため、今後はWebをメインに活躍する小説家が出てくるかもしれません。

ジャンルの多様化

小説といえば純文学をイメージする人も多いですが、小説にはそれ以外にもさまざまなジャンルがあります。

特に近年では若者に人気のライトノベルや女性向けの作品に勢いがあり、小説家として活躍できるジャンルは無限にあります。

小説家というと特定のジャンルのものだけを書くという人も多いですが、さまざまなジャンルの作品を手広く手掛ける人も多く、自分の興味関心や努力次第では多くの作品を手掛け、ファンを増やすことができます。