ジャーナリストのやりがい・楽しさ・魅力

ジャーナリストのやりがい・楽しさ

知的好奇心が満たされる

ジャーナリストは、世界の動きとともに常に新しい知識をアップデートしなければいけない職業です。

経済や政治、福祉や教育問題など、さまざまな分野について学びながら、独自の視点を見つけていくのが使命になります。

図書館にこもって本を読んだり、たくさんの人から話を聞いたりして、取材をしながら見識を深めることもできます。

勉強が好きで探求心がある人にとっては、仕事を通して知的好奇心が満たされる職業であることは間違いありません。

社会貢献ができる

ジャーナリストを志すきっかけとして「社会の役に立ちたい」「世の中をよくしたい」という思いを抱いている人は少なくありません。

ジャーナリストは社会への影響力が非常に大きい存在です。

ジャーナリストの主張がきっかけとなって、選挙の結果が変わったり、新しい法案が成立したり、世論が動いたりすることもあります。

ときには社会的弱者と呼ばれる立場の人たちを救うことにも繋がります。

「仕事を通して社会貢献したい」という思いが強い人にとっては、非常にやりがいの大きい職業です。

表現力が磨かれる

ジャーナリストとして活躍するためには、表現力を磨くことも大切です。

自分の主張を相手に理解してもらうためには、どのような文章を書けばよいのか、どのような講義をすればよいのか。

常に工夫し続けなければいけません。

この仕事をしていると、文章力やプレゼンテーションスキル、トークスキルなどが抜群に磨かれていきます。

技術を磨いたおかげで自分の伝えたいことを的確に表現できたときは、やりがいを感じることができます。

ジャーナリストの仕事内容

ジャーナリストの魅力

人脈が広がる

ジャーナリストの仕事の大きな魅力は、普通の生活をしていたら決して出会うことができない人たちと出会えるという点です。

政治の問題について取材するジャーナリストは、大物の政治家と出会うことができます。

経済の問題について取材するジャーナリストは、大企業の経営者と出会うことができます。

スポーツの問題について取材するジャーナリストは、一流のアスリートと出会うことができます。

それぞれの立場から話を聞かせてもらうことで、見識を深められると同時に自分自身への刺激を与えられることも多いのです。

人脈を広げたい、たくさんの人と出会いたいという人にとって、魅力的な職業となることは間違いありません。

自分にしかできない仕事を

ジャーナリストとして活躍するためには、他の誰とも違う「自分だけの独自の視点」を持ち合わせていることが大切です。

こうした視点を手に入れるためには、何年あるいは何十年にも渡って培われる深い専門知識と現場経験が必要になります。

その努力が実って専門家として信頼されるようになるのは、ジャーナリストにとって何よりも誇らしいことです。

この分野においては自分よりも詳しい人はいない。

そう胸を張れるジャーナリストになれば、新聞や雑誌への寄稿やテレビへの出演など、仕事のオファーも絶えなくなるでしょう。

知名度が上がれば、社会的な立場も確固たるものになりますし、当然のことながら収入も上がります。

ジャーナリストは実力主義の世界なのでシビアな一面があるのは間違いありません。

しかし、自分にしかできない仕事を成し遂げたい人にとって、チャレンジするだけの価値がある職業なのです。