このサイトはコラムニストを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「コラムニスト」

仕事内容
コラムニストは、新聞や雑誌、Webサイトといった各メディア上に掲載される「コラム」を執筆する人のことをいいます。コラムとは、ニュース以外の評論やエッセイなどの短い文章で、客観的な事実をもとに主観的な見解を挟んだ囲み記事のことをいいます。新聞記者や編集者などがコラムを執筆することもありますが、一般的には外部からのコラム提供者のことをコラムニストということが多くなっています。
なるには
コラムニストになるために、絶対にこの道を辿らなくてはならないというものはありません。かつては、実績を積んだ新聞記者や雑誌編集者が独立してコラムニストになるケースが多いといわれていましたが、新聞社や出版社に入社せずとも、自ら人脈を作り編集者等と親しくなれば、実績がなくてもコラムを掲載してもらえることもあります。ただし、人の目に触れるコラムを書く以上、文章力や創造力などは必要となります。学歴はほとんど問われません。
給料
コラムニストの給料は、勤務先や働き方などによって大きく異なります。新聞社においてコラムを執筆する場合(いわゆる新聞記者)の平均年収は約800万円とされていますが、大半のコラムニストはフリーランスで活躍しているため、自身の実績や力量等によって収入には随分と差が出てくるのが実情です。一般的には、400字で5,000円程度が原稿料の相場となっていますが、人気コラムニストになれば原稿料はアップし、仕事も多数舞い込むようになります。
将来性
コラムが掲載されるメディアは、主に新聞、雑誌、書籍、Webサイトとなっていますが、印刷媒体がデジタルコンテンツへと移行し始めるにつれて、コラムニストにまつわる環境も変化しているといえるでしょう。出版不況や原稿料の下落など厳しい面もありますが、情報化社会が進んだことにより、コラムニストが気軽にコラムを発表できるチャンスは増えています。自己プロデュース力のある実力者であれば、経験が浅くとも爆発的な人気を博することも夢ではありません。