「コラムニスト」とは

コラムニスト_画像

新聞、雑誌などのメディアに掲載される短い文章を、主観的な見解を交えて執筆する。

コラムニストは、新聞や雑誌、Webサイトといった各メディア上に掲載される「コラム」を執筆する人のことをいいます。

コラムとは、ニュース以外の評論やエッセイなどの短い文章で、客観的な事実をもとに主観的な見解を挟んだ囲み記事のことをいいます。

なるために絶対に必要とされる学歴や資格等はなく、新聞社や出版社で記者および編集者として経験を積んだのち独立する人が多くなっていますが、実力や人脈さえあれば、この方法に限らずコラムニストになれる可能性はあります。

出版不況や原稿料の下落など厳しい面もありますが、デジタルコンテンツが主流になりつつ今、コラムニストが活躍できる場も広がりを見せているといえます。

「コラムニスト」の仕事紹介

コラムニストの仕事内容

コラムを執筆する

コラムニストの仕事内容は、コラムを執筆することです。

コラムとは、新聞・雑誌・ニュースサイトなどに掲載される、ニュース以外の記事のことです。

ニュースとの違いは、事実だけではなく、個人的な分析・意見が含まれていることです。

評論をはじめ、人生相談コーナーやおすすめのものやイベントを紹介するコーナー、広い意味ではエッセイも含まれます。

社内の新聞記者や編集者などがコラムを執筆することもありますが、一般的にはフリーランス、あるいは著名人などの執筆を依頼することが多く、コラムを書くことを仕事としている人をコラムニストと呼びます。

担当編集者やりとりをして、掲載コーナーのテーマやタイトル、文字数・締め切り・原稿料などの指示を受けた後、読者ターゲットや担当編集者などの意向を考慮し、コラムを執筆します。

コラムニストの就職先・活躍の場

新聞や雑誌がメイン

コラムニストは、基本的にどこかに所属することなく、フリーで働いている人がほとんどです。

また、芸能人などの著名人や、ある特定の分野に秀でた人など、本業を持ちながらコラムを書く人も少なくありません。

コラムを書く場所としては、新聞や雑誌が中心でしたが、出版業界は飛躍的にデジタル化が進み、インターネットメディアに掲載されるコラムも増えてきました。

ブログやSNSの普及によって誰もが多くの人に向けてテキストを発信できるようになり、こうしたツールを活用してコラムニストになる人も増えています。

コラムニストの1日

その人によってばらばら

コラムニストのほとんどはフリーランスで仕事をしているため、決まったスケジュールはありません

何時に仕事を始め、何時に仕事を終えるかという生活のリズムは、コラムニストによって千差万別です。

仕事の依頼元の担当編集者などは会社員ですから、業務に関するやりとりは平日の月曜日から金曜日まで、朝から夕方までの勤務時間内に行いますが、執筆時間については朝型の人もいれば夜型の人もいて、仕事のスタイルも千差万別です。

締め切りに間に合わせるため土日祝日に執筆し、コラムを書き終えた平日の昼間にぽっかり休みができることもあります。

コラムニストになるには

文章力を磨き経験や実践を積む

コラムニストは原稿を執筆する文筆業ですから、文章力が必要です。

文章を書くことは誰にでもできますが、わかりやすいコラムを書くためには、それなりの技術が求められます。

コラムを書く文章力を身につけるために、学校やスクールに通う人もいますが、こうした勉強をせずに文筆業をしている人もいるため実力次第と言えるでしょう。

かつては実績を積んだ新聞記者や雑誌編集者が独立する流れがありましたが、ブログやSNSなどを活用してコラムニストになる人も見受けられ、とにかく経験や実績を積み評価されることが近道です。

コラムニストの学校・学費

必ずしも必要ではない

コラムニストになるためには、学歴はとくに関係なく、有利な学部もほとんどないといえるでしょう。

文章力は読書によってみがかれることもありますし、独学でコラムの書き方を勉強することもでき、実際コラムニストとして活動している人の中には、文章の書き方を一切勉強したことがないという人も少なくありません。

ただコラムニストになりたいけれども文章力に不安がある、人脈を作りたいという人は、文章修業系のスクールで講座を受講してみるのもひとつの方法です。

コラムニストの給料・年収

原稿料で収入を得る

エッセイストとコラムニストには著作権に関する違いがあります。

エッセイストの場合は、著作権が執筆者本人に帰属し、エッセイ集を単行本(または文庫本)で刊行する際に、印税収入が発生しますが、コラムニストの場合は、コラムの原稿料と引き替えに著作権を出版社などに委ねますので、原稿料以外の印税収入はありません。

一般的な相場は400字で5000円ほどといわれていますが、ウェブサイトの場合、原稿料は下がる傾向にあります。

近年はこの相場がどんどん下がる傾向にあり、一部の人気コラムニスト以外は副業・または本業を持ちながらコラムを書き生計を立てている状態です。

コラムニストのやりがい、楽しさ

好きなことが仕事になり自由度が高い

書く内容についても、なにをどのように書くかは、自分の得意分野や好きなことを生かすことができるので、その点も大きな魅力です。

また、どのような仕事を選ぶかをはじめ、仕事量、仕事の時間、仕事をする場所などは基本的に自由です。

主婦業のかたわら副業的に活躍する女性コラムニストや、地方で暮らしながら都市部での仕事を請け負うコラムニストなどもいて、こうした自由度の高さは大きな魅力を感じる点であると考えられます。

コラムニストのつらいこと、大変なこと

保障がなく不安定な仕事

フリーランスのコラムニストの場合、一般的なサラリーマンに比べると自由な面が多いのは事実ですが、そのぶん社会的信用や生活保障はありません。

病気などをして仕事を休まざるを得なくなったとき、収入がなくなってしまうこともあり得ますので、無理をしてしまうことがないよう自己管理する必要があるでしょう。

また、コラムニストは実際に原稿を依頼してくれる出版社などがなければ仕事になりません。

突然契約を打ち切られれば、感情的につらいだけでなく、新たな仕事を探さねばならず、両方の面で苦労することになります。

コラムニストに向いている人・適性

知識や思考力などの感性を持つ

文章を書くことが好きなだけでは、コラムニストになることはできません。

コラムニストが執筆するコラムのテーマは多岐にわたります。

その執筆対象によってはさまざまな知識や思考力が必要とされます。

またコラムを執筆するときには、編集者の意向や読者ターゲットに即した内容を提供できなければなりません。

短い文章のなかで編集者を含めた読者の心をぐっとつかむようなコラムを執筆することができるかどうか、通常の文章力に加えて、きらりと光る感性のある人はコラムニストに向いているといえるでしょう。

コラムニスト志望動機・目指すきっかけ

自分の意見を発信したい

コラムニストを目指す人は「自分で好きな文章が書きたい」「自分の意見を世の中に発信したい」という思いがある人が多いようです。

文章を書くのが好きな人にとっては、趣味が仕事になる夢のような仕事でしょう。

また、コラムニストの中には「本業を持ちながらコラムを書いていたら、コラムが本業になっていた」「ブログで発信していた文章が企業の目に留まりそのまま仕事になった」と知らず知らずのうちにコラムニストになっていた、という人も少なくありません。

コラムニストの雇用形態・働き方

副業・兼業のコラムニストも

新聞記者や雑誌編集者、ジャーナリスト、エッセイストなど、本業がコラムニストではなくて、コラムを執筆するという人も多く存在します。

そうした兼業コラムニストは、本業の専門分野、あるいはそのほかの得意分野にまつわるコラムを提供します。

兼業コラムニストは、とにかくたくさんの作業を同時進行でこなす必要があるという点に特徴があります。

仕事と仕事の合間のような短い時間でコラムを執筆する毎日ですから、マルチタスクな才能のある人は非常に向いているといえるでしょう。

コラムニストの勤務時間・休日・生活

執筆時間以外にもアンテナを張る

兼業や副業ではなく、専業のコラムニストであれば、とにかく担当編集者とやりとりをして依頼されたコラムを執筆する毎日です。

コラムニストにとっては、コラムの執筆以外のネタ探しも重要な作業ですから、場合によっては取材に出かけることもあります。

たとえば、グルメ系コラムニストの場合は食べ歩きをしてお店の情報を得たり、社会派コラムニストの場合は話題の人物に取材をしたりします。

たとえ経費は自己負担でも、さまざまな情報収集は欠かせません。

コラムニストは休みであっても日常的にネタ探しをしている職業であるといえるでしょう。

コラムニストの求人・就職状況・需要

コラムニストとしての求人はない

現状、コラムニストとしてどこかの会社に所属するということはほとんどありません。

新聞社や編集プロダクションなどでコラムを執筆することはありますが、それはあくまで仕事の一環であり、「コラムニスト」としての仕事ではありません。

そのため、コラムニストになる・コラムの仕事をもらうためには、人脈を作る、作品をインターネット上で発表する、投稿サイトなどに投稿するなど、さまざまな手段で自分をアピールしていく必要があるでしょう。

コラムニストの転職状況・未経験採用

未経験からでもチャンスはある

近年はインターネット上でコラムを発表する人が増え、そこで人気を得て本を出版したり、本格的にコラム執筆をスタートしたりする人も少なくありません。

そのため、未経験からでもチャンスはあるといえるでしょう。

ただし、コラムニストとして生計を立てていくのは難しいため、まずは趣味や副業的な感覚で始めてみるのが良いかもしれません。

こつこつと作品を発表していれば、固定ファンがつき、編集者やメディアの目に留まり、コラムニストとしてデビューすることも夢ではありません。

コラムニストの現状と将来性・今後の見通し

発表の場やチャンスは増えている

出版不況や原稿料の下落など、コラムニストにとってマイナスな面もある状況ですが、将来性がないかというとそうとは限りません。

さまざまな経歴の人がコラムニストになるチャンスは確実に増えており、爆発的な人気を博すことも考えられます。

またデジタルコンテンツ産業はこれからどのような進化を遂げるか、伸び代は未知数です。

情報化社会においてどのようなコラムをどのようなスタイルで発信していくのか、イノベーションを起こす可能性を秘めた職業であるといえるでしょう。