出版社社員の仕事内容・企業の種類

出版社社員の仕事とは

出版社社員の仕事は、出版物を企画・制作し、印刷や発売にいたるまでの一連の工程に携わることです。

出版社が作り出す出版物には、小説・漫画・絵本・辞書・雑誌など、多様なジャンルのものがあります。

価値ある出版物を次々と世に生み出していき、人々に新しい知識や価値、喜び、感動などを伝えていきます。

出版社の代表的な仕事が、誌面の制作をする編集です。

このほか、出版社と関連性の深い「取次」といわれる会社や「書店」との関わりも、出版社社員の重要な仕事のひとつです。

出版社社員の種類・分類

出版社は、昔から「大手三社」といわれる講談社、集英社、小学館と、それに次ぐ「準大手」のKADOKAWA、文芸春秋、マガジンハウスなどの企業が有名です。

これらの企業は、幅広いジャンルの出版物を扱う「総合出版社」と呼ばれることもあります。

一方、地図や辞書、児童書、経済・ビジネス、医療など、特定のジャンルや領域に特化した出版物を中心に企画・制作する出版社もあります。

最近は、各社とも電子書籍事業にまで手を広げる流れや、他のメディア(ゲーム・映画など)との融合なども進んでいます。

出版社社員の業務内容

出版社社員の業務内容は、以下のように分類されます。

出版物をつくる(編集)

出版社社員の代表的な業務のひとつが、小説や漫画、雑誌などをつくることです。

新たな出版物を制作するための最初の工程は、企画です。

編集者が中心となって、人々に受け入れられるものや、これまでにない価値を提案するものなど、いろいろな視点から書籍・雑誌の企画を立てていきます。

企画が固まったら、誌面制作に入ります。

構成・レイアウトを編集者自らが考え、記事は自身で書いたりライターに依頼したりします。

そのほか、カメラマンイラストレーターと協力して誌面に必要な写真や図・イラストなどの素材も集め、エディトリアルデザイナーが素材をきれいに整理し、ページを仕上げていきます。

誌面の内容に間違いがないよう何度も確認と修正を繰り返しながら、よりわかりやすく、読者の興味をひく内容を目指します。

印刷用のデータを作成し、印刷会社への入稿を終えるところまであまり時間がとれない場合もあり、気が抜けません。

出版物を売る(営業)

出版社には、出版物を売る仕事や、より多くの人に読まれるための仕事もあります。

出版社において、編集と並んで欠かせないののが「営業」です。

営業の仕事を細かく分けると「広告営業」「取次営業」「書店営業」などがあります。

広告営業は雑誌に載せる広告主を探し、契約を結ぶための営業活動をします。

雑誌広告は出版社の大切な収益源のひとつですから、重要な仕事です。

取次営業は出版社と書店の間に立ち「卸」のような役割を担う取次会社に対して、新刊の情報を伝えたり、自社の本を数多く書店へ配布してもらえるよう交渉したりします。

書店営業は、出版取次店に対して自社の出版物の紹介および、多く発注してもらうための提案活動、また書店に対しては新刊を多くの人の目に留まる場所に並べてもらうための交渉をします。

本の発売にあわせたイベントやフェア企画の提案なども行い、より多くの人に本が届くような活動をしていきます。

出版社社員の役割

出版社の役割は、書籍や雑誌の出版物を企画・制作することです。

出版社が作り出す出版物には、小説・漫画・絵本・辞書・雑誌など、多様なジャンルのものがあります。

このような出版物は、人々に新しい知識や情報を伝える「メディア」のひとつとして、またワクワクや感動を与える「エンターテインメント」として、古くから親しまれてきたものです。

価値ある出版物を次々と世に生み出していくことが、出版社社員の役割です。

また、出版社と関連性の深い「取次」といわれる会社や、実際に出版物が販売される「書店」との連携も行い、出版物の価値を世の中に広めながら出版業界を支えていきます。

出版社社員に特有の職種

編集者

編集者(エディター)は書籍や雑誌の企画を立て、制作全般の管理を行う職種です。

作家やライター、デザイナー、カメラマン、イラストレーターなどに仕事を依頼し、それぞれから上がってきた素材をまとめて入稿できる形に整えます。

印刷会社とのやりとり、スケジュール組みや進行管理、校正などにも携わります。

校正・校閲者

原稿の誤字や脱字、文法の間違い、表現の違和感などを見つけ出し、訂正する仕事を担当します。

文章を書いた作家やライターでさえ見落としている間違いや、整合性がとれていない表記などに第三者の視点で指摘します。

雑誌取材記者

雑誌のテーマにもとづき、実際に現場へ足を運んだり、当事者の話を聞いたりして、より「リアル」な記事を作り上げます。

音楽雑誌ならアーティストへのインタビュー、グルメ雑誌なら店舗への訪問取材、ゴシップ雑誌なら有名人のプライベートへの張り込み、ビジネス誌ならトップインタビューや対談のレポートなどがあります。

ブックデザイナー(装丁家)

書籍の表紙やカバーのデザインを行う職種です。

デザインに凝った企画本の場合、本文を含めて一冊丸ごとの装丁を行うこともあります。

デザイナーやイラストレーターなどが兼任することもあれば、専任のブックデザイナーへ依頼することもあります。

出版社にはどんな職種がある?

出版社社員の有名な企業

出版総合系の大手三社

日本に出版社はたくさんありますが、昔から「大手三社」といわれるのが講談社、集英社、小学館です。

いずれの企業も、文芸誌や児童書、雑誌、漫画などの出版物を手広く扱っており、売上高も大きなものとなっています。

大手三社は組織としての規模が大きいだけに、部署や事業部が多岐にわたります。

出版社社員は、おもに「編集系」「営業系」「管理系」に分かれ、それぞれ役割分担しながら仕事を進めています。

準大手

大手三社に次ぐ出版社としては、KADOKAWA、文芸春秋、マガジンハウス、新潮社、朝日新聞出版などがあります。

このうちKADOKAWAは近年、映画やソフト関連事業への展開もあって売上高を大きく伸ばしており、大手三社に割って入る存在となっています。

「芥川賞」や「直木賞」といった著名な小説賞を制定した文芸春秋のように、独自の事業展開でブランド力を強めている出版社もあります。

出版社は比較的歴史が古い企業が多く、準大手企業も例外ではありません。

専門系

ここまで挙げた企業以外に、特定の領域・ジャンルに強みをもつ出版社があります。

たとえば地図で最大手のゼンリン、旅行ガイドで有名な昭文社ホールディングス、経済・ビジネスに強い日系BPや東洋経済新報社などがあります。

このような企業は、大手や準大手と比べると売上規模は10分の1程度以下の企業も少なくありませんが、専門系の出版社だからこそ提供できる深く価値ある知識を、出版物として世に生み出しています。

電子書籍

出版不況といわれ、紙の出版物の売上が落ちているなか、電子書籍専門の出版社が増えています。

印刷会社大手・凸版印刷の子会社であるBookLiveや、電子書籍販売サービスの「ebookjapan」を展開するイーブックイニシアティブジャパンなどが有名です。

電子書籍分野には、新しい企業の参入が目立ちます。

出版社社員の仕事の流れ

出版社社員の仕事は多様ですが、ここでは、ひとつの出版物ができあがるまでの大まかな流れを紹介します。

企画、役割分担

新たな出版物を作る際には、編集者やプランナー、クリエイティブディレクターなどが書籍や雑誌の内容を企画。

企画が通ると、著者やライター、デザイナー、イラストレーター、カメラマンなど必要な人材を決め、仕事を依頼します。

制作、編集

著者やライター、デザイナーなどが編集者とやりとりをしながら依頼された内容の仕事を進め、修正と校正を繰り返して精度を上げていきます。

制作メンバーに加え、プロの校正士がより厳密な校正を行うこともあります。

入稿、色校正

完成した原稿を印刷会社に入稿します。

最近はAdobe社のDTPソフト「InDesign」などで制作したデータ原稿が主流です。

広告などはグラフィックソフトの「Illustrator」や「Photoshop」で制作される場合もあります。

印刷会社では入稿データをもとにページの面付けを行い、ゲラと呼ばれる校正用紙を出力して出版社へ出稿。

出版社では制作メンバーが、誤植を防ぐためにあらためて文字校正を行い、カラーページの色校正を行います。

下版、印刷、製本

校正結果にもとづいた修正がすべて済むと「校了」となり、印刷会社では印刷用の版を作る下版、刷版へと進みます。

いよいよ印刷を行い、刷り上がったら断裁、折丁、綴じなどの工程を経て製本が完了します。

発売

完成した出版物は、取次を介して書店やコンビニエンスストアなどの販売店へ出荷され、ようやく読者のもとに届きます。

新たな出版物の発売にあたって宣伝や営業が活躍し、フェアやイベントを開催することもあります。