編集者の働き方の種類とその特徴

編集者の雇用形態

編集者は一般的には出版社や編集プロダクションの正社員です。

ただし編集補助にアルバイトを使う企業は多く、会社の規模にかかわらず募集を出していることが多いようです。

また、編集者の仕事は場所を選ばずにすることができるため、フリーランスや在宅で働く人がいるのも特徴です。

こうした編集者は、一度出版社や編集プロダクションで経験を積み、実力をつけた後に独立する人が多いようです。

正社員の編集者

一般的な編集者は、出版社や編集プロダクションの正社員です。

正社員というと、給料や待遇が安定しているというイメージがありますが、編集者の場合激務のため、それに見合った給料や待遇を得られていないと考える人も多いようです。

また、正社員としての採用は非常に少なく、正社員を目指すためにアルバイトを経験している人も多くいます。

アルバイト・パートの編集者

出版業界への足掛かり

編集者として正社員で働きたいという人は多く、非常に狭き門となっていますが、業界への足掛かりとしてアルバイトとして働く方法があります。

出版社・編集プロダクションの両方がアルバイトを募集していますが、アルバイトとして働き始める場合は編集プロダクションをおすすめします。

編集プロダクションは出版社から依頼を受ける下請け業者であり、本作りの前線に立っている会社として、実務経験が身に付きやすいからです。

また、編集プロダクションは中小規模の企業が多く、その業務の多忙さから慢性的な人手不足となっている企業も珍しくないため、比較的採用されやすいということもあります。

もし編集者として正社員を目指す場合は、アルバイトから始めてみるのもひとつの方法です。

編集者のアルバイトの仕事内容

出版社・編集プロダクションともにアルバイトの仕事は、簡単なコピー取りや情報収集などの仕事からスタートし、ときには雑用のような仕事を任されることもあります。

しかし経験を積むと、外部ライターやカメラマンに案件依頼の交渉をしたり、取材のアテンド、フォローなども行ったりなど編集者としての仕事を任され始め、ある程度周囲から信頼を得られれば、実際に文章を書かせてもらう機会も出てきます。

アルバイトといっても、良い文章を書いたり面白い企画を考えたりして、上司となる編集者社員の目にとまれば、さまざまな実務を任せてくれますし、正社員への道も開けるかもしれません。

学生向けのアルバイトやインターンも

編集者のアルバイトは学生を対象にした募集もあります。

また、出版社によっては、学生向けにインターンを募集していることもあります。

リアルな現場を見て実際の業務に携わっていくことで、自分が思い描いていた編集者の像とギャップを感じることもあるかもしれませんが、逆により魅力を感じることもあるでしょう。

もし編集者への就職を考えているならば、ぜひ在学中にこうした経験をしておくと、編集者と言う仕事がより身近に感じられるでしょう。