新聞社で働くには(大学学部・学歴)

新聞社社員になるまでの道のり

新聞社の採用試験を受ける

新卒で新聞社社員になるには、各新聞社が行っている採用試験を受けます。

一般的に、新聞社は学生から非常に人気が高いため、競争率はかなり高くなります。

求人数は減少傾向

昔に比べると、新聞社の正社員の数は減ってきています。

近年では新聞紙の発行部数は年々減っているという状況があることからも、今後社員の採用を大幅に増やす可能性は高くはないと考えておいたほうがよいでしょう。

まずは、日本において「五大全国紙」と呼ばれている朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、産経新聞、日本経済新聞の採用人数ですが、全職種合わせて例年50人〜100人ほどとなっています。

一方、全国各地にある地方の新聞社の場合、全職種合わせて10人に満たないことも珍しくありません。

とくに人気のある職種はやはり新聞記者であり、就職試験の倍率も非常に高くなっています。

「新聞記者になりたい」という強い希望がある人は全国紙に加えて全国各地の新聞社を受験してチャンスを増やすことも視野にいれるとよいでしょう。

アルバイトで経験を積む道も

新聞社で働くことをめざす学生のなかには、アルバイトやインターンシップの制度を使って学生のうちに新聞社で働くことを選ぶ人も多いです。

アルバイトをしたからといって、そのまま社員に登用されるチャンスがあるというわけではありません。

ただし、就職試験の際に具体的な志望動機や新聞の課題を語るためには、貴重な経験となることは間違いありません。

新聞社の求人の状況

新卒、中途、障がい者採用の枠

新聞社の就職試験は毎年行われています。

新卒採用に加えて中途採用を行っているところが多く、大手の新聞社では障がい者採用の枠を設けているところもあります。

職種ごとの採用

採用の際には、新聞紙の制作そのものに携わる「編集(記者、写真、校閲など)」と、その他の一般業務を担う「業務(営業、経理広報など)」に分けて採用するのが一般的です。

最近では電子版の新聞もあるので、アプリやニュースサイトの管理や開発を担当する「技術」の採用に力を入れている新聞社もあります。

就職試験の際に職種ごとの志望動機や適性をチェックし、職種ごとの採用や育成ができる体制をとっているため、どの職種に応募するかを熟考して受験することが重要です。

中途採用の求人

中途採用で新聞社の社員をめざす場合は、前職でどのような仕事をしてきたかがとても重要です。

新聞紙の取材や編集そのものに携わる職種の場合は、やはり前職でもマスコミや出版関係の仕事をしてきた人が即戦力として歓迎される傾向があります。

一方、営業職や経理職のような職種の場合は、専門スキルの高さが重視されるので、前職が一般企業のサラリーマンであっても問題ありません。

いずれにしても中途採用の試験を受けることになり、書類審査や面接で合否が決まることになります。

中途採用の試験は年齢制限を設けているところも多いので、転職を視野に入れている人はタイミングを熟考することが大切です。

新聞社で働くための学部・学歴

新聞社をはじめとしたマスコミ各社は、就職試験に「大卒以上の学歴」を応募の条件としていることが多く、一般的には高学歴の人が活躍している業界といわれています。

就職試験では、書類審査や面接に加えて、時事問題に関する知識を問うペーパーテストがあったり、論理的な思考力を見るためのディスカッションや模擬取材のテストがあったりします。

そのため必然的に高い学力を有する人が合格する傾向があるのでしょう。

新聞社の社員になりたいと考えている人は、大学選びに力を入れて、できるだけレベルの高い教養を身につけることができる大学で学ぶことが大切です。

大学の学部に関しては特に決まりはありませんが、記事の執筆や校正に携わる編集職をめざす人は文系の人が多い傾向はあるようです。

大学生のうちに、文章力を磨くための勉強をしておくとよいでしょう。

新聞社社員になるための学校(大学・学歴・学部)

新聞社社員になるのに有利な資格はある?

新聞社で特別に求められる資格はありません。

ただし、採用試験は非常に難しく、大学での勉強だけでクリアするのは厳しいといわれています。

大学ではマスコミ研究会、ジャーナリズム研究会などで専門的に勉強する人もいますし、英語に加えて、第二言語としてドイツ語、フランス語、中国語、ロシア語などを学ぶ人も多いです。

新聞社社員に必要な資格・スキルはある?

新聞社社員に向いている人

新聞社社員に求められることは、高いコミュニケーション能力です。

記者として取材をすること、担当者と交渉して広告をもらうことなど、新聞社の仕事は多くの人との協力が欠かせません。

また、紙面づくりに関わる記者職や編集職では、文章を書いたり読んだりするスキルを持っていると、仕事をする上で大いに役立つでしょう。

新聞社社員に向いている人・適性

新聞社社員のキャリアプラン・キャリアパス

大手の全国紙に採用されると、記者や編集の場合は採用後には全国各地の支局に配属されます。

基本的には地方の仕事からはじめ、担当する仕事に合わせて全国各地や海外の支局へと転勤します。

販売や技術、事業などに関わる職種の場合は、各部門に配属されて本社勤務となるのが一般的です。

新聞社社員は高卒から目指せる?

新聞社の採用試験は大半が「大卒以上」となっており、高卒から目指すことは極めて困難です。

大手全国紙のなかでは唯一毎日新聞が年齢や学歴、経験を問わず求人を出しており、高卒から記者職になったという人も少なからずいます。

ただし、高校を卒業してすぐの就職は難しく、社会人としてしっかりとした職歴があることが求められるでしょう。

新聞社への転職を検討するなら、転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途で新聞社を目指す場合には、転職エージェントに登録しておくのもおすすめです。

マスコミ分野に強い転職アドバイザーから、業界情報を聞くことができたり、新聞社の「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っている、そもそも新聞社が自分に合っているか不安という段階でも、専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができます。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ登録して気軽に相談してみてください。