「新聞記者」とは

政治、経済、国際情勢など世の中の動きを取材し、わかりやすい記事にまとめる。

新聞記者は取材をし、新聞記事を書く仕事です。

本社勤務の場合は、政治、経済、国際、社会部などの各部に配属され、記者クラブを拠点にして、担当者からの発表等を記事にします。

その際、担当者の発表の「ウラをとる」ことが重要になります。

新聞記者になるには、新聞社の採用試験に合格する必要がありますが、そのためには4年制の大学学部または大学院を卒業していることが条件となります。

近年は、政治学部や社会学部だけでなく、工学部などの専門知識を持った学生も採用されています。

部署によって異なりますが、基本的にハードな仕事です。

特に社会部、政治部などの場合は、政治家や社長の自宅に早朝や深夜に訪問するため、長時間労働は避けられません。

「新聞記者」の仕事紹介

新聞記者の仕事内容

新聞記者は、政治や経済、国際情勢など世の中の動きを取材して、記事を書く仕事です。

最新の事件・事故などのニュースはもちろん、生活に役立つ情報、読者にぜひ伝えたいと思うことなどを集め、記事にまとめていきます。

取材だけではなく、紙面をレイアウトする編集作業を中心として担当する記者もいます。

常にアンテナを張り巡らせて良い情報をキャッチアップする力や、情報を正確に、わかりやすく伝える力が求められます。

新聞記者になるには

新聞記者は、新聞社に勤めます。

人材募集ではほぼ確実に「大卒」が応募資格となっているため、四年制大学を出ている必要があります。

なお、新聞学科やメディア学科を置く大学もありますが、特に学部学科は問われず、それよりも一般常識や時事問題の知識、日本語能力、文章構成能力などが重視されます。

また、近年では金融工学やITなど理系の専門分野を学んだ学生や、語学力が高い学生を積極的に採用する新聞社も増えています。

新聞記者の給料・年収

新聞社といっても、全国紙を発行する大手から地方の中小企業までさまざまであり、給料は大手のほうが高い傾向にあります。

新聞記者全体の平均年収は900万円を超えますが、中小では大手の半分程度の給料ということも少なくありません。

また、政治部、経済部など、所属するセクションによって差が出るという特徴もあります。

給料は高く、待遇も安定していることが多いですが、深夜や早朝に働くことも日常茶飯事で、不規則な生活は必至です。

新聞記者の現状と将来性・今後の見通し

インターネットが普及し、新聞の購読部数は年々減少傾向にあると言われています。

各新聞社も新聞発行事業のみならず、他の事業で経営を成り立たせているところが増え、今後も厳しい状況は続くと思われます。

とはいえ、やはり新聞の社会的評価は高く、有用な情報を正しく、わかりやすく伝えるという使命は変わりません。

この先は、テレビやインターネットと連動し、マルチメディアに活躍できる視野の広い人材が活躍していくものと考えられています。