絵本作家の1日のスケジュール・生活スタイル

絵本作家の業務スケジュール

絵本作家の多くはフリーランスのため、基本的に休日や仕事時間は自分で決められますが、締め切り前になると徹夜や休日作業を行うこともあります。

文章と絵両方を書く作家の場合は自分一人で作業が進められますが、文章のみ、もしくは絵のみしか手がけない作家の場合は、もう一人の作家とのやりとりを随時行います。

絵本の場合は、絵を描く作家が外国人の場合も多々ありますが、その場合は出版社の担当を通して行うのが一般的です。

また、自宅では仕事がはかどらないという場合、公園や喫茶店など環境を変えてイマジネーションを膨らませる絵本作家も多くいます。

自宅で働く絵本作家の1日

9:00 起床
10:00 業務開始
メールチェックをし、急ぎの仕事や修正依頼はないことを確認します。

大まかに書き上げた文章を元にどんな絵を描こうかイメージを浮か、キャンバスにラフ画を描いていきます。

12:00 休憩
昼食・メールチェック
13:00 担当者との打ち合わせ
雑誌の編集担当者が自宅を訪問し、雑誌の扉絵の仕事が無事に終わったことを確認。

自分が扉絵を書いた雑誌の見本をチェックします。

次号も挿絵を担当してほしいとのことで、カット数やおおまかなテーマを打ち合わせます。

14:00 業務再開
ラフ画一枚の作成が終わった段階で出版社の担当宛に電話をし、ラフ画をFAXで送って確認してほしい旨を伝えます。

残りの画を描きつつ、画と文章を双方見比べてマッチする文章を考えていきます。

17:00 業務終了

絵本作家の生活スタイル

自宅や仕事場での作業

専業の絵本作家の場合、ほとんどがフリーランスのため自宅や自分で構えた仕事場で作業を行います。

事前に出版社の編集者と打ち合わせをした内容をもとに、テーマやイラストのテイストなどの骨組みを決めてから制作に着手し、構成・ストーリー・キャラクターのセリフなどをひとつひとつ考えていきます。

作家によって文章も手書きにしたり、イラストをPCで制作したり、イラストと文章の編集まで自分で一人行ったりなどさまざまな制作方法があり、仕事の仕方は人によって大きく異なります。

絵本作家の収入の現状

絵本作家だけで生計を立てている人はほんのひと握りしか存在しません。

作家が手にする印税の率はマンガや小説などと同じ5%から15%ほどですが、絵本は出版業界では発行部数が少ない書籍であるため、売れる絶対数が少なくその分収入も少なくなるのです。

絵本でベストセラーと呼ばれるのは、何十年もずっと愛され続けるような定番の作品が多く、メディアで話題になり一時的に爆発的に売れた作品ではありません。

何度も増刷をされ何十年も読み続けられたり、アニメなどメディアミックス化をしたりして相当な人気がない限り、絵本の収入のみで食べていくことは難しいのです。

そのため多くの絵本作家は、イラストや挿絵などの仕事を兼業しており、イラストレーター画家として自分の作品を作りながら絵本づくりをしている人もすくなくありません。