1分でわかる「絵本作家」

仕事内容
絵本作家は、絵本を制作するためにストーリーを考え、絵を描く仕事です。

ストーリーと絵の制作を一人で行う人もいれば、ストーリー専門、絵専門で活躍する人もいます。

まずはテーマ設定からスタート。

登場人物や全体のストーリーを構成し、その後セリフを細かく考えていきます。

小説家やイラストレーターと兼業する人も多く、絵が描ける絵本作家は、本の装丁や挿絵、ポスターのイラスト制作などの仕事にも携わることがあります。
なるには
絵本作家になるのに、決まった道はありません。

しかしながら、無名の人が 独力で売れる絵本を制作するのは困難なため、出版社が開催する絵本のコンクールで入賞しデビューとなるか、出版社に作品を持ち込んで、認められると書籍化されるというケースが一般的です。

絵本は小説と違って絵が大きな要素を占めるため、美大やデザイン学校出身者も多くいます。

スクールなどで児童文学や絵本づくりの知識を身につけておくことも、仕事に役立つでしょう。
給料
絵本作家は「原稿料」と「印税」の2種類の収入を得ています。

原稿料は、雑誌に掲載される単発の物語や挿絵を手がけた際に、1回辺りの仕事量に応じて得られるものです。

料金はキャリアや原稿の大きさ、文字量によって異なりますが、4千円~5万円程度が一般的です。

印税は、絵本を出版したのち、1冊売れるごとに約10%程度の金額が絵本作家に支払われるというものです。

絵本はロングセラーとなることが多いため、ヒット作を生み出せれば大きく稼げる仕事です。
将来性
絵本は子ども向けに作られるものが多いですが、大人にもコアなファンがいるため、少子高齢化社会が進むからといって、一概に仕事がなくなるというわけではありません。

しかし、絵本作家の世界は狭いため、新人作家がこの仕事だけで安定した暮らしを続けていくのは非常に厳しいのが実情です。

売れるまでは他の仕事をこなしつつ、休日や空いた時間を活用してスキルアップを目指す気持ちが必要かもしれません。