編集者の仕事内容

編集者の仕事とは

編集者は、書籍や雑誌などを企画・編集する仕事です。

書籍や雑誌と言っても、ファッション・文芸・漫画・ビジネスなどジャンルはさまざまで、さらに一人の編集者がどの業務にどの程度携わるかは、勤務先や企画によっても違いがあります。

ときには一冊だけでなく、複数の書籍や雑誌の編集を兼ねることもあります。

書籍や雑誌の出版・発売日はあらかじめ決められているため、編集者はそれに間に合うよう常に締切を意識しながら仕事を進めていきます。

編集者の業務の内容

出版社で働く場合、企画や予算の配分、取材、記事編集をし、印刷できる状態までを作り上げるのが編集者のおもな業務です。

ただし、編集者といっても仕事の進め方は勤務先の働き方や個人の考え方によっても大きな違いがあります。

大手出版社の場合

大手出版社の場合、たいていの実務的作業は外部に依頼して、自分は次の企画を練ったり、外部に依頼した経費を支払ったり、本を作るための予算をとったりすることに専念する編集者もいます。

出版社であれば編集プロダクション、編集プロダクションであれば、フリーランスのライターやカメラマンなどに仕事を割り振り、それぞれから集めた記事や写真をまとめて本にしていきます。

一見すると楽に見えますが、一冊の本を仕上げるために複数の人間を使うため、ライターが書き上げた原稿をチェックし修正依頼をしたり、取材対象とコンタクトをとって日程調整をしたりと、細かなディレクションしなければならないという苦労もあります。

小さな出版社の場合

小さな出版社や編集プロダクションなど、自分一人ですべての業務を担当する編集者の場合、記事づくりや写真の選定、デザインなどの編集すべてを自分で行い、一冊の本にします。

あらゆる業務に精通していないといけないため、大変厳しい仕事ではありますが、

もし、プロの編集者としてやっていきたいというのであれば、一度体験してみるといいかもしれません。

どのような過程を踏んでゼロから本が仕上がるのかを体験でき、その大変さが身に染みることでしょう。

編集者の役割

編集者の役割は、書籍や雑誌を作り多くの人に情報を届けることです。

たとえライターや漫画家がどんなによい文章や漫画がかけたとしても、編集者がいなくては本として形にすることはできません。

また、編集者は「プロとしての目線」と「一般人としての目線」の2つを兼ね備えていなくてはなりません。

本づくりのプロとしての厳しい目線を持ちながら、「どうすれば一般人に受け入れられやすいか」「多くの人が読みやすく手に取りやすいか」を考えなくてはならない重要な仕事なのです。

ただし、現在はWeb上で簡単に編集ができるソフトが増え、SNS等を使って個人でも多くの情報を発信・発表できることから、編集者の価値が見直されてきています。

編集者の勤務先の種類

編集者の主な勤務先は出版社や書籍や雑誌を扱う編集プロダクションです。

その勤務先がどんな書籍を作っているのか・どんなジャンルを扱っているのか・どれぐらいの規模なのか等、勤務先によって大きく仕事内容が変わるのが編集者の仕事の特徴でもあります。

さらに編集者の働き方は大きく分けて出版社に勤務する人、その下請けの編集プロダクションに勤務する人、フリーランスで働く人の3種類に分けることができます。

たとえば出版社勤務の場合は、編集者自らが企画から印刷までのすべてを担当するのが一般的ですが、編集プロダクションは出版社から依頼を受け、その部分だけの実務を担当するなど、自分が出版社に属しているのか、そうでないかによってもどのような仕事に携わるのかが変わってきます。

編集者の勤務先と仕事内容の違い

編集者の仕事の流れ

編集者の仕事の流れは、以下のようになっています。

1.企画を立ち上げる

まずはどのような企画を組むかを計画します。

雑誌によっては、一年を通してどのような企画を組むかあらかじめ考えている場合もありますし、その月ごとにミーティングをして決めることもあります。

また、書籍や漫画の場合は、あらかじめ作家のスケジュールを抑えておき計画的に企画をしたり、新人賞を受賞したりスカウトしたりした新人作家の作品を扱うこともあります。

2.予算取りを行う

次に、その企画にどれだけの予算を捻出できるかを計算し、OKをもらわなくてはなりません。

小さな企業の場合は、そもそもの予算が少ないため高額な取材費を捻出できない苦労があり、大きな企業の場合はなかなか決済が下りないということもあります。

3.取材をする

あらかじめ決められた日程と予算を元に、実際に取材を行います。

取材は自ら行う場合もあれば、外部のライターに任せることもあります。

誤った情報を記載しては大変なので、重要なポイントをしっかりと聞き出すよう注意深くインタビューし、ときには写真を撮ったりボイスレコーダーで録音したりします。

その取材内容を元に、実際の記事を作り上げます。

取材後に不明な点があれば、あとから電話やメールなどで確認することもあります。

4.できあがった記事を編集し、商業出版できるようにデザインする

すべての記事が出来上がったら、あらかじめ決められたテンプレートやデザインに落とし込み、出版できるような形に仕上げていきます。

デザインも自ら手掛けることもあれば、デザインを担当する部署に回すこともあります。

書籍によっては紙の種類や色にもこだわり、デザインに多くの時間を割くこともあります。

5.原稿を印刷所へ渡す

その後は校正・校閲をし間違いがないかチェックしたあと、原稿を印刷所へ送り、無事に印刷が出来上がれば仕事は終わりです。

校正や細かなデザインの調整などに時間がかかるため、印刷所の締切ぎりぎりまで作り上げていることが多いです。

6.次の企画の準備

ひとつの仕事が終わったからと言って休む暇はなく、またすぐ次の企画を考えなくてはなりません。

編集者は同時にいくつもの本を編集していることも多いため、このサイクルをひたすら続けていくという流れになります。

編集者と関連した職業

出版社社員

書籍を取り扱う出版社に勤める人のことです。

出版社というと編集者のイメージがありますが、出版社の社員には編集者だけでなく、営業や宣伝などさまざまな職種があり、ひとつの書籍を作り上げるために協力しながら仕事を進めていきます。

出版社社員の仕事

ライター

ライターとは、取材や資料の収集をして記事を書く仕事です。

主に雑誌の編集者からの依頼を受けて、現場を取材したり、写真撮影をしたり、インタビューで対談をしたりします。

出版社や編集プロダクションでライターを選任で雇っているところは少なく、編集アシスタントなどの勤務経験を一定期間経て、フリーランスとして働く人が多いのが特徴です。

ライターの仕事

校正者

校正者は、書籍や雑誌・広告などの原稿と校正刷り(ゲラ)を照らし合わせて、間違いがないか、文字の大きさ・書体・組方を含めた誤植など細かくチェックをする仕事です。

何度もこの作業を繰り返し、最終的に間違いや訂正箇所がなくなる「校了」となるまで行います。

最近では、文章の事実確認や内容の整合性を確認する「校閲」作業に注目が集まり、書籍や雑誌の出版には必須の仕事です。

校正者の仕事