女性のコラムニストのキャリアパス・結婚後の生活

女性のコラムニストの現状

コラムニストは、学歴や経歴によって判断されることの数少ない職業のひとつです。

男性であるか、女性であるかといった性差も問題になることが少ないため、専門職としては女性の割合が高いのも特徴です。

女性のコラムニストの強み・弱み

コラムニストが執筆する対象は多岐にわたり、あらゆる事象がコラムのネタになります。

とくに女性ならではの生活に密着したコラムは、気軽に読むことができるうえに読者にとっても身近なものであるため、大衆に受け入れられやすく多くの需要があります。

近年は核家族化が進み、とくに家事や子育てにおいて主婦が孤立しがちな側面もありますので、同じ女性の目線で心情を執筆することで人気を博すコラムニストも少なくありません。

こうした女性コラムニストは、一般的な生活をおくればおくるほどコラムのネタを見つけることができ、そのまま記事にすることで多くの人から共感を得られやすいのが特徴です。

もちろんコラムニストならではの目のつけどころは必要ですが、通常の生活を過ごしながらコラムのネタを考えることができる点は、女性コラムニストならではのメリットといえるでしょう。

コラムニストの結婚後の働き方・雇用形態

結婚により仕事を継続できなくなる人、また家事の合間の副業だったはずが、コラムの執筆に熱が入り、家族との生活に支障が出るという人は少なからずいます。

ただしコラムニストは、多くがフリーランスで活躍しているため自由度が高く、自宅で仕事をしたり、家事の合間に仕事をしたりすることも可能です。

また、結婚したことにより家庭や夫婦のことをコラムの題材とし、新たなジャンルを開拓することもできます。

コラムニストが結婚後に働き続けられるかは、本人の意思によるところが大きいでしょう。

コラムニストは子育てしながら働ける?

自由度の高いコラムニストといえど、子どもを出産し、育児が始まると、独身時代の仕事量を継続することは難しくなります。

ほとんどの女性コラムニストは、出産を機に仕事量を減らしたり、一時休業したりと働き方を見直しており、この点は女性コラムニストならではのデメリットであるといえるかもしれません。

ただしいったん休業したとしても、家事や育児の目処がつけば、またコラムニストとして復帰することは難しくありません。

出産や育児をしたことにより、子どもや教育問題関するネタで活躍するコラムニストもいます。

生活に応じて仕事量を調整しながら、断続的にでも長く働くことができる点は、この仕事の大きなメリットであるといえます。

コラムニストは女性が一生働ける仕事?

近年、ブログやSNSなどのデジタルツールを活用してコラムニストになる人が増加しており、主婦業やパートのかたわらで副業としてコラムを執筆する女性が増えてきています。

専業であれ、副業であれ、女性コラムニストは家事や子育てを行いながら執筆をする人が多く、さまざまな作業の合間のような短い時間でもコラムを執筆することは可能です。

スケジュールを管理したり、ほかの仕事との両立をしたりなど大変な面はありますが、時間や場所にとらわれない自由度の高いこの仕事を続けることはさほど難しくはないでしょう。