ゲームクリエイターへの転職・未経験からなるには?

ゲームクリエイターへの転職状況は?

ゲームクリエイターの就職先は、おもに「ゲームメーカー」と「ゲームソフト開発会社」の2種類に分けられます。

開発会社は、メーカーから仕事の依頼を受けて開発を進める役割を担っています。

ゲームクリエイターは一定のゲームファンの中で特に人気のある職業であるため、他業種から転職する人も少なくはありません。

ただしひとことでゲームクリエイターといっても、その職種はさまざまです。

プログラマー」として働く、「サウンドクリエイター」としてBGMや効果音の制作に携わる、また企画運営をする「プランナー」や「ディレクター」などの職種もあります。

自分がゲーム業界で何をしたいか、またどのような分野に適性があるのかを客観的に把握し、行動していきましょう。

また、ゲームソフト開発会社では未経験者を対象とする求人が出されることもありますが、その場合正社員ではなく、アルバイトや契約社員としての雇用が中心となるようです。

しかしこの業界は実力主義の面が大きいため、アルバイトからのスタートでもしっかりと経験を積めば、ゆくゆくは正社員として登用されることも考えられます。

ゲームクリエイターへの転職先としては、ゲームメーカー、あるいはゲームソフト開発会社が一般的です。

その規模は大企業から中小企業までさまざまですが、大手になればなるほど、転職する際の条件が厳しくなっているようです。

ゲームクリエイターへの転職の志望動機で多いものは?

ゲームが大好きで、ユーザーとして遊んでいるうちに「自分も作り手になりたい」と、ゲームクリエイターに憧れを抱く人は少なくないようです。

プログラマーとしての実務経験を積んだ人がスキルを生かしたゲーム作りに携わりたいという気持ちで転職してくることもあります。

ゲーム制作会社とともにゲーム制作に携わり、魅力ある職場であると感じて転職を考え始めるといったことも多いようです。

また、音楽制作会社や映像制作の会社に勤めてスキルを磨いたのち、興味のあったゲーム制作に携わるために転職するといった人もいます。

どのような理由にせよ、ゲーム制作に関して他にない良さを感じ、自分も携わりたいという思いで転職を決意することに変わりはありません。

ゲームクリエイターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からゲームクリエイターになるには

ゲームクリエイターとして仕事に就くために特別な学歴や資格が求められることは、そこまで多くありません。

それよりも、ゲーム制作に対する熱意やセンス、世の中のニーズを的確に捉える力などが重視されるため、経験ゼロの状態でもゲームクリエイターへ転職することも不可能ではありません。

そのため、とくに経験が浅い場合はまず業界に飛び込んでみる勇気も必要だといえます。

まずはゲームクリエイターとして何がしたいのかをしっかりと考え、それに応じた知識やスキルを身に付けておくことが大切になってきます。

また、一言でゲームクリエイターといっても、現場では企画を立てる人、キャラクターの絵を描く人、音楽を作る人…といったように、さまざまなプロフェッショナルが活躍しています。

役割によって求められるスキルは異なるため、まずはクリエイターとして、自分がどのような仕事をしたいのかを考えることが必要になってきます。

たとえば、グラフィックデザインの仕事をしたいのであれば、デッサン力は必ず求められます。

サウンドクリエイターを目指すのであれば、音楽に関わる知識が必要になってきます。

ゲームクリエイターへの転職に必要な資格・有利な資格

ゲームクリエイターになるために必須の資格はありませんが、それぞれの業種によって必要となるスキルはあります。

たとえば「グラフィックデザイナー」を目指す場合は、HTML、CSS、JavaScriptなどの知識や、PhotoshopやIllustratorなどの専門ソフトが扱えることが必須になります。

「プログラマー」になりたい場合は、何かしらの開発言語のスキルを持っていると優遇されることがあるようです。

そういった点では高校や大学・専門学校などでプログラミングを学んでいると有利でしょう。

類まれなるセンスを持っていれば、たとえ独学であろうとゲームコンテストなどに応募し、業界関係者から才能を見出される可能性はあります。

ただし、それほどの才能がある人はめったにいないため、多くの人はゲーム関連の専門学校などに通ってスキルを身に付けてから就職を目指します。

どのような学校を選ぶかにもよりますが、2~4年間ほどの期間で、学費は250万~550万円前後となるようです。

ゲームクリエイターを目指す人におすすめの資格は?

ゲームクリエイターへの転職に役立つ職務経験は?

中小の開発会社の場合、そもそもあまり大人数のスタッフを抱えていないということもあり、採用募集の枠もそこまで大きくありません。

どうしても入社したいという気持ちがあるのなら、ライバルに勝るスキルを身に付けておいたほうがよいでしょう。

場合によっては、ゲーム業界で仕事をした経験や、コンピュータあるいはグラフィック等に関する専門スキルが求められることもあります。

デザインスキル、デッサンや絵コンテを描くスキル、プログラミングスキル、打ち込みで音楽を作れるなどの即戦力となるスキルがあれば、転職活動の際のPRに役立つでしょう。

また、プログラミングのスキルを活用して簡単なゲーム制作をしてみるといった経験などがあるのもアピールポイントとなりそうです。

ゲームクリエイターへの転職面接で気をつけるべきことは?

まず「ゲームが好きで、制作に興味がある」ということが伝わるようにしたほうがよいでしょう。

ゲーム制作の現場は徹夜作業や残業も多く、ゲームを作るための熱意がなければとても仕事を続けることができません。

さらに「ゲームが好きで興味がある」以外に、前職でなくゲーム制作会社でないと為しえないこととは何かも答えられなければいけないでしょう。

単に楽しそうだから、ゲームが好きだからというだけでは続かない、体力的にも精神的にも負担の多い仕事であることは確かです。

そのため、そのような負担があることを承知してでもこの業界でしたいこと・作りたいものについてはきちんと説明ができるようにしておきましょう。

ゲームクリエイターに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

ゲームクリエイターになるために必要な実力が伴っていれば、何歳からでも転職は可能であるのがゲーム制作の業界です。

その人のアイデアや個性が光る作品が注目される業界ならではの自由度があります。

しかし、自らフリーランスで仕事を取れるほどの実力がないなら、ゲーム制作会社への転職を考える必要があります。

制作会社などに勤務する場合、会社全体でチームになり、決まったスケジュールのもとに他の人と協力してひとつのゲームの制作をしなければならず、徹夜・残業が続くことも考えられます。

そのため、体力の衰えが見てとれる状態では就職が困難になってしまいます。

ゲーム関連の企業に就職を希望する場合、そのようなことを考慮に入れ、不規則な生活でも体調を崩さない体づくりをし、体力の充実をはかる必要があるでしょう。

未経験からゲームクリエイターの転職での志望動機

ゲームは、作品によってはかなりのボリュームとなるものもあるため、グラフィック専門、音楽専門、といったように、いくつかの会社が分業して開発することもあります。

それでもあえてゲームを制作する会社に就職したいと思ったのはなぜか、なぜ他の会社ではなくその会社を選んだのか、ということを考える必要があります。

グラフィックや音楽の制作会社からの転職の場合は、ゲーム制作に携わった経験から興味を持つといったことも志望動機となりうるでしょう。

大手であれば、若手の新人を雇って自社で経験を積ませながら育てるという方法もとられていますが、どの現場も非常に多忙であるため、即戦力になれる人が重宝される業界であることも確かです。

したがって、音楽やグラフィック制作の経験を生かした活動をしたいといった点をアピールするのも良いと思われます。

また、たとえアルバイトであっても、ゲーム開発の現場で働いた経験を持っていたり、専門学校で学びながら自ら作品を作った経験がある人などは、採用時に優遇されることもあります。