声優の仕事内容7つを解説!【働き方から仕事場までイメージできる】

声優の仕事内容は、アニメや洋画の吹き替えがメインです。

また最近では、ゲームキャラクターの音声やYouTubeのナレーションなど、多方面に活躍の場を広げていく声優も増えています。

この記事では、声優の仕事内容や具体的な仕事の流れ、働き方などについてまとめています。

声優を目指す人のためのスクール紹介

無料で役に立つパンフレットをもらえるので、ぜひ取り寄せて比較してみましょう。

・圧倒的な実績数とノウハウなら:ヒューマンアカデミー 公式サイト

・就職・デビューシステムの充実なら:アミューズメントメディア総合学院 公式サイト

声優の仕事内容は7種類に分けられる

声優とはどんな仕事?声優の仕事概要


声優の主な仕事内容は、「アニメーション」や「映画(外画)」の吹き替えを行うことです。

アニメや外国人のキャラクターになりきり、そのイメージに合わせて声を使い分けます。

さらに、近年では歌を歌ったり、舞台に立ったりなど、芸能人と同じような活動をして人気を集める声優もいます。

声優の主な仕事は以下の7つに分けられます。

声優の仕事内容
  • アニメーションのアフレコ
  • 海外の映画やドラマの吹き替え
  • テレビ番組やCMなどのナレーション
  • ゲームやスマートフォンアプリのキャラクターボイス
  • テレビや舞台などでの芸能活動
  • ラジオのパーソナリティ
  • 音楽活動

それぞれについて、以下で詳しく解説していきます。

声優の仕事内容1.アニメーションのアフレコ

アニメーションに声優が声を吹き込むことで、キャラクターはより生き生きとした魅力的な存在になります。

この、アニメに声を吹き込む作業のことを「アフレコ」もしくは「アテレコ」といい、同じキャラクターでも声優の質や特徴によって、キャラクターから受ける印象は随分と違うものになります。

原作者が持つイメージや意図をしっかりと受け止めることも大切ですが、キャラクターの魅力を引き出せるかどうかは声優の実力にかかっているといえます。

映画の吹き替えの場合、声優は既に別の人が演じたものに声を吹き替えるいわば「代役」ともいえる役割があります。

一方、アニメーションの場合はまったくゼロの状態から声を作って演じます。

「キャラクターそのもの」としての役割がより強くなり、声優のイメージがキャラクターのイメージに直結することも少なくありません。

声優の仕事内容2.海外の映画やドラマの吹き替え

アニメとならんで声優が多く活躍しているのが、外国で作られた映画やドラマなどの日本語吹き替え版を作るための仕事です。

かつてはハリウッド映画が中心でしたが、近年は韓国ドラマをはじめとした海外ドラマのブームなどもあり、この分野での需要は高まっています。

映画やドラマで演じている俳優の口の動きに合わせて、不自然さを感じさせずに声で演じる必要があり、声優として高度な技術が求められます。

声の出し方や演じ方がアニメの声優とは異なる部分も多いです。海外映画・ドラマに強いプロダクションに所属すると仕事を獲得しやすいでしょう。

声優の仕事内容3. テレビ番組やCMなどのナレーション

ナレーションの仕事は、番組やCMコンセプトによってさまざまな声が求められます。

キャラクターや登場人物が現れるアニメーションや洋画とは違い、ナレーションでは、声優の声ひとつで世界観を表現しなければならない難しさもあります。

最近ではYouTubeのナレーションや、動画広告のナレーションの仕事も増えています。

単発での仕事やアルバイトが多いですが、声優の仕事の経験を積むことができます。

声優の仕事内容4.ゲームやスマートフォンアプリのキャラクターボイス

近年、声優の需要が高まっている仕事分野に、ゲームやスマートフォンアプリに登場するキャラクターの声に対してのアフレコがあります。

ゲームやスマートフォンアプリの制作技術が進歩するとともに、声優のアフレコに要求されるレベルも高まっているのが特徴です。

アニメーションや映画よりも多いセリフを担当することもあります。

また、アニメほど設定が決まっていないことが多く、キャラクターの話し方の個性を自分で考えたり、1人の声優が複数人をこなすことが求められたりすることもあり、声優としての実力が必要な分野でもあります。

声優の仕事内容5.テレビや舞台などでの芸能活動

劇団や芸能事務所に所属し、舞台俳優・芸能人と声優の仕事を両立させる人もいます。

どちらも自分の身体や声を使って演技するという面では共通しています。

実際に劇団出身の声優は多いです。演技力や声量を養えるので、声優との相性も良いといえるでしょう。

声優の仕事内容6.ラジオのパーソナリティ

声優として人気を集めるようになると、ラジオパーソナリティを務めることもあります。

ラジオはもともと声だけで相手に情報を届けるメディアであるため、声優が活躍するには最適な場です。

最近では、声優のラジオをネット上で無料配信し、人気を集めています。

声優へのお便りを紹介するなど、ファンと声優の距離が近いのもラジオの特徴です。

声優の仕事内容7.音楽活動

声優は、自分が声を担当するアニメーションの主題歌などを自ら歌い、CDを出したりライブを行ったりする仕事もあります。

なかには歌唱力を認められ、アーティストとしての活動に注目が集まる声優もいます。

声優は声量のトレーニングを積んでおり、セリフの音の取り方や声に気持ちを込める訓練を積んでいるので、歌手と両立できるスキルがある人も多いのです。

歌が上手な声優は、ミュージカル調のアニメに抜擢されるなど仕事のチャンスが広がります。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

声優の働き方

声優はプロダクションに所属して働くのが一般的です。

下積み時代は「仮所属」と呼ばれ、正所属になればマネージャーがつき仕事を定期的にもらえることもあります。

しかし、ほとんどの声優はベテランでもオーディションを受けて役を勝ち取る形で仕事を獲得しています。

フリーランスで活躍する声優もいますが、もともとはプロダクションや劇団に所属し活躍を認められた人たちばかりで、実績と信頼を得た人でなければフリーランスの声優になるのは難しいといえます。

声優を目指す人のためのスクール紹介

無料で役に立つパンフレットをもらえるので、ぜひ取り寄せて比較してみましょう。

・圧倒的な実績数とノウハウなら:ヒューマンアカデミー 公式サイト

・就職・デビューシステムの充実なら:アミューズメントメディア総合学院 公式サイト

声優の仕事の流れ

声優の仕事の流れは次のように進むことが多いです。

  1. 1.台本を読む

    声優の仕事が決まると、あらかじめ台本を渡されます。

    どのような人物を演じるか、どのようなシーンがあるかなどを確認しイメージしておきます。

  2. 2.スタジオ入り、打ち合わせ

    スタジオに入ると、まずは監督や他の声優と打ち合わせをし、どのような演技をするか、どのようなイメージの声を出すかなど打ち合わせをします。

    その後はマイクテストをし、休憩を挟みながら本番の収録に入ります。

  3. 3.本番収録

    録音スタジオでは、音が遮断された密室に数本のマイクが立てられ、声優たちはモニター画面に流れる映像を見ながら、自分の出番が来るごとにマイクの前に立って声を吹き込んでいきます。

    スタジオのすぐ隣にはミキシングルームと呼ばれる調整室があり、そこでエンジニアや監督、プロデューサーなどが、録音された声の様子をチェックしています。

    本番の収録が終わると、NGを出してしまったり、リテイクを求められたりしたシーンをもう一度取り直す部分撮りを行います。

  4. 4.「ガヤ」の収録

    最後に、「ガヤ」と呼ばれる群衆や雑踏の話声などを全員で収録し、問題がなければ終了します。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

声優の日常生活


声優は仕事柄、普通の人とは少し違う視点でアニメを見てしまうなど、気になってしまうことがあるようです。

声優の仕事をしている人の日常について紹介します。

アニメのキャラクターを「声優」で考える

声優として働き始めると、アニメを見ているときにも「この声は○○さんが演じているな」と、つい声優の名前を先に頭に浮かべます。

吹き替えの映画を見ているときも、声優の名前が気になってしまうのは、いわば職業病ともいえます。

ストーリーを追うよりも、誰が演じているのか?役柄の性格をどのように表現しているのか?など、そちらに夢中になってしまうことがしばしばあります。

声優としては、こうした日々の研究が自分の仕事に生きる部分も多々ありますが、純粋に作品を楽しめなくなる一面もあるといえるかもしれません。

日常生活でも役柄になりきってしまう

声優は、寝ても覚めても自分が担当する役のことを考えることが多く、ふと気づけば役に入り込んでいます。

そのため、独特の口癖や話し方がある役柄を演じているときには、日常生活でもふと、その言葉遣いが出てしまうことがあります。

事情を知らない人から見れば、「この人は変わり者だな」と思われるかもしれません。

喉の調子が気になる

声優は、声が命です。万が一、収録の日に風邪を引いて声が枯れてしまったり、ひどい鼻声になってしまったら、最悪の場合は仕事にならない可能性もあります。

体調管理は日頃から徹底しなくてはなりませんが、なかでも喉のケアは、声優が何よりも気を遣うところです。

空気が乾燥しがちな冬場は常にマスクをしたり、加湿器を使って部屋の湿度を保ったり、テレビなどで喉にいい飴などがオススメされると、ついチェックしてしまうようです。

自分の商売道具でもある喉を何よりも大切に考えることは、声で表現をするこの職業ならではといえるでしょう。

声優の仕事と関連する職業5つ


声優の仕事は多くの人と関わって成り立っています。

声優の仕事に近い職業や、声優を支える仕事を解説します。

声優のマネージャー

声優を最も近くで支える仕事がマネージャーです。

声優のマネージャーの仕事は多岐にわたります。

声優マネージャーの仕事の例

  • 声優の仕事を獲得する営業活動
  • スケジュール管理や送り迎え
  • 声優の報酬交渉や依頼主との調整

声優マネージャーの最も重要な仕事が、仕事を獲得するための営業活動です。

声優は人気の職業で、次々に若手が出てくる競争が激しい世界のため、優秀なマネージャは担当する声優が仕事を得られるように奔走します。

オーディションの情報を集めたり、SNSやブログといった発信を管理して人気を得られるようにマネジメントを行います。

なお、すべての声優にマネージャーが付くわけではありません。ごく一部の、人気のある声優にだけマネージャーが付くと思ったほうが良いでしょう。

売れっ子声優になるまでは、自分でオーディション等をうけて仕事を獲得していく必要があります。

声優マネージャーの仕事内容・なり方や必要な資格・給料を解説

声優プロダクションの職員

多くの声優はプロダクションに所属しています。

プロダクションに所属することで、信用を得て仕事を獲得しやすくなったり、社会保険や税金などの管理を行ってもらえるため、本業の声優業に専念しやすくなります。

先に紹介した声優マネージャーは大抵は声優プロダクションの職員です。

声優プロダクションの仕事には、見込みのある声優を発掘して育成したり、経理などの事務仕事があります。

自分自身では声優を目指すのは難しいが、声優をサポートできる仕事がしたいという人に人気のある仕事です。

録音スタジオのスタッフ

声優の仕事場である録音スタジオ(収録スタジオ・音響会社)で働く人も、声優と深く関わります。

録音スタジオは、アニメの制作会社などから依頼を受けて声優をキャスティングし、レコーディングやBGMの制作を行うなど、作品の「音」全般を手掛けます。

音響設備について専門知識を持ち、音の調整を行う「音響エンジニア」が代表的な仕事です。

アニメ監督

アニメ監督はアニメ制作の責任者です。絵コンテやアニメーションの制作から、声優のアフレコにも立ち会います。

アニメ監督が自ら声優オーディションに立ち会い、どの声優を起用するか決めたり、アフレコでは直接、声の出し方について指示することもあります。

アニメ制作の最高責任者であるため、声優と必ず関わる職業になります。

ナレーター

声優は、アニメや映画の吹き替えをするにあたり、自分の声を使って画面の中のキャラクターに合わせてセリフを読み上げながら役柄を演じます。

演じるキャラクターに合う個性的な声を持つ声優が配役されます。

一方、ナレーターは主にテレビ番組などのナレーションを担当し、原稿に沿って正しく、わかりやすく、かつ表現豊かに演じることが求められます。

ナレーターの場合は、キャラクターを演じることはありません。

映像などで作られた番組の内容に声を使って躍動感や説得力を加え、視聴者に届けることがナレーターの役割です。

ナレーターの仕事

声を使って表現する仕事を広く声優と定義するのであれば、ナレーターも声優の一部と考えることができます。

ナレーターは声優のように演じる部分と、アナウンサーのように正確に伝える部分の両方のスキルが求められ、多岐に渡るジャンルで活躍しています。

番組の内容をより際立たせるために声を吹き込むナレーターに対し、声優は「キャラクターを演じる」という点で、よりその人の個性を押し出す部分が大きいといえるかもしれません。

声優の仕事内容|まとめ

声優とは、「アニメーション」や「映画(外画)」の吹き替えを担当する仕事です。

アニメーションに声優が声を吹き込むことで、キャラクターはより生き生きとした魅力的な存在になります。

外国で作られた映画やドラマなどの日本語吹き替え版を作る際にも声優は欠かせない存在です。

近年、とくに需要が高まっているのはゲームやスマートフォンアプリのキャラクターボイスで、ときにはアニメーションや映画よりも多いセリフを担当することもあります。

本気で声優を目指すなら

声優になるためには養成所に通う必要があります。

在学中デビュー455人の実績があるヒューマンアカデミーなら、充実したカリキュラムで声優としての実力を付けることができます。

マンツーマン指導もあり、校内では年間350回以上ものオーディションが開催されています。

有名プロダクションとのつながりもあるので、デビューのチャンスが多いのもヒューマンアカデミーの特徴です。

ヒューマンアカデミーの詳細については、資料請求してチェックしてみてください。

資料請求は無料ですので、少しでも興味があれば申し込みすることをおすすめします。

また、ゲーム、アニメ、イラストなどの実践的なコンテンツ作りを学べる学校としてアミューズメントメディア総合学院も有名です。

【アミューズメントメディア総合学院の魅力】
1.産学共同・現場実践教育
2.業界に直結した就職・デビューシステム
3.卒業後もずっとバックアップ!OB・OGネットワーク
4.業界の第一線で活躍する現役プロ講師

グループ内で映画の制作会社や音楽会社も経営しているので就職率も高く人気のスクールとなります。

ぜひ2校とも資料請求や学校見学をしてみてください。

ヒューマンアカデミー 公式サイト

アミューズメントメディア総合学院 公式サイト