ゲームプランナーになるには

ゲーム制作について学ぶ

ゲームプランナーになるために、絶対に必要な資格があるわけではありません。

そのため、さまざまな道のりでゲームプランナーになっている人がいますが、一般的にはゲームやコンピュータ系の専門学校あるいは大学でゲーム制作の基礎を学び、ゲームメーカー、ゲームソフト制作会社などへ就職する人が多いようです。

ゲームプランナーは、企画の立て方にはじまり、デッサンやデザイン、プログラミングといった幅広い知識・技術が求められる仕事です。

そのため、ゲーム制作に関連する総合的な知識を身につけておけば就職する際に有利になりやすく、また仕事を始めてからも身につけた知識を役立たせることができるでしょう。

なお、企業によってはゲームプランナーなどのいわゆる「企画職」は、大卒以上の学歴が必須となることもあるようです。

未経験でも就職できる?

実務未経験者や、学校でゲーム作りの専門的な勉強をしていない人でも、ゲームプランナーとして就職することは可能です。

とくに最近はスマートフォンゲームの企画・制作を手掛ける企業が増えており、ゲームプランナーとして就職できるチャンスは増えているといえそうです。

ただし、ゲームプランナーは人気が高い職種であり、またゲーム制作の根幹に携わるという重要な役割を担うことから、企業側が求める人材のレベルは高くなりがちです。

ゲーム作りに対する強い情熱がある人でないと、ゲームプランナーとして就職するのは難しいといえるでしょう。

求められるスキルは?

すでに世の中にあふれているようなゲームを作り続けても、多くの人に支持されることは難しいものです。

人々を「あっ!」といわせるようなゲームを生み出すためには、世の中のニーズを冷静に分析しながらも、独創的な発想力が必要不可欠となります。

また、ゲームプランナーはゲームのコンセプト、シナリオ、システム、キャラクター、仕掛けといったさまざまな要素を理解したうえで、企画を立てていかなくてはなりません。

さらに、アイデアを具現化していくために、上司や社内のスタッフたちを納得させられるようなプレゼンテーション能力、論理的思考も求められる仕事です。

「こういうゲームを作りたい」という意思を持ち、人を巻き込みながら主体的に行動できるような人がゲームプランナーとして活躍できます。

他の職種からプランナーになるケースも

なかにはプログラマーやデザイナーとしてゲーム制作に携わり、経験を積むなかでプランナーへとキャリアチェンジする人もいます。

ゲームデザイナーの仕事
ゲームプログラマーの仕事

ゲーム業界での生き方は、人によってさまざまです。

実務経験を積んでスキルを磨いていけば、さまざまな場で活躍できるチャンスが広がるでしょう。