女性のゲームクリエイターのキャリアパス・結婚後の生活

女性のゲームクリエイターの現状

ゲームクリエイターという職業には、性別も年齢も関係ありません。

さまざまな価値観を持った人たちが異なるアイデアを持ち寄ることで、素晴らしい作品になっていく可能性を秘めた職業です。

しかし、実際にゲームの開発現場を見てみると、その多くは男性となっています。

「女性よりも男性のほうがゲーム好きな人が比較的多い」ということも考えられますが、それだけではないようです。

たとえば、労働時間の長さが女性がゲームクリエイターとして働くうえでの障害になっているケースもあるようです。

多忙な日々が続くため「アフターファイブを楽しみたい」「オシャレをしたい」といった願望をかなえにくい点も理由として挙げられるでしょう。

しかし、ゲームに対して男性同等かそれ以上の熱意を持って働いている女性クリエイターも増えてきており、それにともない企業側でも女性が労働しやすい環境を整え始めています。

女性のゲームクリエイターの強み・弱み

近年ではスマートフォンの普及によって、女性向けのソーシャルゲーム、子ども向けの知育アプリなどが多数開発されています。

こういったゲームアプリを制作する場合、女性ならではの感性や育児経験などをゲーム作りに生かせる部分も大いにあります。

一方、女性は結婚、そして妊娠・出産というイベントをきっかけに、仕事にブランクを生じることもあります。

またゲームクリエイターの仕事は一般的に睡眠時間が短い・徹夜もあるなど、体のリズムに狂いが生じやすい激務といわれます。

そのため、男性よりリズムの失調に敏感な女性特有の、さまざまな不調の原因になることもあります。

ゲームクリエイターの結婚後の働き方・雇用形態

ゲーム関連企業によっては、仕事が少し落ち着いた時期を見計らって有給休暇の取得を推奨したり、育児休暇などの制度を整え、結婚や出産後も長く働ける組織づくりに取り組む会社も出てきています。

ゲームクリエイターは専門スキルを持った「職人的」な人も多く、ベテランが一人抜けてしまえば会社にとっても大打撃となります。

そのため、できるだけ長く働いてもらえる働きやすい環境を整えるために、会社側もさまざまな工夫をしているようです。

そのようなことから結婚後も結婚前と同じように激務をこなすこともできますが、出産に関しては所属する企業により休暇制度などに違いがあります。

場合によっては退職しなければならない場合もあるため、就職時からそのような場合のことを考え、しっかりと確認して企業選びをすることをおすすめします。

ゲームクリエイターは子育てしながら働ける?

ゲームクリエイターの日常は、残業や徹夜が多くある、一般的に激務と呼ばれる部類の仕事です。

そのため子供が小さいうちは保育園でもカバーしきれない部分があり、家族の協力なしでは子育てをしながらの勤務は難しいといえるでしょう。

自分や配偶者の両親と同居や近居をしており、保育園の送り迎えを始めさまざまな形でサポートを得られれば、早い時期からの復帰も可能です。

ただし出産後の女性の体はデリケートであり、若い頃の無理が更年期にさしかかった頃に不調となって現れることもあるため、体調面には十分に気をつける必要があるでしょう。

ゲームクリエイターは女性が一生働ける仕事?

ゲームクリエイターとしての情熱があれば、女性でも男性でも関係なく一生働ける仕事と言えます。

ただし、男性よりも結婚や出産によって周囲の環境が変わりやすいため、柔軟に対応し、またその都度周囲の理解を得ていく必要があります。

昨今では共働きの夫婦も増えており、女性向けのゲームアプリに課金をして楽しむ人も多いことから、女性クリエイターは貴重な人材といえます。

現在、女性が働きにくい環境であっても、自分の働きにより後に続く女性クリエイターが働きやすい前例を作っていくことは、会社にとっても有益な経験となります。

女性が働きやすい環境を目指して周囲に積極的に働きかけ、ゲームへの情熱を周囲から断たれないようにしていく行動力がキーとなるでしょう。