女性のゲームクリエイターのキャリアパス・結婚後の生活

女性のゲームクリエイターの現状

ゲームクリエイターという職業には、性別も年齢も関係ありません。

さまざまな価値観を持った人たちが異なるアイデアを持ち寄り、知恵や技術を発揮することで、素晴らしい作品を作りげます。

しかし、実際にゲームの開発現場を見てみると、クリエイターの多くが男性であることがわかります。

理由は「女性よりも男性のほうがゲーム好きな人が比較的多い」ということも考えられますが、それだけではないようです。

ゲーム作りは見た目以上にハードで、労働時間が長くなりがちです。

多忙な日々が続くため「アフターファイブを楽しみたい」「オシャレをしたい」といった願望をかなえにくい点も理由として挙げられるでしょう。

しかし、ゲームに対して男性同等かそれ以上の熱意を持って働いている女性クリエイターも増えています。

ゲーム作りに情熱を注げる人であれば、性別は関係なく活躍できるチャンスを得られます。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

女性のゲームクリエイターの強み・弱み

近年ではスマートフォンの普及によって、女性向けのソーシャルゲーム、子ども向けの知育アプリなどが多数開発されています。

こういったゲームアプリを制作する場合、女性ならではの感性や育児経験などをゲーム作りに生かすこともできるでしょう。

昨今では女性向けのゲームアプリに課金をして楽しむ人も多いことから、女性クリエイターは貴重な人材といえます。

しかし、ゲームクリエイターが活躍する開発現場は忙しくなりやすく、長時間の残業や休日出勤をせざるを得ないこともあります。

体力がない女性にとっては、きついと感じることもあるかもしれません。

ゲームクリエイターを目指す人のためのスクール紹介

無料で資料請求できるので、ぜひ取り寄せて比較してみましょう。

・圧倒的な実績数とノウハウなら:ヒューマンアカデミー 公式サイト

・就職・デビューシステムの充実なら:アミューズメントメディア総合学院 公式サイト

ゲームクリエイターの結婚後の働き方・雇用形態

ゲームクリエイターが活躍する企業は、大手のゲームメーカーから小さな開発会社までさまざまです。

大手企業は女性のクリエイターも多く在籍しており、女性にとって働きやすい環境づくりに力を入れるケースも増えています。

たとえば、仕事が少し落ち着いた時期を見計らって有給休暇の取得を推奨したり、結婚・出産後の雇用形態の変更を受け入れたり、育児関連制度を充実させたりといった例も見られます。

ゲームクリエイターは専門スキルを持った職人的な人も多く、ベテランが一人抜けてしまえば、会社にとっても大打撃となります。

十分なスキルのある女性ゲームクリエイターは、会社のサポートを受けながら結婚後も働き続けることができるでしょう。

ただし、人手に余裕がない小さな開発会社など、女性の事情になかなか配慮する余裕がないケースも見られます。

あまりに激務な環境だと、結婚後に仕事を両立させていくのが難しくなるかもしれません。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

ゲームクリエイターは子育てしながら働ける?

ゲームクリエイターは、一般的にハードと呼ばれる部類の仕事です。

開発現場は突発的なトラブルも発生しやすく、どうしても忙しくなってしまいがちです。

子育てに理解のある職場を除くと、家族の協力なしでは子育てをしながらのフルタイム勤務は難しいといえるでしょう。

自分や配偶者の両親と同居や近居をしており、保育園の送り迎えを始めさまざまな形でサポートを得られれば、早い時期からの復帰も可能です。

子育て中は時短勤務で働いたり、パートなどに雇用形態を切り替えたりといった働き方も考えてみるとよいかもしれません。

ゲームクリエイターを目指す人のためのスクール紹介

無料で資料請求できるので、ぜひ取り寄せて比較してみましょう。

・圧倒的な実績数とノウハウなら:ヒューマンアカデミー 公式サイト

・就職・デビューシステムの充実なら:アミューズメントメディア総合学院 公式サイト

ゲームクリエイターは女性が一生働ける仕事?

ゲームクリエイターは、おもしろい作品を生み出す意欲と情熱があれば、女性でも男性でも関係なく一生働ける仕事といえます。

ただし、女性は男性よりも結婚・出産などに自分の状況と周囲の環境が変わりやすいため、その都度、周囲の理解を得ながら柔軟に働き方を変えていくことも必要になるでしょう。

まだまだ女性のゲームクリエイターは男性に比べると少ないですが、後に続く女性クリエイターが働きやすい前例を作っていくことは、会社にとっても有益です。

女性が働きやすい環境を目指して周囲に積極的に働きかけ、どんどん周りを巻き込みながらゲームクリエイターとして腕を磨いていくことができれば、長く働き続けられる可能性が高いでしょう。