女性のゲームプロデューサー

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

女性でもゲーム業界で働ける?

ゲーム業界は、まだまだ男性が中心の世界といわれています。

もちろん女性のゲームクリエイターもたくさん活躍していますが、開発現場を覗いてみると、ほとんどが男性ということは珍しくありません。

その理由としては、幼い頃からゲームに親しんでいるのは男性のほうが多いことや、「開発は激務」というイメージが根付いており、女性が敬遠しがちなことがあるかもしれません。

とくにゲームディレクターやゲームプロデューサーなど、現場をマネジメントしていく役割を担う立場になると、女性の姿はグッと少なくなるといわれています。

それでも、女性がゲームプロデューサーになれないというわけではありません。

ゲーム開発は力仕事というわけではありませんし、最近ではスマートフォンで遊べるライトなゲームも含め、女性をターゲットにしたゲームもさらに増えています。

ゲーム業界で働きたいと考える若い女性は、これからさらに増えていくのではないでしょうか。

女性プロデューサーの働き方

ゲームプロデューサーは、学校を出たばかりの人や経験の浅い人が、いきなりなれる職種ではありません。

一般的には、クリエイターとして何年地道にゲーム開発の経験を積み、スキルアップして就くことになります。

プロデューサーは自分でゲーム開発のために手を動かすというよりも、お金やスケジュールの管理、プロジェクト全体の管理がおもな役割となります。

また、外部の人と会って打ち合わせや交渉事をする機会も一気に増えます。

女性であっても心身ともにタフで、バイタリティある人が活躍しやすい仕事だといえるでしょう。

女性がゲームプロデューサーを目指すには

ゲームプロデューサーは一朝一夕でなれる職種ではないため、まずはゲーム業界にしっかりと身を置き、生きていく覚悟が求められます。

そして、現場で少しずつゲーム制作に関わる専門知識・スキルを身につけ、マネジメントスキルも磨き、チームを束ねられるだけの人材になる必要があります。

ゲーム開発現場はつねに忙しく、日によっては長時間残業や休日出勤、さらに徹夜になることもあるかもしれません。

最近では女性が働きやすい職場環境づくりに取り組む企業も増えていますが、現場によっては「男っぽい」雰囲気の中で、仕事にのめりこまなくてはならない場合もあります。

男性クリエイターに囲まれながらでも、自分らしく夢に向かって突き進めるような人であることが求められてくるでしょう。