ゲームプロデューサーの仕事、業務内容

ゲーム制作の統括的な役割を担う

ゲームプロデューサーとは、ゲーム制作における総責任者となる人のことをいいます。

具体的な仕事内容としては、予算管理、人員配置、スケジュール管理、販売促進などの企画・計画にメインで携わります。

ゲーム制作にはディレクター、プログラマー、サウンドクリエイターなど大勢のスタッフが関わっていくため、チーム全体をとりまとめて、プロジェクトが円滑に進むようにリードしていく役割を担います。

ゲームデザイナーの仕事
ゲームプログラマーの仕事
ゲームディレクターの仕事
サウンドクリエイターの仕事

また、ゲームプロデューサーはゲームの企画立案の段階から関わることも多く、ユーザーが求めるゲーム内容についての市場調査や人気獲得のためのアイデアを出していきます。

さらに、開発したゲーム作品をどのような手段で売るかといった計画立案にも、最前線で関わっていきます。

ゲームプロデューサーは、ゲーム制作工程の全体像を理解したうえで、プロジェクトの進捗管理、スタッフマネジメントなど幅広い知識とスキルが求められる仕事です。

ゲームディレクターとの違いは?

ゲームプロデューサーと似た職種に「ゲームディレクター」があります。

この両者の違いを見ていくと、ゲームプロデューサーがゲームの企画・開発・販売などにおける総責任者であるのに対し、ゲームディレクターは開発現場でのリーダー役を務めることが一般的です。

いわゆる「現場監督」となるのがゲームディレクターで、ゲームプロデューサーはさらに一歩上の立場から、予算・人員・スケジュールなどプロジェクト全体を管理します。

就職先・活躍の場

ゲームプロデューサーの多くは、ゲームメーカーやゲーム開発会社に勤務しています。

業界未経験者がいきなりゲームプロデューサーになることはまれで、いちクリエイターとしてキャリアをスタートしたり、ゲームプランナーやゲームディレクターとして現場のマネジメントスキルを高めてから、ゲームプロデューサーにステップアップするのが一般的です。

ひとたびゲーム作品がヒットすれば、その作品の責任者であるゲームプロデューサーに注目が集まります。

実績を残していけば、世界的にも評価されるゲームプロデューサーとして名を残すことも夢ではありません。