アニメーターになるには

アニメーターになるまでの道のり

アニメーターは、特別な資格や学歴が必要な仕事ではありません。

一番に求められるのは、プロとして仕事をこなせるだけの「画力」であり、もし十分なスキルが備わっているのであれば、今すぐに仕事を始めることも不可能ではありません。

しかし、ひとくちに画力といってもデッサン力や画面構成力などさまざまなスキルが必要なので、「ただ人と比べて絵が上手」というだけでは務まりません。

画力は独学で向上させることもできますが、多くの人は学校に通いスキルを身に付けています。

高校卒業後に入学できるアニメーションの専門学校や美術系大学、アニメーション学科のある大学に通えば、アニメーターになるのに必要な基礎的なスキルは身につくでしょう。

その上で、アニメーションの制作会社やスタジオに就職し、アニメーターとしての一歩を踏み出す人が多いです。

アニメーターの資格・難易度

アニメーターになるために必要な資格は特にありません。

ただし、近年はデジタルやCGを用いてアニメーションを作る機会が増えているため、公益財団法人 画像情報教育振興協会が主催する「CGクリエイター検定」などを取得し実力をアピールする人も多いようです。

こうした検定は専門学校などで取得を奨励している場合もありますので、自分の特技や興味に合わせて取得するとよいでしょう。

参考:CGクリエイター検定(公益財団法人 画像情報教育振興協会)

アニメーターになるための学校の種類

アニメーターの学校といえば、以前はアニメーション系の専門学校に進むのが一般的でしたが、近年は4年制大学でも、アニメーション学科やアニメーション専攻を置く学校が増えてきています。

専門学校は2年制が一般的ですが、なかには1年制や大学同様に4年制で学べる学校もあります。

学校によって雰囲気やカリキュラムは大きく異なるため、よく比較検討することが大切です。

アニメーターになるための学校と学費(専門学校、大学)

アニメーターに向いている人

アニメーション制作の現場は非常に過酷です。

特に動画マンとしての時期は給料も低く、毎日長時間労働となるため、アニメが好き、絵を描くのが本当に好きで、繰り返しの作業に耐えられる忍耐力と、長時間労働ができる体力のある人でないと続けることが難しい仕事です。

また動画マンから原画マンへと昇格するためには、センスやデッサン力が必要です。

学校などに通い基礎をしっかりと見につけておくほか、現場でも先輩などからしっかりと勉強をする姿勢を持たなくてはならないでしょう。

アニメーターに向いている人・適性・必要なスキル

アニメーターのキャリアプラン・キャリアパス

アニメーション制作会社などに就職すると、まずは原画と原画の間の絵を描く「動画マン」として仕事がスタートします。

動画マンとしてスキルが認められると原画を描く「原画マン」へとステップアップすることができ、さらに実力がつけば、作画監督へと全体を取り仕切る立場に変わっていきます。

アニメーターを目指せる年齢は?

アニメーターとして明確な年齢制限はありませんが、高校卒業後に専門学校や大学を卒業し就職するとなると、20代半ばごろまでを採用の目安としている会社が多いようです。

まずは下積みからスタートするため、年をとると収入や体力的につらい面があることも否めません。

また学校に通ってもそれだけで就職できるわけではなく、最終的には自分の画力をアピールして認められる必要があり、逆を言えばいくら人手不足の制作会社でも、必要最低限の力がなければ雇ってもらえません。

そのため、どの学校に通うのかを考えることも大事ですが、アニメーターになりたいという強い気持ちと、普段からたくさんの絵を描くなどして、技術を向上させる姿勢が欠かせません。