ゲームプロデューサーの現状と将来性

ゲームプロデューサーは不可欠な存在

ゲーム制作の場において、ゲームプロデューサーは欠かすことのできない存在だといえます。

プロジェクトの総責任者として、予算・人員・スケジュールのあらゆる面をコントロールし、大勢の開発スタッフをとりまとめていきます。

また、ゲームディレクターやゲームプランナーと一緒に企画段階から入ることも多く、面白いゲームを生み出すきっかけとなるのが、ゲームプロデューサーです。

ゲームプロデューサーはゲーム作りにかける情熱と、専門的な知識・スキルの両方を併せ持ち、制作現場をリードしていく重要な役割を担っています。

ゲームプロデューサーの現状

ひと昔前までは、ゲームといえばアーケードゲームや家庭用ゲーム機で遊ぶのが主流でしたが、現代ではスマートフォンが普及するにつれ、手軽に遊べるライトゲームのユーザーが増え続けています。

これまであまりゲームに接してこなかった女性や中年以降の人なども、手軽にゲームに触れる機会が増えているといわれます。

今後はスマホゲームを中心に、海外展開も視野に入れた新規参入企業がさらに増え、ゲームプロデューサーの求人も増加するものと考えられています。

最先端IT技術の導入などゲーム業界でも変化は激しく、世の中のニーズにマッチする作品を生み出せるゲームプロデューサーの活躍に期待が集まっています。

活躍できるゲームプロデューサーになるために

どれだけゲームプロデューサーの需要が高まっても、長年語り継がれるような大ヒット作を生み出せるゲームプロデューサーはほんの一握りといえるでしょう。

その一握りに入るには、まずはゲーム制作の知識・スキルを地道に磨き、ビジネスのバランスの良い能力を身に付けるだけでなく、自身の強みを見極め、その能力をどう生かしてキャリア形成をしていくかを考えていくことが重要です。

広い視野を持ち、多くの人を動かす交渉術やユニークな発想力などを磨き、自分にしかできない独自のゲーム観を探すことが求められます。