ゲームプランナーのつらいこと、大変なこと、苦労

何でも屋のような役割も担う

ゲームプランナーというと、ゲームの企画やコンセプト設定などゲームの根幹部分に携わるカッコいい仕事というイメージがあるかもしれませんが、実際には、現場の「何でも屋」的な立ち位置になることが多いです。

ただアイデアを出して企画をまとめていくだけではなく、つねにゲーム制作の全体像を見る必要があり、ときには自分でデザインやプログラムまで手掛けることもあります。

別の見方をすると、それだけ幅広く何でもできる人がゲームプランナーとして活躍できるともいえます。

広い視野を持って、現場の状況に応じて臨機応変に行動しなくてはならないことは、ゲームプランナーの大変なところだといえます。

ゲームプログラマーの仕事

各職種のスタッフの板挟みになる

ゲームプランナーは各職種の橋渡しをすることも多く、板挟みになって苦しむことがあります。

プロデューサーやディレクターの意向をくみ取って現場にわかりやすく伝えることもありますし、プログラマーにはプログラマーの、デザイナーにはデザイナーの言い分があり、それぞれの思いを理解しながらも、現場が計画通りにきちんと回るようにコントロールしていく必要があります。

コミュニケーション力が求められる仕事であり、さらに人間関係のストレスを感じることもあるかもしれません。

ゲームディレクターの仕事
ゲームプロデューサーの仕事

労働時間が長くなりがち

ゲームプランナーに限った話ではありませんが、ゲーム制作に携わる仕事は全体的に多忙で、労働時間が長くなりがちといわれています。

その大きな理由としては納期に間に合わせていかなくてはならないことが一番ですが、開発過程で予期せぬバグが発生して緊急対応に追われるといったこともあります。

ビッグプロジェクトに参加した場合、やりがいはあるものの、膨大な業務量を一人で抱えることもあります。

プロジェクトが大詰めになると、毎日のように終電帰りや休日出勤となる可能性もあります。

精神的にも肉体的にもタフさが要求されるといえるでしょう。