ゲームクリエイターとゲームプログラマーの違い

ゲームクリエイターゲームプログラマーの仕事内容の違い

「ゲームクリエイター」と「ゲームプログラマー」は、どちらもゲーム制作に関わる人のことをいいます。

それぞれの特徴について説明すると、まず、ゲームクリエイターとは「ゲームを作る人」のことを総称したものです。

ゲームプログラマーは、ゲームクリエイターの職種の一つといえます。

ゲームプログラマーの仕事内容は、ゲームの企画書や仕様書に合わせ、特殊な開発言語を用いて、意図した通りに動くようにプログラムを組んでいくことです。

どれだけ素晴らしいストーリーやデザインがあったとしても、それだけでは作品として形にし、世に出すことができません。

そこでゲームプログラマーが開発言語を用い、絵や音楽など、ゲームを構成するあらゆる要素のプログラミングをおこない、作品に落とし込んでいきます。

またゲームプログラマーは、ただパソコンに向かって黙々と作業を進めるだけではありません。

たとえば「こういう風にキャラクターを動かしたい」といったデザイナーの要望を汲み取ることも必要になります。

「どのようにプログラムすれば、ユーザーにより楽しんでもらえるものになるか」を考えるための発想力やセンスも要求される仕事です。

ゲームプログラマーの仕事

ゲームクリエイターとゲームプログラマーのなる方法・資格の違い

ゲームプログラマーになるには、プログラミング言語を学び、使えることが唯一の絶対条件であり、特別な学歴などは必要としません。

ただし、はじめからゲームプログラマーを目指すのであれば専門のスクールなどに通い、ゲーム特有のプログラミングを学ぶのもよいでしょう。

ゲームプログラマー以外のゲームクリエイターとしてゲーム業界で働きたい場合は、どのような部署で働きたいか、ゲームのどの部分を担いたいかによって方法や必須資格が変わってきます。

たとえばサウンドクリエイターなら、DTM(デスクトップミュージック)を学び、オリジナリティのある楽曲を制作したり、チームの要望に応えられる応用力が必要になります。

ひとくちにゲームクリエイターといってもさまざまな職種の人々がおり、業務内容も違うので、自分にぴったりな職種は何か、じっくり検討しましょう。

ゲームクリエイターとゲームプログラマーの資格の難易度の違い

ゲームクリエイターはゲーム制作に携わる人の総称として使われることが多く、1つの職種をさすものではありません。

また、ゲームクリエイターもゲームプログラマーも必須の資格というものはなく、技術力がものをいう仕事です。

そのためゲームクリエイターとゲームプログラマーの難易度を比べることはできませんが、向き・不向きがあるといえます。

たとえばチーフディレクターであれば、各ディレクターを取りまとめ、プロデューサー、チーフプロデューサーとの橋渡し役として折衝やコミュニケーション能力がなければ困難な仕事です。

それに対しゲームプログラマーはプログラミング言語を使うことが苦でないこと、合理的で簡潔なコーディングができる力などがなければ、継続していくのは難しい仕事といえるでしょう。

ゲームクリエイターとゲームプログラマーの学校・学費の違い

ゲームクリエイターの養成学校には、大抵の場合ゲームプログラマー志望者向けの学科があるので、そういった意味ではゲームプログラマーとゲームクリエイターの学校や学費はあまり変わらないといえます。

しかしはじめからゲームクリエイターを志望していたわけではなく、プログラミングを学んでからゲームの道に進んだ場合は学校や学費も変わってきます。

プログラミングを学ぶにはさまざまな方法があり、独学で習得すれば学費はかかりませんし、大学に行って勉強するとなればゲームクリエイターの養成学校よりもお金がかかることが多くなります。

さらに、ゲームプログラマー以外のゲームクリエイターでも職種によってはさまざまな方法で習得ができるものがあり、同じ職種でも学校や学費が違うこともあり、一概にこうだとは言いにくいです。

ゲームクリエイターとプログラマーの給料・待遇の違い

他の職種のゲームクリエイターとゲームプログラマーとの給料・待遇の違いは、どの職種と比較するかにより変わってきます。

たとえばゲームサウンドクリエイターとゲームプログラマーでは、どちらもPC作業が多く給与も比較的近いため、給料や待遇の面ではほとんど同じです。

しかし、ゲームプロデューサーゲームディレクターゲームプランナーなどとゲームプログラマーを比較した場合、給料や待遇ともに違いが見られることが多くあります。

特にゲームプロデューサーは現場で仕事をするのではなく、資金繰りをしたり人材を募ったり、対外的な仕事に携わったりすることが多く、より責任のあるポジションとなります。

その分、良い給料がもらえることが多いです。

一方、現場の管理者となるゲームディレクターは、現場の仕事内容を把握しておく必要があるため実務経験がある人が多く、その点ではゲームプロデューサーと比べるとややゲームプログラマーに近い待遇といえます。

ゲームプランナーはゲームプロデューサーと兼務することも多く、おもに仕様書を書くことが仕事であるため、やはりプログラマーとは勤務時間などの待遇面で違いが生じやすいです。

ゲームクリエイターとゲームプログラマーはどっちがおすすめ?

同じゲームを担当するプログラマーでも、バックエンドを得意とする人もいればインターフェースに携わりたい人もいます。

また、得意とするプログラミング言語の違い、どれだけ多くの言語を使ってみたいかなども人それぞれです。

それと同じように、ゲームプログラマーの中でもゲーム制作を主体に働きたいという人と、そうでない人がいます。

プログラミングの知識をゲームの分野でいかんなく発揮していきたいという人にはゲームクリエイターとして働くことをおすすめします。

また、ゲームだけでなくさまざまなプログラムを組みたい、多くのプログラミング言語に触れたいという人は、あえてゲームのみに縛られないプログラマーとして働くほうがよいでしょう。