ゲームクリエイターになるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・専門学校)

ゲームクリエイターになるための学校の種類

ゲームクリエイターは、全体的に見れば学歴がさほど問われない仕事です。

特別な学校で専門的な勉強をせず、独学でゲーム制作の知識やスキルを習得することも不可能ではありません。

ただし求められる学歴はゲーム会社や志望職種によってまちまちであり、大手企業になると「大卒」の人の割合も多くなってきます。

学歴が問われない場合でも、専門学校や大学等でゲーム制作の基礎的な知識を身に付けておくことで、就職に有利になったり仕事が進めやすくなることがあります。

将来、ゲームクリエイターとしてどのような仕事をしたいのかを考えたうえで、進学先を探していくとよいでしょう。

考えられる学校の種類としては、4年制大学・専門学校・スクールなどがあります。

ゲームクリエイターになるには

ゲームクリエイターになるための大学

ゲームクリエイター志望者のなかには、専門学校ではなく、大学を出てから就職する道を選ぶ人もいます。

一般に、「プログラマー」や「CGデザイナー」などの「開発職」を目指す場合、大学卒業の学歴は求められないことが多いようです。

大学の理系学部で情報工学を学んだり、芸術系の大学でCGグラフィックを学べば、その知識もゲーム制作に生かすことができるでしょう。

また、「ディレクター」や「プランナー」などの「企画職」を目指す場合は、より広い視野やマーケティング力などが求められ、大学を出ているほうが有利ともいわれています。

企業によっては大卒であることを応募条件とする場合もありますが、出身学校名が重視されることはあまりありません。

それよりも、嗅覚の鋭さやセンスなどを鑑みて、将来伸びる可能性を感じられる人のほうが採用されやすい傾向にあるようです。

また専門学校や養成スクールが2年程度で卒業できるなか、大学は卒業までに4年間かかります。

その間には、あまり実践的ではない内容の単位も取得しないと卒業できないといったこともあり、それが大学のデメリットといえるでしょう。

学費は私立か国公立かにもよりますが、4年間でおおむね300~600万円程度の大学が多いようです。

ゲームクリエイターになるための専門学校

ゲームクリエイターを目指す人が通う学校として代表的なのが、ゲーム関連の専門学校です。

全国に数多くの専門学校がありますが、ゲーム制作に関連する学科・コースとしてよくあるのは「ゲームクリエイター科」「ゲーム開発学科」といったものです。

学校によっては「プログラマーコース」「プランナーコース」「CGデザイナーコース」など、職種別にコースが分けられていることもあります。

具体的に志望職種が決まっているのであれば、このような職種別のコースを選ぶと、大学に比べてより実践的な学習ができるのが良いところです。

専門学校の在学期間は「4年制」や「2年制」など学校によって異なります。

また「夜間コース」を設けている学校もあり、そこでは昼間にアルバイトや仕事をしながらでも学ぶことができます。

2年制の専門学校へ通うことで、短期間で実践的な内容を学ぶことができ、大卒を目指すより早く就職して実務を経験することができるのはメリットといえるでしょう。

ただし、企業によっては大卒以上の学歴を応募資格としている場合もあり、そういった面では就職の幅が狭くなるのがデメリットといえます。

学費は公立か私立かなどによってばらつきはありますが、2年間で250万~300万円程度であるところが多いようです。

ゲームクリエイターになるためのスクール

ゲームクリエイターのなかでも、サウンドクリエイター、プログラマー、グラフィックデザイナーなどの仕事に関して、より実践に即したかたちで教わることができるのが養成スクールです。

大学を卒業すると学士、専門学校を卒業すると専門士の学歴を得ることができますが、スクールにはそういったものはありません。

その代わり、就職して社会人が仕事をしながら勉強できるよう通信講座が充実しているところや、夜間講座を開いているスクールが多く見受けられます。

プログラミングなどの仕事の経験があり、ゲームクリエイターとしてブラッシュアップをしたい人や、早いうちから業界で働きたい人にはおすすめといえます。

ただし学位は得られないため、就職する際に大学卒などの応募資格が定められている場合、働き口が狭まるのがデメリットといえるでしょう。

学費は、どのような学科に通うかにもよりますがおおむね2年間で250~300万円程度のところが多いようです。

ゲームクリエイターになるための通信講座

ゲームクリエイターになるための専門学校や養成所(スクール)では、通学講座とともに通信講座も開講しているところが多くなってきています。

通信講座ではインターネットで講座を受けることができるため、全国どこからでも受講することが可能です。

パソコンを使っての授業では、その場で講師にチャットなどで質問することができる学校もあるようです。

また、大学や専門学校の通学講座より学費も手頃な価格になっていることがほとんどです。

ただし、常に通信媒体を介してのやりとりのため、個人的な相談は通学している人よりも、しにくいことがデメリットとして挙げられます。

独学でゲームクリエイターになれる?

自分でデッサンやDTM、プログラミングなどを勉強することは可能です。

毎日しっかりと計画的に勉強を積み重ね、まずはアルバイトから始めて経験を積み、ゲームクリエイターになるという人もいます。

そのため独学でゲームクリエイターを目指すのはそこまで困難ではありませんが、自分から勉強したり、アルバイトを探す行動力が必要になってきます。

学校に通っていたり、通信講座などを受けていれば先生に分からない部分の質問をする機会もありますが、独学ではそのような場合でも自力で解決する必要があります。

そのような背景から、アルバイトで実務経験を積み、同じ分野の学校を卒業した人の効率のよいやり方を真似してみたりなど、個人のやる気が成功を左右するといっても過言ではないでしょう。

ゲームクリエイターの学校選びのポイントは?

まず、どのような勉強をしたいかを詳細に考えてみる必要があるでしょう。

たとえばグラフィック関係なら絵画の基礎から学びたいのか、より実践的な授業を受けて希望する職種に就くかによって違います。

また、ゆくゆくはディレクターやプロデューサーなどとして活躍したい、といった場合は大学進学も視野に入れて準備をしなくてはいけません。

その他、学費のことや学校の雰囲気、通信講座ならカリキュラムが自分に合っているものかなども検討する必要があります。

通信講座ではなく通学するといった場合には、2~4年間通う学校のため家からの距離も考慮に入れ、行き来だけで疲労して復習する暇がない、などということがないようにしましょう。

気になる専門学校や大学、スクールに関してはその学校の資料を請求したり、足を運んだりして、雰囲気や行き帰りの電車を確認しておきましょう。

数多くあるゲームクリエイターの学校の中でも、ヒューマンアカデミーはプロによる指導を受けることができ、就職サポートをしてもらうこともできるスクールです。

資料請求は完全無料ですので、ゲームクリエイターに興味がある、ゲームクリエイターを目指したいという気持ちがある人は、無料資料請求してみるとよいでしょう。