ゲームクリエイターに向いている人・適性・必要なスキル

ゲームクリエイターに向いている性格・適性

ゲームクリエイターの中には「企画を考える人」「デザインをする人」などさまざまな役割を受け持つ人がおり、向き不向きはそれぞれの役割により微妙に異なります。

ここでは、ゲーム制作に携わるあらゆる職種の人に共通した適性や、ゲームクリエイターに向いているといえる人のタイプについて取り上げていきます。

豊かな想像力

ゲームクリエイターが制作したゲームに対して、ユーザーから「面白い!」「やってよかった!」といったような価値を見出してもらうためには、そのゲーム独自の世界観を表現することが必要となります。

そのためには、見聞きするあらゆるものから想像力を膨らませていく力があると有利でしょう。

ふと浮かんだアイデアがあれば小さなものでも逐一メモしておくと、あとあと見返したときにさらに想像が膨らみ、そこからゲーム制作のヒントへとつながることもあります。

さまざまなものに興味がある

ゲームクリエイターは、独自の感性を持っていることはもちろんですが、多くの人に受け入れてもらえるものを生み出す必要があります。

そのため普段から芸術作品などに触れたり、流行のものにも広く興味を持ち、豊かな感性を身に付けることが大切です。

日ごろから多くの趣味を持つなど、さまざまな物事に対して興味関心を持っていることで、多くのアイデアを得る機会ができます。

自分の持つ趣味の楽しさをゲームを通して伝えたい、という思いが新たな作品づくりのきっかけとなることもあるでしょう。

また別の観点では、趣味の時間を持つことで仕事とプライベートの切り替えがしやすくなり、時間を有効に使いやすくなります。

人と違うものを好む

ゲームクリエイターは、好奇心旺盛で流行にも敏感である必要がある一方、独自性やオリジナリティといったものも大事になってきます。

もちろん、伝統的なシステム・ストーリー構成のRPGやシミュレーションゲームには、長らく愛されてきた理由があり、ゲーム制作において大切にすべきもののひとつといえます。

しかし、昨今ではゲームの楽しみ方は従来のアーケード型や据え置き機だけではなく、携帯ゲームやスマホアプリ、据え置き携帯共用型など多岐にわたっており、それぞれに合うスタイルのゲームを模索する必要があります。

人と違うものをあえて選ぶ性格は、このような新しい場面において「今までと違うかたちを作る」という点で有利になってくるといえるでしょう。

責任感があり、タフである

ゲーム制作の世界では、何年もかけてひとつの作品を作り上げる場合もあります。

長期間に渡る作業は根気がいりますし、ミスをおかして他の人たちに迷惑をかけないようにしなければいけません。

そのため、自分の任された仕事に対して責任を持って取り組む姿勢や、最後まで諦めずに物事に向き合う姿勢が求められます。

また、ゲームクリエイターは制作スケジュールに従って作業を行うため、予期せぬトラブルなどが発生した場合、残業や徹夜をしてでも作業を続けなければいけないときもあります。

そのような状況に耐えられる体力・精神力を持っている人が望ましいでしょう。

ゲームクリエイターになるには

ゲームクリエイターに必要なスキル・能力

ゲームクリエイターとして必要なスキルもまた、どのセクションで働くかによってまったく変わってくることがあります。

ここでは、ゲーム制作全般において持っておきたいスキルや能力をいくつか取り上げてみましょう。

コミュニケーション能力

ゲームクリエイターの仕事といえば、画面に向かってコツコツと一人で作業するイメージが強いかもしれませんが、実は仲間とコミュニケーションをとることも重要です。

ゲームは大勢の人との共同作業で完成させるため、お互いに協力し合ったり、相手の意図を汲み取って作業する機会も多々あるのです。

また、他のメンバーとの意思疎通がきちんとできていないと、開発現場では「ニーズにそぐわないグラフィックが上がってきてしまう」「音楽がコンセプトとマッチしない」などの問題が起きる原因にもなります。

そういったことを防ぐためにも、自分の想像しているものを正確に伝達できる能力があり、他者ともチームとしていい人間関係を築くことで、より良い作品を生み出すことができるでしょう。

時間管理能力

ゲーム制作では多くの人とやりとりするため、立場によっては1日にいくつものミーティングを行いながら職務をこなすこともあります。

多忙な中でもきっちりと業務を進めていくためには、自分でスケジュールを組んで時間管理ができる能力があると有利でしょう。

仕事の面だけでなく帰宅後の時間管理までしっかりできれば、体調を崩して制作チームに迷惑をかけるような事態を防ぎやすくなります。

忍耐力

多くの人とチームになってひとつの作品を作り上げるには、それぞれの意向をしっかりすり合わせる時間が必要となってきます。

また、企画が通ったあとも、音楽やグラフィック、システムまわりの検討や、プログラマーとの打ち合わせ、デバッガーの手配など、長い道のりが続きます。

制作チーム全員で協力してゲームを作るには、月単位、ときには年単位の時間を要することも少なくありません。

そのような長く手間のかかる仕事を完遂するためには、忍耐力も必要です。

ゲームクリエイターに向いていないのはどんな人?

ゲームクリエイターに向いている性質があれば、多少の努力によって改善が必要な性質もあります。

ここではゲームクリエイターとして活躍するために不利になりやすい性質や課題点と、対策について解説します。

想像力に欠ける

ゲームの世界は基本的にはバーチャルな世界であり、現実の世界とは一線を画す、自由で創造的な空間です。

そのため想像力に富んだ人にとっては「想像を形にする場」として活用することができますが、想像力に欠ける人にとっては「何をしたらいいか分からない空間」にもなりえます。

また、多くの人とのやりとりが必須なゲーム制作の職場では、相手の立場や想いを想像しながらコミュニケーションを取れることは有利に働きます。

日常生活で常に「これが○○だったらどうなるだろう」「この人は何を考えているだろう」など、さまざまに思いを巡らす習慣をつけることで、想像力だけでなく人を思いやる力も育っていくでしょう。

時間管理が苦手

ゲーム制作の現場では、自分のセクションに仕事が回ってきたときに一気に激務となることもあります。

そうしたとき、ある程度の睡眠時間が減ってしまうことは仕方ないことかもしれませんが、激務に追われてまったく余裕を持てないと、大事な場面で倒れるなどといった事態も起こりえます。

自己管理の上でも、計画的に職務を遂行するためにも、時間を管理する能力を付けておいて損はないでしょう。

時間管理はルーティンによって容易となりますので、まずは生活の中でひとつ、時間を決めて何かを行うことを続けてみましょう。

ひとつの物事が習慣化できたらまたひとつ、さらにまたひとつとルーティンを増やしていき、計画的に時間を使うことに慣れていくとよいでしょう。

スキルや能力は鍛えられる

ゲームクリエイターには、コミュニケーション能力や忍耐力が必要ですが、これらは鍛えることができます。

実際に仲間とゲームを作り上げる過程で自然と鍛えられていくため、とにかく実践を繰り返すことが大切です。

ヒューマンアカデミーでは、スキルを身につけるために、在学期間3年で10本ものゲームを作ります。

かなりのハイペースですが、それだけ成長も早くなりますし、長く付き合いが続くような深い関係の仲間もできるでしょう。

就職サポートも手厚く、95.6%の人が卒業後の進路を確保している実績もあります。

ヒューマンアカデミーについて詳しく知りたい人は、無料で資料請求してください。

ゲームクリエイターの「向いてる人」の口コミ投稿

  • 向いてる人
    向いてる人

    ゲームプランナー ふぢいさん

    39歳 男性 経験5年 神奈川県

    退職済み(正社員)


    企画、プログラムといった開発部署、この他にデザイン部、BGM部、モニターデバッグ部などに各パートに別れており、それぞれに納品の発注が必要です。

    同じタイトルに関わっていても、部署が違うと仲間という感覚は少なく、各部署との交渉が必要となるため、特にプランナーの場合は他業界と変わらず、ある程度コミュニケーション能力の高い人の方が向くと思います。