アニメーターの需要・現状と将来性

アニメーターになりたいと考えた時に気になるのは、仕事内容や収入のほか、需要があるのかという点でしょう。

本記事では、アニメーターの現状から将来性、今後の活躍の場などを紹介します。

アニメーターの現状

動画マンの減少

昨今のアニメ業界では、動画の作業を韓国や中国などの海外に任せるケースが増えています。

日本よりも安い人件費で制作できるためですが、その結果、日本のアニメーターの育成が滞ってしまうことが懸念されています。

日本のアニメーションは世界に誇る文化です。

優秀なアニメーターなしでは素晴らしいアニメーションは生まれませんから、国内で優秀なアニメーターを育成することは急務といえます。

3DCG・デジタル作画の普及

一方、コンピュータを使ってアニメーションを作る3DCGやデジタル作画は年々普及しつつあり、すべてをデジタルで行うアニメ制作会社も増えてきています。

作画のデジタル化により作業はより効率的になり、もともと「仕上げ」と呼ばれる人がしていた彩色の仕事をアニメーターが担うことが可能になりました。

手描きには手描きの味や魅力があり、全てがデジタルに取って代わることはないでしょうが、今後のアニメーターには、デジタル作画のスキルがより求められるでしょう。

アニメーターの需要

ソーシャルゲームやアプリでの需要

アニメーターというと、活躍の場はアニメーションに限られていましたが、スマートフォンの普及によりソーシャルゲームやスマートフォンアプリでも高い需要が見込まれています。

こうした企業で働くアニメーターは2DアニメーターやWebアニメーターなどと呼ばれ、アニメ制作会社よりもよりよい環境で働けることが多いようです。

海外への業務委託

制作費削減のために人件費の安い海外アニメーターへの業務委託が増えています。

今後、国内のアニメーターはどんどん実力をつけてくる海外のアニメーターと競争しかなくてはならないでしょう。

アニメーターの将来性

これまで海外に仕事を業務委託してきたことで、優秀なアニメーターの海外流出、国内のアニメーターが育たないといった問題が起きています。

日本でアニメーターが育たない理由のひとつとして、長時間労働や低賃金などが挙げられます。

これを受けて、近年ではより働きやすい環境を整えるアニメ制作会社も増えてきています。

アニメーターの今後の活躍の場

いつまでも現場で働き続ける人もいますが、キャリアアップしたり、アニメーターの経験を生かして転職したりする人も多くいます。

    さまざまな活躍の場
  • 作画監督
  • アニメーション全体に関わる演出家や監督
  • アニメーション制作会社やプロダクションを設立
  • 漫画家イラストレーターなどへの転身

アニメーターの需要のまとめ

昨今のアニメ業界では、動画の作業を韓国や中国などの海外に任せるケースが増えています。

日本でアニメーターが育たない理由として、海外への業務委託のほかに長時間労働や低賃金などが挙げられます。

これを受けて、近年ではより働きやすい環境を整えるアニメ制作会社も増えてきています。

3DCGやデジタル作画は年々普及しつつあり、今後のアニメーターにはデジタル作画のスキルがより求められるでしょう。

国内のアニメの制作数はますます増え、ゲームやスマートフォンアプリまで活躍の場は広がっています。