声優のオーディションにはどんな種類がある? 応募方法は?

声優のオーディションとは?

オーディションには、「声優養成所、または事務所やプロダクションに所属するためのオーディション」と「作品の役別のオーディション」の2種類があります。

声優の仕事をするには、まず養成所やスクールなどで声優の基礎を学んで事務所やプロダクションに所属します。

新しいアニメなどの仕事があると、制作側から各事務所に声がかけられ、声優たちはオーディションを受けて、仕事をとってくるという流れが一般的です。

ベテランになると、オーディションを受けずに指名で仕事をもらうこともありますが、そのレベルに達するにはかなりのキャリアや人気が必要となるため、声優を志す人、また声優の仕事を続ける人にとって、オーディションは避けられない道といえます。

オーディションの内容

声優養成所・事務所(プロダクション)のオーディション

まずは、履歴書をもとに書類選考にかけられます。

これを第一次審査とするケースも多いので、丁寧にしっかりと書類を記載することを心がけましょう。

声優は自分自身を売り込むことが大切なので、写真も大きなアピールポイントとなり、プロのカメラマンに撮影してもらうという人も少なくありません。

オーディション当日は、面接と演技審査が行われるのが一般的です。

養成所や事務所のオーディションにおける年齢制限はまちまちで、「20代後半まで」としているところもあれば、「65歳まで可」というところまで幅広く、経験に関してはたいていの場合「未経験者可」となっています。

実際に未経験の人がオーディションを受けることも多いので、自信を持って応募しましょう。

事務所内のオーディション

声優事務所にも多くの声優が所属しているため、制作側からオーディションの話があっても、「女子高生の役に合いそうな声優を3人出してほしい」など事務所からオーディションに出せる人数はあらかじめ決められていることがほとんどです。

事務所側も、所属している声優を全員オーディションに出すわけにはいかないため、まずは実際のオーディションの前に事務所内でオーディションをするというところも多くあるようです。

役別のオーディション

テープオーディション

テープオーディションとは、宣伝素材として事務所で作成するボイスサンプルや書類を送ったり、オーディション用の原稿を録音して送ったりすることです。

多くの場合は、制作側からキャラクターの簡単な設定やセリフが送られてくるので、それを事務所のスタッフと相談しながら役作りをして録音し、制作側に送ります。

そのほか、事務所があらかじめ作ってあったボイスサンプルを使って応募したり、製作スタッフが気になる声優のボイスサンプルを使ってオーディションに応募したりすることもあるようです。

スタジオオーディション

アニメや映画などのオーディションの場合は、制作側から決められた日程に応募者が集まり、監督や制作スタッフがいるスタジオなどでオーディションが行われます。

たいていの場合、あらかじめ役に関する資料や実際の画像などを渡され、その場で簡単なセリフを順番に演技するのが一般的です。

このオーディションでは「役のイメージに合うか?」ということがもっとも重視されているため、どれだけ経歴があり声優としてスキルがあったとしても、役のイメージと声があっていなければ不合格となってしまいます。

また製作スタッフから指示を受けて、どれだけ柔軟に対応できるかというところも決め手になるようです。

また、声優の専門学校によっては社内で独自のオーディションを開催している場合があります。

特にヒューマンアカデミーは、プロダクションや有名声優との強力なタッグがあるため、年間350回以上学校内でオーディションを開催しています。

資料請求は、完全無料になっていますので、オーディションについて気になるという人や、少しでも声優を目指したい気持ちがある人は、まずは無料資料請求してみることをおすすめします。