「アニメーター」とは

アニメーター_画像

絵コンテに従い、アニメーションの基となるキャラクターや背景の絵を細かく描く。

アニメーターは、アニメ制作会社や制作プロダクションにおいて、アニメーションの基となる一枚一枚の絵を描く仕事です。

動画の基本となる原画を描く原画マンと、原画と原画の間のコマの絵を描く動画マンに分かれています。

動画マンは原画と原画をつなぎ動きを与える絵を、原画マンが指定した枚数描きます。

アニメーターになるための決まったルートはありませんが、美術系の大学やアニメーター養成のコースがある専門学校で、デッサンやデザインの基礎を学び、アニメ制作会社に入社するルートが一般的です。

アニメーターの労働環境は過酷なものとして知られていますが、中国などの人件費が低い国に作画の仕事を任せるという流れもあり、国内のアニメーターの待遇改善が望まれています。

「アニメーター」の仕事紹介

アニメーターの仕事内容

アニメーションの動きを絵にする

アニメーターは、アニメーションで使われるキャラクターや背景などの動きを1枚1枚の絵に描く仕事です。

アニメーションはいくつもの工程がありますが、そのうちアニメーターは「作画」といわれる部分を担当しています。

絵には「原画」と「動画」の2種類があり、原画とはアニメーションの動きの中でポイントとなる絵、動画は原画と原画の間に挟まる絵を指します。

現場では、原画を描く「原画マン」と動画を描く「動画マン」が別々に存在し、新人はまず動画から担当することが一般的です。

動画がしっかり描けるようになると、そのうち原画を任されるようになり、原画マンとしても実力が認められれば「作画監督」という、いわば原画マンや動画マンのリーダー的な立場の仕事ができるようになります。

アニメーターの就職先・活躍の場

アニメ制作会社やプロダクション

アニメーターの就職先は、アニメ制作会社が中心です。

大手の制作会社の場合はテレビ局と直でつながっていることが多く、アニメ制作の企画提出から納品まで、基本的にすべての工程を自社で行うので、制作工程を全体的に学ぶことができます

大手制作会社のほかに、中小の制作会社や「プロダクション」もあり、大手制作会社から仕事を請け負って制作業務のみを行う、いわゆる「下請け」の会社が多くなります。

なお、制作会社やプロダクションはほとんどが東京に集中しています。

アニメーターの1日

アニメーターの業務スケジュール

制作会社に所属するアニメーターの場合は、勤務時間が決められている職場もあれば、それぞれ仕事内容に応じて自由な時間に働くなど、きっちりと決められていない職場もあります。

フリーランスとして働いている場合は、決まった勤務時間はないことが多く自宅で働いている人の場合は、仕事量や締め切りに応じてまちまちです。


<アニメ制作会社で働くアニメーターの1日>
10:00 出社
10:15 作画作業
13:30 休憩
14:30 作画作業
19:00 作業終了
20:00 帰宅
22:00 デッサンの練習
00:30 就寝

アニメーターになるには

まずは画力を身に付ける

アニメーターに一番に求められるのは、プロとして仕事をこなせるだけの「画力」です。

画力は独学で向上させることもできますが、一般的には学校に通ってスキルを身に付ける人がほとんどです。

アニメーションの専門学校や美術系大学、アニメーション学科のある大学に通えば、アニメーターになるのに必要な基礎的なスキルは身につくでしょう。

その上で、アニメーションの制作会社やプロダクションに就職し、アニメーターとしての一歩を踏み出す人が多いです。

アニメーターの学校・学費

専門学校か大学か

アニメーション系の専門学校には、アニメーターをはじめ、演出や制作進行、キャラクターデザイナーなど、アニメーション制作に関連する仕事を目指す人のための学科が集まっています。

専門学校の場合、就職を見据えて実践的な講義が中心となっています。

全国の美術大学、芸術大学をはじめ、アニメーション系学部・学科を置く4年制大学は多くあります。

大学の場合は、一般教養やデザインの理論・歴史など、幅広く知識を身につけることを目的としている場合が多いのが特徴です。

アニメーターの資格・試験の難易度

特別な資格は必要なし

アニメーターを目指す上で特別な資格は必要ありません。

一番必要とされるのは画力なので、画力さえあればだれでもアニメーターになれるといえるでしょう。

ただし、独学で絵の練習はできるものの、自分の描いた絵の良し悪しを客観的に判断するのは難しいです。

そこで、自分で描いた絵を制作会社やスタジオに持ち込んで、プロに見てもらうという方法があります。

大手制作会社は受け付けてくれないことも多いですが、中小の会社であれば会ってくれる可能性が高く、就職につながることもあります。

アニメーターの給料・年収

収入は歩合制

アニメーターの給料は、基本的に「歩合制」となっています。

たとえ制作会社やスタジオに所属していても、こなした仕事に応じた報酬という形で収入を得ていて、1枚あたりの出来高制であるため、給料を稼ぐためには、大量の絵を描くしかありません。

仕事をこなせばこなすほど収入は増えますが、誰でも1日の作業量には限界があり、新人のうちは頑張っても月に5万円から10万円程度しか稼げない人も少なくありません。

アニメーターを目指す場合、苦しい生活になる可能性があることも考えておいたほうがよいでしょう。

アニメーターのやりがい、楽しさ

自分の絵が形になる

アニメーターが喜びを感じられるのは、自分が描いた絵が鮮やかに色付いて命が吹き込まれ、テレビや映画の中でいきいきと動いているのを見た瞬間です。

経験を積んで一人前になると、作品の最後に流れるスタッフロールに自分の名前が載ることもあります。

自分が手がけた作品が世に出れば、仕事に誇りを感じられますし、大きな達成感も味わえるでしょう。

またアニメーターを目指す人は、アニメが大好きという人がほとんどのため、毎日好きなアニメに携わる仕事は、やりがいを感じられるでしょう。

アニメーターのつらいこと、大変なこと

画力とスピードが求められる

アニメーターは、好きなものだけでなく、作品によって毎回違うニュアンスの絵を描かなければなりません。

何度もやり直しを指示され、自分の画力に自信を無くしてしまう人も少なくないようです。

また、作業スピードも重視されます。

給料が歩合制である以上、描くスピードが遅ければ、収入を得ることができません。

アニメーターを夢みていたけれど、いざその生活がスタートすると現実の厳しさを感じて辞めてしまう人も少なくありません。

アニメーターに向いている人・適性

アニメーションが好き

アニメーターは、アニメーションを見るのが好きなことはもちろん、自分でつくることに興味を持てる人が向いています。

この仕事は想像力を働かせなければならない部分もありますが、単純作業の繰り返しという面もあります。

新人のうちは単純作業に集中力を失ってしまったり、画力に自信を無くしてしまったりする人も少なくありません。

それでもアニメーションが好きであれば、仕事が楽しいと前向きに思えるでしょう。

「好きこそ物の上手なれ」という言葉もあるように、好きであることが上達にもつながります。

アニメーター志望動機・目指すきっかけ

アニメーションが好き

アニメーターの一番の志望動機は、やはり「アニメーションが好き」ということです。

「自分も作る側の立場になりたい!」「こんな作品を作ってみたい!」という気持ちでアニメーターを目指す人はたくさんいます。

毎日毎日アニメのキャラクターや背景を描き続けるのは、好きでなくては務まりません。

また画力アップのためには、さまざまなアニメ作品を見ることも大事です。

アニメーションの絵に命を吹き込んで、作品制作の一端を担いたいという人には、まさに天職といえる仕事でしょう。

アニメーターの雇用形態・働き方

フリーランスのアニメーター

フリーランスのアニメーターとは、制作会社やスタジオに所属せず、自宅などで、一人で仕事をする人のことです。

フリーランスの人たちは制作会社と個別に契約して一定の業務を任され、給料は仕事ごとに定められた報酬が収入となります。

アニメーターの場合は半数以上がフリーランスであるともいわれ、制作会社やスタジオで社員同様に働いていても、実際はフリーランスということもあります。

逆にフリーランスのアニメーターが何人も集まって、スタジオを借りて一緒に仕事をすることもあります。

アニメーターの勤務時間・休日・生活

厳しい労働条件

アニメーターの多くはフリーランスであるために、勤務時間は決まってないことが多いです。

歩合制で収入を得ているため、少しでも稼ぎを増やすために長時間労働をしている人も少なくありません。

動画はそもそもの単価が安いために、何とか生活できるだけの収入を得ているような実態もあります。

ただし、近年はアニメーターの厳しい賃金制度や労働環境が問題視されることも増えているため、少しずつ状況は改善していくのではないかと考えられています。

アニメーターの求人・就職状況・需要

アニメ業界は人材不足

現在、アニメーターは業界全体として不足していて、求人数自体は多いといえるでしょう。

募集をかけても一部の大手制作会社に人気が集中しやすく、中小の制作会社やプロダクションには人が集まらないといった状況もあるようです。

ただし、いくら人手不足であっても、ある程度の画力がなければ採用は難しいです。

学校でアニメーションの基礎的な勉強をした経験があるか、独学でもきちんとしたポートフォリオを作り、最低限のスキルがあることを証明する必要があります。

アニメーターの転職状況・未経験採用

実力をつけてから大手へ転職

有名なアニメを手掛けているような大手の制作会社は人気があり、入るのは非常に難関であるため、まずは中小の制作会社やスタジオに入ってアニメーターとしての技術を磨き、実力がついたところで大手へ転職をする人も多くいます。

最初から希望の制作会社に入れれば理想的ですが、まずはとにかくアニメ制作の現場に入り、スキルアップを目指していくことも大切です。

即戦力を求める求人も多いため、一度でも経験があれば採用される可能性は高まるでしょう。

アニメーターの現状と将来性・今後の見通し

海外に負けない画力を

昨今のアニメ業界では、「動画」の作業を、韓国や中国などの海外に任せるケースが増えています。

アニメ制作費が削られている中、日本よりも安い人件費で制作できるというのが一番の理由ですが、その結果、日本のアニメーターの育成が滞ってしまうことが懸念されています。

日本のアニメーションは世界に誇る文化です。

デジタルが発達した時代だからこそ、手描きで作画ができる優秀なアニメーターの育成が急務で、優秀なアニメーターなしでは素晴らしいアニメーションは生まれないでしょう。