ゲームプロデューサーの勤務時間・休日

ゲーム業界は激務?

ゲーム業界は多忙といわれることがしばしばあります。

皆さんも、ゲーム開発現場に対して勤務時間はあってないようなもの、長時間の残業や休日出勤も当たり前といったイメージを抱いている人もいるかもしれません。

しかし、ゲーム業界における実際の忙しさは、どこで働いているかと、その人がどんな仕事をしているかによってだいぶ異なってくるのが実情です。

一般的には、ゲーム開発の現場ではスケジュールが押したり、不具合などの問題が出れば、早出残業や休日出勤をしてでも対応しなくてはなりません。

また、納品前の追い込み時期には泊まり込んで調整や管理に奔走するといった場合もあるといわれます。

とくに新人ゲームクリエイターは、まだ仕事に慣れていない中でさまざまな雑務も任されることが多く、残業時間が増えたり休みがとりづらかったりすることがあるようです。

ゲームプロデューサーの勤務時間は?

しかし、管理職であるゲームプロデューサーの立場になると、比較的自分で仕事をコントロールしやすくなるでしょう。

「裁量労働制」となっている場合も多く、出退勤の時間はその人が抱えている業務によって、ある程度自由に決めることができます。

10:00〜19:00くらいを基準に働くことが多いようですが、状況によっては午後から出社したり、逆にもっと早く出社して夕方頃に仕事を終えるといったことも不可能ではありません。

ただし、ゲームプロデューサーは社内会議に出席することが多く、チームのマネジメントやスケジュール・予算管理、部下から上がってきた案件のチェック、対外的な交渉事など、日々多様な業務をこなさなくてはなりません。

日によって働く時間も変わってくるのが実情です。

そういった不規則なライフスタイルになりがちということは確かです。

休日について

会社勤務のゲームプロデューサーは、基本的には土・日曜日に休みをとることが追いようです。

ただし、ときには休日出勤をして平日終わらなかったデスクワークを片付けたり、動いている開発現場に指示を出しています。

また、業界に関連した展示会やイベントへの出席、取引先との会食といった、オフィス内での日常業務以外に時間を使うこともあります。