ゲームプロデューサーになるには

ゲーム関連企業へ就職する

ゲームプロデューサーになるために、決まりきった道はありません。

ひとついえるのは、ゲーム制作の総責任者となるゲームプロデューサーは、ゲーム制作に携わる職種のなかでも高度なスキルが要求され、さらにゲーム制作の全体像を理解していなくてはなりません。

そのため、未経験者や経験の浅い人が、いきなりゲームプロデューサーとして第一線で活躍するのは難しいのが実情です。

一般的には、ゲームメーカーやゲーム開発会社へ入社し、「ゲームプランナー」や「ゲームディレクター」など「企画職」といわれる職種に就いて、キャリアアップしていくことになるでしょう。

ゲームプランナーの仕事
ゲームディレクターの仕事

なかには「ゲームプログラマー」などの「開発職」を経て、ゲームプロデューサーになる人もいます。

ゲームプログラマーの仕事

いずれにしても、まずはクリエイターとして開発に関わり、ゲーム制作の専門的な知識や技術を蓄える必要があります。

どんな学校で学ぶべき?

ゲームプロデューサーになるために、絶対に通わなければならない学校はありません。

学歴もあまり重視されませんが、一部の大手ゲームメーカーでは、企画職として就職するには「大卒以上」の学歴が求められる場合があるようです。

大学でプログラミングやグラフィックデザインについて学んだり、ゲームクリエイター系の専門学校で実践的なスキルを身につけておくと、就職に有利になることがあります。

ただし、ゲームとまったく関係ない勉強をしてきた人でも、熱意次第では採用されることもしばしばあります。

ゲーム業界は若い人が多数活躍しており、就職時点の能力よりも、これからどれだけ伸びるかといった可能性重視で採用されるケースも多いとされています。

まずは業界に入ること

ゲーム業界は人気が高く、とくに大手ゲームメーカーや、人気作品を手掛けているゲーム開発会社の就職試験は高倍率となることも多いようです。

正社員としての就職は狭き門になりますが、ゲームクリエイター系の職種はアルバイトの募集も多く出ています。

雇用形態に関わらず、まずは業界に入り込み、地道に知識やスキルを身につけて実績を残し、転職しながらステップアップするのも一つの手といえるでしょう。

ゲーム業界では、業界で働いた実績は高く評価されやすいです。

ちなみに、ゲーム業界では中途採用も活発に行われていますが、異業種でプロデューサーを勤めた経験があれば、ゲーム業界未経験でも即戦力として採用される可能性はあります。

今は家庭用ゲーム機のソフトのほか、スマートフォン用アプリやPC用オンラインソーシャルゲームなど、土台となるゲーム環境は多岐に渡り、新規参入企業も増えてきています。

大手企業にこだわらなければ、求人は探しやすいでしょう。

ゲームプロデューサーを目指すなら転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途でゲームプロデューサーを目指す場合には、転職エージェントに登録しておくのもおすすめです。

転職アドバイザーから、業界情報を聞くことができたり、ゲームプロデューサーの「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っている、そもそもゲームプロデューサーが自分に合っているか不安という段階でも、専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができます。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20s」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ両方とも登録して気軽に相談してみてください。