声優になるためにはどんな勉強やトレーニングが必要?

声優に必要なこと、求められるもの

演技力・表現力

声優の活躍のフィールドは広く、アニメーションや洋画の吹き替えやナレーションなど多様な仕事をしています。

どんな声優にも共通して求められるのは「演技力」と「表現力」です。

声優は「声」で人々の感情を動かすプロフェッショナルです。

高い演技力や表現力を持ちあわせていなければ、人に元気を与えたり楽しませたりすることはできません。

国語力

声優は高い学歴が求められるような仕事ではありませんが、勉強ができなくてもよいというわけではありません。

言葉を扱う仕事であるだけに、文章表現や言葉について敏感になっておくことが必要です。

仕事をする際には必ず台本を読むことになりますが、難しい台本でもスラスラと読みこなす力や、書いてあることの意図や意味をスムーズに理解できる力があると、仕事をするうえでは大いに役立ちます。

また外国映画の吹き替えをする場合は、舞台となる国の歴史や文化について知っているほうが説得力は増すでしょう。

協調性と豊かな人間性

アニメや映画などの作品は、監督や音響スタッフなどの大勢の関係者や共演者の力を合わせて作られていきます。

声優の仕事では現場ごとに多くの人と関わり合うため、仕事をうまくこなしていくためにも、周囲の人に愛されるべき人材であることは重要です。

信念や理想

声優として成功するためには実力はもちろんのこと、運やセンス、人脈なども必要になため、思うような活躍ができないこともあるかもしれません。

また自分の声だけで勝負する仕事ですから、かかるプレッシャーも大きく、一度失敗すれば他の人に仕事をとられてしまう可能性もあります。

そうした厳しい環境の中で生き抜いていくためには、確固たる信念が必要です。

「こんな声優になりたい」「こんな作品を作りたい」など、夢や目標、情熱を持ち続けられる人だけが成功できる仕事ともいえるでしょう。

声優として長く活躍したいのであれば、うまくいかないことがあっても決して諦めずに、前向きに努力を続けていくことが欠かせません。

声優のトレーニング

発声練習

発声練習は、声優にとって最も基本的なトレーニングです。

発声練習には、口の開け方・早口言葉・呼吸法など、さまざまなものがあります。

これらは声優の養成所や専門書などを通して学ぶことができますが、一朝一夕で身につくものではありませんから、日々ボイストレーニングをし美しい声を出せるように練習し続ける努力が欠かせません。

声優がセリフを読む際には、滑舌のよさやリズム感、アクセントなど気をつけなくてはならないことが山ほどあります。

「声」で勝負する職業だからこそ、正しい発声技術を身につけることは不可欠といえます。

表現力や創造性を高める

声優として活動していくためには、表現力や創造性を養うことも欠かせません。

映画やドラマを見てプロの役者から演技を学んだり、音楽を聴いたり、本を読んだりと、さまざまな芸術表現や情報に触れることで、日常的に感性を高める姿勢が大切です。

こうした努力の結果は、すぐに現れるものではないかもしれませんが、長く声優として生きていくうえでは大きな力となります。

表現者として自分の中の引き出しが増えていけば、どんな役がきても対処できるようになるほか、自分自身の個性を養うのにも役立ちます。

健康管理

声優は、自分の身体が資本です。

声優の仕事には代役がいないため、普段から健康管理をしっかりとすると同時に、基礎体力をつけて元気な身体をつくっておきましょう。

しっかりとした身体があってこそ、安定した声も出せるようになるため、日々積極的に身体を動かすことが大切です。

読解力を高める

声優はただ台本に書かれたことを棒読みするだけでは一流の声優とはいえません。

物語の背景やキャラクターの性格を理解し、自分のものにするためにも、普段から本や新聞などをよく読んで読解力を高めておくことが大切です。

また小説に登場するさまざまな人物の役になり切ってセリフを読んでみる訓練なども、表現力を高めるうえでは役に立つでしょう。

表現力を高めるために

声優は、役の感情を適切に表現する能力を身につけていなければいけません。

しっかりとキャラクターの心情が表現できていなければ、アニメや映画を観ている人にとっては、感情移入できないまま終わってしまうでしょう。

そのため、表現力を高めるために演技やダンスのレッスンに励んだり、プロの声優の演技にたくさん触れたりして、良いところはどんどん盗んでいくよう努力が欠かせません。