ゲームプロデューサーの就職、求人、募集の状況

まずはゲーム業界で経験を積む

ゲームプロデューサーは、基本的に学校を出たばかりの人や、業界未経験者の人がなることは難しい職種といわれています。

その大きな理由は、ゲームプロデューサーはゲーム制作の全体像を理解したうえで、マネジメント力や交渉力、企画力といったビジネスの幅広いスキルも求められる仕事であるからです。

したがって、一般的にこの職種を目指す人は、まずゲームメーカーやゲーム開発会社へ就職する必要があります。

そして、まずはクリエイターとして開発に関わり、専門的な知識や技術を蓄えていきながらステップアップを目指すのが第一歩といえます。

さまざまな道のりでゲームプロデューサーになる人がいる

ゲームプロデューサーになる道のりは一本ではありません。

たとえばゲームプランナーなど、おもに「企画」を担当する職種を経てゲームプロデューサーになるケースもあれば、ゲームディレクターとして現場監督的な立場で経験を積んでキャリアアップするケース、またゲームプログラマーやサウンドエンジニアなどの開発職からゲームプロデューサーになるケースも見られます。

いずれにしても、ゲームプロデューサーはプロジェクト全体の総責任者となるため、豊富な経験を積んだ人がなるのが一般的です。

ゲームプログラマーの仕事
ゲームディレクターの仕事
サウンドクリエイターの仕事

新規参入企業も増えている

新卒採用で入社する場合は、上記のような道のりをたどってゲームプロデューサーを目指すことになるでしょう。

ただし、中途採用(キャリア採用)の場合には、異業種でプロデューサーという職種を勤めた経験があれば、ゲーム業界未経験でも即戦力として採用される可能性はあります。

最近では家庭用ゲーム機のソフトのほか、スマートフォン用アプリやPC用オンラインソーシャルゲームなど、土台となるゲーム環境は多岐に渡り、新規参入企業も増えてきています。

ゲームプロデューサーとしての求人も増えているため、大手にこだわらなければ求人は探しやすいでしょう。