アニメーターの作画・原画・動画の違いは?

アニメーションにおける作画・原画・動画

日本のアニメーションでは、原画と動画の工程を「作画」と呼び、これらを監督する人を「作画監督」と呼びます。

日本の商業アニメーションではこの作り方が慣習となっていますが、諸外国ではこうした工程をとらないことも多くあります。

原画とは?

原画を作成する流れ

原画とは、動画の元になる絵のことです。

原画を担当する人は「原画マン」と呼ばれ、演出担当と打ち合わせをして絵コンテを元に簡単なレイアウトを描きます。

そのレイアウトを元に演出が作画監督と打ち合わせをしてカメラワークや背景などを含めた細かな指示を付け加え、原画マンの元に戻します。

複数の原画マンが協力して作成する

複数人で担当する場合は、キャラクターごとやカットごとに原画を分担します。

日本では主にカットごとに原画を担当しますが、担当するカット数が短いと全体の統一感を得られなくなるため、最終的に作画監督が全体を直すこともままあります。

もともと原画は紙と鉛筆で一つ一つ描かれていましたが、現在はデジタルでの作業が一般的となり、ペンタブレットやイラスト制作ソフトを利用し、デジタル原画として作成することがほとんどです。

第一原画と第二原画

制作工程が詰まっている場合など、もともとの原画マンがラフを描き、ほかの原画マンがそのラフを原画として仕上げることもあります。

この場合ラフを描く人を「第一原画」、ラフから原画に仕上げる人を「第二原画」と呼びます。

第二原画はおもに新人の原画マンが実力をつけるためにする仕事とされています。

近年はCGを使うアニメが増え、CGのガイド役として原画マンがラフを描いたり、あらかじめ作られたCGを元に原画を描いたりすることも多いようです。

動画とは?

動画とは原画と原画の間を保管するように埋める絵を描く作業で、あらかじめ決められたタイムシートの支持を受け決められた枚数を制作します。

原画の工程ごとに責任者や管理者がおかれ「動画検査」を行い動画の修正や描きなおしを指示します。

動画を担当する人は「動画マン」と呼ばれ、一般的に新人アニメーターの仕事とされ、動画マンとして下積みをしスキルが認められると原画マンに昇格します。

作画とは?

作画とは、この原画と動画を制作する一連の工程のことです。

作画監督とはこの原画と動画を統括する責任者であり、全体の動きをチェックして指示を出したり、ばらつきのある原画や動画を見通し、全体のバランスを考えて細かな修正をしたりします。

テレビアニメの場合は「総作画監督」が置かれることもあります。

これはテレビシリーズの場合話数ごとに作画監督がおり、全体の作画ごとの差を細かく補正するためで、キャラクターデザインの担当者が兼務することが多くなっています。

こうした作画は主に動きのあるキャラクターに関してのみを指し、背景については作画監督でなく美術監督と呼ばれる別な人が担当するのが一般的です。