声優のやりがい・楽しさ・魅力

声優のやりがい・楽しさ

声優は画面の中のキャラクターに対して、声で命を吹き込む仕事です。

アニメにしろ洋画にしろ、自分が担当する人物になりきって演じることが求められます。

台本を読み込みながら「このキャラクターはどんな風に生きてきたのだろう」「このシーンでは、どのような気持ちになっているのだろう」などと思いを巡らせることで、あたかも自分が本当にその人物として生きるかのような気分が味わえます。

ときには、普段の自分の性格とはかけ離れた役を演じることもありますが、さまざまな役を経験することで、たくさんの人の人生に触れたような気持ちが味わえます。

声だけで表現する難しさ

身体表現を通して人々に感動を与える役者や俳優とは違い、基本的に声優は自分の声だけを使って感情を表さなくてはなりません。

簡単そうに見えて実はとても難しく、声優の仕事で最も大変なことともいえます。

新人のうちは、「こういう風に演じたい」と頭ではわかっていても、なかなか思うようにできず壁にぶつかることもあるかもしれませんが、地道にトレーニングを重ね、経験を積むことで、必ず実力はついていきます。

最初は思うように表現できなかったことが上手に表現できるようになったときには、自分の確かな成長を実感できるでしょう。

自分の仕事が評価される

声優として最もやりがいを感じる瞬間の一つは、自分が関わった作品がヒットしたり、自分が演じた役に対して良い評価をもらえたりしたときです。

制作スタッフから褒めてもらうこともありますが、人気が出るとファンから直接メッセージをもらうこともあります。

声優として活躍する人は、自分の声で多くの人を喜ばせたり、感動させたりしたいという気持ちを持っています。

自分の仕事を第三者に評価してもらうことで、より自信を持つことができるのです。

声優の仕事内容

声優の魅力

活躍のフィールドが広い

声優といえばアニメーションのキャラクターを演じるイメージが強いかもしれませんが、それ以外にも、外国映画の吹き替え、テレビやCM、ラジオなどのナレーション、ラジオパーソナリティ、ゲームのキャラクターボイスなど実に多種多様なフィールドで活躍しています。

近年では声優からさらに活動の場を広げ、アーティストやアイドルとして人気を集める人もいます。

世の中で声を必要とされる場面は数多くあるだけに、自分の意思によって、さまざまな方面で活躍しやすいことは、この仕事の魅力だといえるでしょう。

普段とは違う自分になれる

声優は、仕事を通してさまざまな役柄を演じます。

普段の自分では言えないようなセリフも、キャラクターの言葉だと思えば簡単に言えることができ、本当の自分とは違う自分を疑似体験できるという面白さがあります。

また、声優は役者などとは異なり、基本的に表に出ることはありません。

それだけに大人が子どもの声を演じることもよくありますし、女性が男性役を演じることも珍しくなく、年齢や容姿関係なく、さまざまな役を演じられる面白さは、声優の仕事ならではです。

多くの人と協力して作品を作る

声優の仕事の何よりの魅力は、自分の声で世の中の人々の心を動かし、感動を与えることができるところです。

自分の声で人を魅了することができれば、たくさんのファンが付く人気声優として名を残すこともできるでしょう。

しかし、声優は自分一人だけで仕事をするわけではありません。

アニメや映画作品に関わる場合にしても、共演者や監督など、たくさんの仲間と協力して一つのものを完成させていくため、大勢のスタッフが一緒にものづくりをする喜びや充実感を味わえるのも、声優の仕事の魅力です。