ゲーム制作会社社員の勤務時間・休日・残業は多い?

ゲーム制作会社社員の勤務時間

大手ゲーム制作会社では、多くの会社でフレックスタイム制を採用しています。

制作スケジュールや仕事量の変化も激しいため、できるだけ時間的な制限をなくし働きやすい環境にするためと考えられます。

コアタイムだけは定めてあとは自由に勤務という会社もあり、比較的柔軟な勤務体制を取っているのがゲーム業界の特徴です。

ゲームのリリース日は決まっているため、間近になれば時間に追われることも多くなるため、勤務時間にメリハリを付けた働き方が求められるでしょう。

ゲーム制作会社社員の休日

同じく大手ゲーム制作会社を例にすると、土日休みの完全週休2日制を採用しています。

もちろん祝日も休みですし、年次有給休暇や夏季休暇、年末年始休暇の制度もあります。

休日に関して、一般的な企業と同様にしっかり整備されているので安心して働くことができます。

ただしスケジュールありきの仕事ですので、納期は発売日が間近になれば休日出勤をして対応することもあるでしょう。

特にオンラインゲームの場合はリリース後の運営も大事ですし、万が一トラブルが発生すればやはり休日に出社して対応することも考えられます。

リリース後に時間が取れるようであれば、有給休暇を取得してリフレッシュすることも大事です。

ゲーム制作会社社員の残業時間

納期やリリース日が近づくにつれ業務も圧迫され残業は発生すると考えられます。

場合により深夜になっても作業をしていたり、徹夜で作業をするケースもあります。

職種により差はあり、上流工程にあたるプランナーなどよりは、下流工程にあたる開発系職種、例えばプログラマーなどの作業スケジュールはタイトになりがちです。

2018年のデータになりますが、転職サイトdodaの調べによると、ゲーム業界の残業時間は月45.3時間でした。

これは残業の多い職種のランキングでトップという結果になっており、残業は多めといえるでしょう。

ただし近年は働き方改革が推進されており、残業時間は厳しく制限されています。

違反をすれば会社にペナルティーが課せられますし、ゲーム業界に限らず健康的な観点からも残業に対する考え方も変わってきています。

それでも残業そのものがゼロになることは考えにくく、これからゲーム業界を目指す人は残業ありきの世界ということは認識すべきでしょう。

ゲーム制作会社社員は忙しい?激務?

紹介してきたように、ゲーム業界は忙しい分類に入るといえます。

会社によって違いはあるにせよ、残業はあるものと思っていた方がよく、時期やスケジュールにより深夜まで残業をするケースもあります。

そのため、忙しくない時期にはしっかり休日を取り、メリハリを付けた働き方が求められます。

忙しい業界ではありますが、話題性が高かったり、ユーザーが待ち望んでいたりすればモチベーションも維持できます。

無事に発売できればそれまでの苦労もを忘れるくらいの達成感を得られるのはゲーム業界でしか味わえないやりがいです。