アニメーターになるための学校と学費(専門学校、大学)

アニメーターになるための学校の種類

アニメーターを目指す上で資格や学歴などが問われることはありません。

一番求められるのは画力ですが、そのほかにアニメーションを作る流れなどアニメーション制作に関する知識や、求められる絵を短時間で描けるなどのスキルも問われます。

未経験者を採用するアニメーション制作会社は非常に少ないため、まずは大学や専門学校などで知識やスキルを身に付けるのが一般的です。

また、独学で画力を身に付けるという方法もあります。

アニメーターになるには

アニメーターになるための大学

全国には美術大学(美大)・芸術大学(芸大)をはじめ、アニメーション系学部・学科を置く4年制大学は多くあります。

大学の場合は実践的な授業だけでなく、デザインの理論や歴史など、絵や芸術などに関わる知識を幅広く身につけることを目的としている場合も多いです。

就職率は専門学校卒のほうがいいという声もあるものの、なかには大手制作会社に多数人材を輩出している大学もあり、大学卒業の肩書を得られるとアニメ業界以外に就職する場合に有利という人もいます。

学費は私立大学の場合、諸経費等を含めて1年当たり150万円から200万円程度が相場で、国立大学や公立大学であれば私立よりも大幅に安くなっています。

アニメーターになるための専門学校

アニメーション系の専門学校には、アニメーターをはじめ演出や制作進行、キャラクターデザイナーなど、アニメーション制作に関連する仕事を目指す人のための学科が集まっています。

アニメーター志望者向けの学科としては、「アニメーション科」や「アニメーション映像科」などがあります。

2年制の学校が多いですが、「専科」という形で1年制の学科を置く学校や、大学と同様に4年間かけてみっちりと学べる学校もあります。

専門学校の場合、就職を見据えて実践的な講義が中心となっており、アニメ業界とのつながりも強く就職の強さを売りにしているところも少なくありません。

学費は諸経費等も含めて1年当たり100円から150万円程度が相場ですが、学校によって異なります。

アニメーターの学校選びのポイントは?

専門学校の多くは2年制となっており、アニメーション制作に関する実践的なカリキュラムが中心に組まれているため、アニメーターを目指す人にはよりよい環境といえるでしょう。

一方、4年制大学では4年間という時間をかけてアニメーションだけでなくデザインや芸術について学ぶため、応用的な知識も身に付きます。

四年制大学を出ていることで就職の幅も広がり、アニメーター以外の進路を取る場合には有利といえるかもしれません。

ただし、在学期間が長くなればなるほど学費もかかるため、よくカリキュラムを比較して、自分に合った学校を選ぶようにしたいものです。

独学でアニメーターになれる?

アニメーション関連の学校に進学しなくても、独学で勉強し、アニメーターとして通用する画力さえあればアニメーターになれるチャンスはあります。

現在アニメーターは慢性的な人材不足により、特に小さな制作会社やプロダクションでは常にアニメーターを募集している状況のため、まったくの未経験からでもアニメーターになれる可能性はあります。

未経験からアニメーターを目指す場合は、採用試験に際して自分で作品を書き貯めたり、作品集(ポートフォリオ)を作ったり、HPなどを見せるなどして実力が認められる必要があります。