【2022年版】ゲームプロデューサーの年収はいくら? 給料についてくわしく解説

平均年収

ゲームプロデューサーは、ゲーム業界に関わる職種のなかでも給与水準は最も高いといえるでしょう。

もちろん、会社の規模や業績、個人の能力等によってゲームプロデューサーの給料は異なりますが、ゲーム制作を統括する立場になるため、全体としては比較的よい給料をもらっている人が多いようです。

中規模以上のゲームメーカーやゲーム開発会社に勤務する場合、平均年収は400万円~600万円程度が相場とされています。

また、正社員であれば厚生年金や健康保険などの福利厚生も整っていることが多く、さらにプロデュースした作品がヒットすれば、その功績が認められ、基本給が上がったり特別ボーナスが出るなどで年収1000万以上を稼ぐことも夢ではありません。

そうした実績を武器にさらに良い待遇の会社へ転職する人も多く、実力次第でいくらでも稼げる仕事ともいえます。

年収アップのためには

ゲームプロデューサーは、いちクリエイターとしてのスキルという以上に、現場を管理するマネジメントスキルやリーダーシップ、ビジネス的な思考が重視される仕事です。

最終的には「どれだけヒットタイトルを生み出せるか」によって評価が変わってきます。

手掛けた作品が売れれば売れるほど、ゲームプロデューサーとしての地位も高まっていくと考えておいてよいでしょう。

娯楽の多様化が進み、売れるゲームを作ることが難しくなっている現代社会において、ゲームプロデューサーはつねにアンテナを張り巡らせ、独創的かつ多くの人にウケるゲーム作品を生み出す力が求められます。

どのようなキャリアを歩んでいくか

ゲームプロデューサーは、まったく業界未経験の人がいきなりなることはほとんどありません。

一般的には、ゲームクリエイターとして開発に何年も携わったり、ゲームプランナーゲームディレクターとして経験を積んだ人が、その先のキャリアとしてゲームプロデューサーになります。

ゲームプランナーの仕事
ゲームディレクターの仕事

ゲームプロデューサーにはゲーム制作の総合的な知識・スキルが求められてくることから、それまでにどれだけ現場で多くのことを吸収しているかが重要だといえます。

将来的にゲームプロデューサーを目指すのであれば、下積みの若い時から目の前の仕事に真剣に打ち込み、マーケティング的な視点も持って、自分なりにどのようなゲーム作品を手掛けたいのか考えていくとよいでしょう。