声優になるには

声優になるまでの道のり

声優を目指す人のほとんどは、声優の養成所や各種スクールに入って学んでいます。

その大きな理由として、声優として活動していくうえでは基本的に「声優プロダクション」という組織に所属しなければならず、その声優プロダクションは声優養成所や声優コースのある専門学校の卒業生を採用することがほとんどだからです。

こうしたことから声優の養成所で声優としての技量を高めていき、卒業後にプロダクションへ所属という流れが一般的なものとなっています。

声優になるために特別な学歴や資格は必要ありません。

そのため逆を言えば、誰でも声優を目指すことができるといえるでしょう。

声優になるための学校の種類

声優の養成機関としてはプロダクション付属の養成所のほか、劇団付属の養成所、また専門学校や各種スクールなどさまざまなものがあります。

養成所では、正しい発音や発声、呼吸の仕方や演技などについても学びます。

アニメーションや洋画のキャラクターの口に合わせて声を出すのにも技術が必要であり、素人が簡単にできるものではありません。

養成所で学んでいる人の年齢は10代後半から20代前半がもっとも多いといわれますが、とくに年齢制限を設けていない学校では、もっと上の年代の人も在学しています。

一般的には1年から2年程度のレッスンを受け、声優に必要なスキルや知識を身につけていきますが、養成所やスクールを卒業しても、必ずしも声優プロダクションに所属できるとは限らないため、在学中に実力を高めるための努力が求められます。

声優になるためにはどんな学校にいけばいい?(専門学校・大学)

声優に向いている人

声優は、声で人の心を動かす仕事であるため、このキャラクターがいまどんな気持ちであるのかを脚本から読み取る「感受性」と、それを的確に声にする「表現力」が求められます。

また、他人を感動させたり楽しい気持ちにさせたりするためには、まず自分がふとしたことにも感動できるかどうかということが重要な要素になってきます。

さまざまなことに興味を持ち、いろいろな体験をしたり美しいものを見たりといった経験を積みながら、豊かな人間を目指していけるような人が、声優に向いているといえるでしょう。

声優に向いている人・適性・必要なスキル

声優にルックスは必要?

アイドル声優」として活動する場合

近年は「アイドル声優」といった肩書を持つ声優に注目が集まっています。

アイドル声優とはアニメのアテレコやナレーションなど本来の声優としての仕事に加え、いわゆる一般的な芸能人と同じような活動をして、人気を集める声優のことをいいます。

CDの発売やライブ活動、アニメ系のコンサートへの出演、また写真集やイメージビデオの発売、さらにはテレビやラジオ、雑誌といったメディアへの出演などが挙げられます。

声優は本来、人に自分の姿を見られることがあまり多くありません。

しかしいわゆる表舞台に立つ活動をして多くの人から注目を集めたいのであれば、どうしても「見た目の華やかさ」や「美しさ」などのルックスも必要になってくるといえるでしょう。

ルックスが問われない活動方法もある

一方でまったく表舞台に立たずに活動を続けている声優も、もちろん大勢います。

アニメや洋画の吹き替えのみの仕事をするのであればルックスは関係ありませんし、年齢も基本的に問われません。

実際、高い表現力や演技力を武器にすれば、アイドル声優以上の大きな成功を収めることもできます。

ルックスがよくなければ、声優になれないというわけではありませんので、自分がどのような活動をしていきたいのか、をしっかりと考える必要があります。

声優のキャリアプラン・キャリアパス

養成機関で学んだ後、声優プロダクションのオーディションを受験し合格すれば、マネジメントをしてくれるプロダクションに所属することができます。

はじめは「ジュニア」「仮所属」「事務所預かり」などと呼ばれる立場になり、給料については新人のギャラが適用されるため、非常に厳しい生活を送ることになるでしょう。

しばらく下積み期間としてさまざまな仕事を経験して実績を作るとようやく「正所属」という形になり、やっと一人前の「声優」といえます。

とはいえ、正所属になったとしても安定的に仕事をもらえる人はほんのわずかです。

声優プロダクションでは、芸能プロダクションと同じようにマネージャーが営業を担当しますが、仕事を獲得するためにはオーディションに合格することが必要で、たとえプロダクションに入ることができてもオーディションに合格できなければ仕事つながりません。

そのため、常にオーディションを受けながらレッスンを続けて、技量を高める努力が必要です。

なかには、いくつかの養成所を渡り歩いて学びながら、プロダクションのへ所属を目指す人もいるようです。

努力を重ね、さまざまなオーディションに合格し、声優として実績を積んでいくことで、ようやく安定して仕事を得ることができるようになります。

また、本気で声優を目指す場合は、声優の育成に特に力を入れている養成機関で学ぶことがおすすめになります。

特にヒューマンアカデミーは、プロダクションや有名声優との強力なタッグがあるため、在学中のデビュー数が445件あるなど、圧倒的な実績を誇っています。

資料請求は、完全無料になっていますので、少しでも声優を目指したいという気持ちがある人は、まずは無料資料請求してみることをおすすめします。