声優になるには

声優を目指そうと思い立ったものの、どうすればなれるのか悩んでいる人もいるでしょう。気になるのは、どのような学校へ進めばよいのか、有利になる資格はあるのかといった点ではないでしょうか。

本記事では、声優になるまでの道のりを説明します。

声優を目指す人のためのスクール紹介

無料で役に立つパンフレットをもらえるので、ぜひ取り寄せて比較してみましょう。

・圧倒的な実績数とノウハウなら:ヒューマンアカデミー 公式サイト

・就職・デビューシステムの充実なら:アミューズメントメディア総合学院 公式サイト

声優になるまでの道のり

声優を目指す人のほとんどは、声優の養成所や各種スクールに入って学んでいます。

声優は声優プロダクションに所属するのが一般的で、プロダクションは声優養成所や声優コースのある専門学校の卒業生を採用することがほとんどだからです。

こうしたことから声優の養成所で声優としての技量を高め、卒業後にプロダクションへ所属という流れが一般的なものとなっています。

声優になるために特別な学歴や資格は必要ありません

声優になるまでのルート

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

声優になるための学校の種類

声優の養成機関の一例として以下があります。

声優の養成機関
  • プロダクション付属の養成所
  • 劇団付属の養成所
  • 専門学校
  • 各種スクール

など

養成所では、正しい発音や発声、呼吸の仕方や演技などについても学びます。

アニメーションや洋画のキャラクターの口に合わせて声を出すのにも技術が必要であり、素人が簡単にできるものではありません。

養成所に通う人は10代後半から20代前半がもっとも多いといわれますが、とくに年齢制限を設けていない学校には、もっと上の年代の人もいます。

一般的には1年から2年程度のレッスンを受け、声優に必要なスキルや知識を身につけます。

養成所やスクールを卒業しても、必ずしも声優プロダクションに所属できるとは限らないため、在学中に実力を高めるための努力が求められます。

声優になるためにはどんな学校にいけばいい?(専門学校・大学)

声優を目指す人のためのスクール紹介

無料で役に立つパンフレットをもらえるので、ぜひ取り寄せて比較してみましょう。

・圧倒的な実績数とノウハウなら:ヒューマンアカデミー 公式サイト

・就職・デビューシステムの充実なら:アミューズメントメディア総合学院 公式サイト

声優の事務所やプロダクション・養成所に入るには?

声優の事務所やプロダクション・養成所に入るには?

声優として働くためには事務所やプロダクションに所属することが必須で、そのために養成所に入ることを目指す人も少なくありません。

ただし養成所は誰でもすぐ入れるわけではなく、入所試験(オーディション)を受けて合格する必要があります。

養成所にはいるためには、まず募集要項を満たしているかを確認しましょう。

一般的に養成所の入所オーディションの場合は、高卒以上の学歴で30歳ぐらいまでが一定のラインといわれていますが、もちろん年齢制限がないところもあります。

事務所やプロダクションに所属する際は声優としての活動歴や演技経験を問われることもあるため注意が必要です。

試験・オーディションの流れ

養成所の入所試験は、大きく分けて3つです。

入所試験の内容
  • 書類審査
  • 面接
  • 演技試験

一般的には書類審査に通った人が面接や演技試験に進みます。

面接では1分間程度の自己PRや志望動機、好きな声優や趣味・特技などについて問われます。

面接官と1対1で行われることもあれば、複数の面接官に対して声優志望者も複数人という場合などさまざまなケースがあるようです。

声優は演じることで人に何かを伝える仕事であるため、自信がないそぶりを見せれば、「この人は声優には向いていない」と思われてしまうかもしれません。

また面接当日は一般的な試験のようにスーツなどではなく、自分を表現できる装いが勧められているようです。

なお、養成所の入所試験には受験料が発生することが多く、一般的に5,000円から8,000円程度かかります。

演技試験・オーディションの内容

演技試験では、以下が実施されることが多いようです。

演技試験の内容
  • セリフ読み(その場で渡されたセリフを読む)
  • 早口言葉
  • エチュード」と呼ばれるリアクションの演技

たとえば「突然告白された場合」「財布を落としてしまった場合」といった具体的なテーマが与えられ、そのシチュエーションに応じその場でリアクションをとる即興での表現力が問われます。

そのほか、一般常識を問う筆記試験や作文の試験が同時に行われることもあります。

入所試験はいつ行われる?

事務所やプロダクション、養成所では年に1度、3月頃に行われるのが一般的ですが、年に複数回試験を行うところもあります。

事務所やプロダクションの場合は、常時募集しているところも多いようです。

所属したいところが見つかったら、公式サイトなどで情報を調べて試験に備えましょう。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

声優に向いている人

声優は、声で人の心を動かす仕事であるため、キャラクターの気持ちを脚本から読み取る感受性と、それを的確に声にする表現力が求められます。

また、他人を感動させたり楽しい気持ちにさせたりするためには、まず自分がふとしたことにも感動できるかどうかということが重要です。

さまざまなことに興味を持ち、いろいろな体験をしたり美しいものを見たりといった経験を積み、豊かな人間を目指す人が声優に向いているといえるでしょう。

声優に向いている人・適性・必要なスキル

声優にルックスは必要?

アイドル声優として活動する場合

近年はアイドル声優に注目が集まっています。

アイドル声優とはアニメのアテレコやナレーションなど本来の声優としての仕事に加え、いわゆる一般的な芸能人と同様の活動で人気を集める声優のことをいいます。

アイドル声優の活動
  • CDの発売
  • ライブ活動
  • アニメ系のコンサートへの出演
  • 写真集やイメージビデオの発売
  • テレビやラジオ、雑誌といったメディアへの出演

声優は本来、人に自分の姿を見られることがあまり多くありません。

しかしいわゆる表舞台に立つ活動をして多くの人から注目を集めたいのであれば、華やかなオーラやある程度の美しさは必要になるでしょう。

ルックスが問われない活動方法もある

一方でまったく表舞台に立たずに活動を続けている声優も大勢います。

アニメ・洋画の吹き替えにルックスや年齢は無関係です。

実際、高い表現力や演技力を武器にすれば、アイドル声優以上の大きな成功を収めることもできます。

ルックスがよくなければ声優になれないというわけではありませんので、自分がどのような活動をしたいのか、をしっかりと考える必要があります。

声優の働き方の種類

声優は企業に入社するのではなく、基本的には個人事業主として活動する職業です。

まずは養成所で知識とスキルを身につけて事務所やプロダクションへの所属を目指します。

事務所・プロダクションに所属する声優

事務所とは業務提携の関係

声優は一般的には声優事務所やプロダクションに所属し、そこを経由して仕事やオーディションを獲得しています。

事務所に所属すると、以下のようなメリットがあります。

事務所に所属するメリット
  • 自分で仕事を探さなくてもよい
  • 大手の事務所であれば仕事量が多く安定して働ける
  • 人気が高まれば、事務所が大々的にバックアップし売り出してくれる
  • アイドルやアーティストとしても活動の幅を広げやすい

など

ただし、こうした働き方は一般的な正社員とは異なりあくまでも「個人事業主」という形になります。

事務所とは業務提携の関係で固定給はなく、仕事をした分だけ収入を得る成果報酬制となります。

事務所に所属するデメリット

声優として事務所に所属することは多くの人の憧れですが、デメリットもあります。

事務所に所属するデメリット
  • 事務所から振られた仕事しかできない
  • 事務所を通さずに仕事をうけたい場合は事務所に相談しなくてはならない
  • 声優を保護する観点からSNSなどを管理され、自分で好きなように更新することができない
  • 人気が出るとプライベートもある程度管理されることがある

フリーランスの声優

フリーランスとして活躍する声優

事務所に所属して働く人がいる一方、フリーランス、つまり独立して働いている人もいます。

フリーランスになれば、事務所を通さずに直接仕事をもらうことになり、事務所に支払う手数料がいらない分、成功すれば一気に高収入を得られます。

ただし、事務所の看板がないため自分の実力だけで勝負することになります。

大手事務所に所属することはそれだけで一定の技術がある証明になります。

しかし、フリーランスの場合は誰かが自分の力を保証してくれるわけではないため、人気と実力をある程度備えてからでなければ独立は難しいでしょう。

はじめからフリーランスは難しい

多くの声優志望者がフリーランスに憧れるようですが、デビューしたばかりの新人声優がいきなりフリーランスとなるのは難しいことです。

この業界は人脈や知名度が人気を左右する部分も大きいため、何の経験や実績もない人のところに仕事が舞い込むことはめったにありません。

事務所がやってくれる以下のような仕事も、フリーランスになれば自分ですべてしなくてはなりません。

フリーランスになればこれらも自分の仕事
    • 宣伝や営業活動
    • タイムマネジメント
    • スケジュール管理

など

声優の世界は実力主義ですから、最低でも数年は事務所に所属して経験を積んで実力をつけ、業界内の人脈・信頼を形成してからフリーランスを目指したほうがよいでしょう。

声優のキャリアプラン・キャリアパス

養成機関で学んだ後、声優プロダクションのオーディションを受験し合格すれば、マネジメントをしてくれるプロダクションに所属することができます。

はじめは「ジュニア」「仮所属」「事務所預かり」などと呼ばれる立場になり、給料は新人のギャラが適用されるため、非常に厳しい生活を送ることになるでしょう。

しばらく下積み期間としてさまざまな仕事を経験して実績を作るとようやく「正所属」という形になり、やっと一人前の声優といえます。

とはいえ、正所属になったとしても安定的に仕事をもらえる人はほんのわずかです。

声優プロダクションでは、芸能プロダクションと同じようにマネージャーが営業を担当しますが、仕事を獲得するためにはオーディションに合格することが必要です。

そのため、常にオーディションを受けながらレッスンを続けて、技量を高める努力が必要です。

なかには、いくつかの養成所を渡り歩いて学びながら、プロダクションのへ所属を目指す人もいるようです。

努力を重ね、さまざまなオーディションに合格し、実績を積むことで、ようやく安定して仕事を得られる声優になれます。

声優になるにはのまとめ

声優を目指す人のほとんどは、声優の養成所や各種スクールに入って学んでいます。

養成所に通う人は10代後半から20代前半がもっとも多いといわれますが、とくに年齢制限を設けていない学校には、もっと上の年代の人もいます。

声優は、声で人の心を動かす仕事であるため、キャラクターの気持ちを脚本から読み取る感受性と、それを的確に声にする表現力が求められます。

養成機関で学んだ後、声優プロダクションに所属できてからも努力を重ね、さまざまなオーディションに合格し、実績を積むことで、ようやく安定して仕事を得られる声優になれます。

仕事を取れる声優を目指す人へ

声優になれたとしても仕事が取れなくては意味がありません。

声優として仕事を取るには、実力が必要です。実力をつけるためには適切な努力ができる環境が何よりも大事。

ヒューマンアカデミーなら、舞台公演をしながら実践的に学んだり、年350回以上もある校内オーディションで自分の実力を試したりすることができます。

マンツーマン指導でアドバイスがもらえるから、努力する方向を間違えることもありません。試行錯誤して実力をつけるには最適の環境と言えるでしょう。

ヒューマンアカデミーの詳しい情報は、資料請求で手に入れてください。完全無料ですので、興味がある人は資料請求するところから始めましょう。

また、ゲーム、アニメ、イラストなどの実践的なコンテンツ作りを学べる学校としてアミューズメントメディア総合学院も有名です。

【アミューズメントメディア総合学院の魅力】
1.産学共同・現場実践教育
2.業界に直結した就職・デビューシステム
3.卒業後もずっとバックアップ!OB・OGネットワーク
4.業界の第一線で活躍する現役プロ講師

グループ内で映画の制作会社や音楽会社も経営しているので就職率も高く人気のスクールとなります。

ぜひ2校とも資料請求や学校見学をしてみてください。

ヒューマンアカデミー 公式サイト

アミューズメントメディア総合学院 公式サイト