ゲームクリエイターの求人・就職状況・就職先選びのポイント

ゲームクリエイターの就職先にはどんなところがある?

ゲームクリエイターの就職先でメインとなる会社は、ゲームを制作している大手メーカーやゲーム制作会社で、これらは多くのクリエイターが就職を希望する勤務先でもあります。

大手メーカーではプランニングの段階からプログラミング制作まで、ひとつのゲーム制作に関わる全ての工程を自社でおこなう企業が多いです。

ゲーム制作会社では、会社の規模によりひとつのゲームを全て自社でおこなう場合と、プログラミング等の一部の工程を受注して行う場合があります。

さらに、背景やキャラクター等のグラフィック制作を希望する場合は、映像制作専門の企業に就職することも視野に入れておくとよいでしょう。

ゲーム内の各種BGM、効果音などのサウンド制作のみを請け負う企業もゲームクリエイターの就職先として挙げられます。

自分がどの分野で活躍したいかや、将来的なキャリアパスに合わせて就職先を選ぶことも大切になるでしょう。

"ゲームクリエイターの勤務先と仕事内容の違い"

ゲームクリエイターの求人の状況

ゲームの制作現場には大勢の人が関わるため、決められたスケジュールで効率的に動くために、おのおのの専門知識を生かした「分業制」が敷かれていることが大半です。

ただし小さなゲームメーカーや開発会社では、企画もプログラムもデザインも一人の担当者が行うといったこともあるため、一概にはいえません。

なかには、最初から企画に携わるのではなく、まずプログラマーとして経験を積み、次第に自分のアイデアを生かしてプランニングの仕事も手掛けるといった場合もあります。

求人に関しても、「企画職(ディレクター・プランナーなど)」と「開発職(プログラマー・エンジニアなど)」で分かれていることも、「総合職」といった形で一括採用する会社もあります。

総合職での採用の場合、入社後に本人の希望や適性、会社の状況などを踏まえて職種が決定されます。

また求人内容に「ゲームクリエイター」と書かれている場合、会社により企画職だけの場合と、ゲーム制作に関わるすべての人を意味する場合があります。

そのような求人の場合、自分の希望と違う職種ではないか事前にチェックしておく必要があるでしょう。

ゲームクリエイターの就職先の選び方

アルバイトからステップアップを目指す道も

倍率の高い大手ゲームメーカーに就職するのは簡単ではありませんが、ゲーム開発会社では人材不足に悩んでいるところも多いようです。

さらに、雇用形態が正社員ではなくアルバイトでもよいということであれば、働ける可能性は大きく広がります。

即戦力となる中途採用を行うゲームメーカーも多いため、まずはアルバイトとしてでも業界に入り込んで力をつけ、より大きな会社への転職を目指すといったことも考えてみるとよいでしょう。

また、正社員の場合は入社後の給与のレンジが職種によって定められており、成果を出せばボーナスに大きく上乗せされるものの、基本給は上がりにくい企業もあります。

そのため昇給の仕方や、成果を出した際にどのように反映されるのかもチェックしておくほうがよいでしょう。

プログラマーを目指す場合

プログラマーは、ゲームの制作において欠かせない存在であり、多くの企業が人手を欲しています。

自分が将来的にどのような働き方をしたいかや、どのようなポストに就きたいかなどを考慮して就職先を選ぶとよいでしょう。

さらに、最近では週休3日制や在宅勤務などを取り入れている企業も出てきており、PCを使える環境があれば仕事ができるプログラマーにとって働き方のバリエーションが増えています。

効率的にスキルアップを目指す場合、そのような勤務体制にも目を向けてみましょう。

企画職を目指す場合

プランナー、プロデューサー、ディレクター、シナリオライター等もゲーム制作の骨組みを作ったり、取りまとめるといった場面で必須となる職種です。

そのため、このような職種を希望する場合はおのずとゲームの制作会社・ゲーム部門のある企業などに絞られます。

ただし、始めからプロデューサーやディレクター志望として入社するだけではなく、プログラマーなどを経て実務経験を積んでからプロデューサーへ転向するという道もあります。

若干遠回りかもしれませんが、現場を知り、一連の制作の流れを経験していることは、ディレクターやプロデューサーとなった場合にも生かせることが多くあります。

プログラミングを得意としており、将来は自分の企画したゲームを作りたいという目標がある場合には、このようなキャリアパスもあることを覚えておきましょう。

グラフィックデザイン関連の仕事を目指す場合

グラフィックデザインは、ゲーム制作をおこなう会社だけでなく、グラフィック専門の制作会社へ外注されることもあります。

そこで、ゲーム関連企業だけでなく、さまざまなゲームのグラフィックデザインを請け負っている企業も視野に入れることをおすすめします。

志望する企業を選ぶ際は、自分の表現したい世界観とマッチする作品を多く手掛けている企業を選ぶことで、入社後もスムーズに制作に取りかかれる確率が高まります。

その会社のどの作品に惹かれたのか、どのような世界観やタッチの作品を手掛けたいかなど細かく分析しておくとよいでしょう。

グラフィック制作ではロケーション撮影を多くおこなう企業もあるため、その辺りもチェックしておけると入社後の働き方のイメージがしやすくなります。

音響関連の仕事を目指す場合

サウンドデザインも、ゲーム関連企業だけでなく音楽制作会社でもゲーム音楽を受注している企業がありますので、音楽制作関連の企業まで視野を広げてみるほうがよいでしょう。

ゲーム内のBGMに関しては、打ち込みで音楽制作ができると重宝されるため、専門学校などで技術を学んでおくとゲームクリエイターとして活躍しやすくなります。

ただし、そのような技術は入社後に実践していく上で学ぶこともできますので、まずはゲーム音楽の制作を意欲的に行っている企業を探してみましょう。

最近はリアリティを追求し、オーケストラサウンドなどを取り入れているゲームもあるため、自分の表現したい世界をある程度はっきりさせておくとよいでしょう。

また、ゲームサウンド制作を専門に行っている企業もあります。

そのような企業に就職できれば必ずゲームクリエイターとして制作に携われますので、選択肢のひとつとして覚えておきましょう。

ゲームクリエイターの志望動機・面接

ゲームクリエイターになりたい場合、多くの人はゲームメーカーやゲーム開発会社への就職を目指すことになるでしょう。

それらの採用試験では確実に面接試験が行われ、そのうち「志望動機」は合否にも大きく関わってくるため、事前にきちんと考えておく必要があります。

アイデアを出して創造する仕事ということからオリジナリティあふれる内容のほうが好まれることもあるでしょう。

また、ユーザーとしてだけではなく制作者の視点に立った志望動機を考えることも大切です。

さらに、ミーハーな気持ちではなく、激務にも耐えうるだけの「本気で制作者になりたいという覚悟」も問われます。

ゲームクリエイターの仕事は楽しいこともある反面、大変なこともたくさんあり、それ乗り越えられる人材であるかどうかを企業側は見ています。

ゲームクリエイターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

ゲームクリエイターの就職先の探し方のひとつとしては、求人サイトやゲーム制作関連の自社サイトで募集がないか探すことです。

ゲームクリエイターは不規則な生活になってしまうことが多く、体調面などでどうしても勤務を続けられない人が出てくるため、募集は常に一定以上あります。

とくに就職を希望している会社がある場合などには定期的に求人がないかをチェックする習慣をつけ、見逃しがないようにしましょう。

また、ゲームクリエイターの専門学校によってはゲーム関連企業への就職までサポートしてくれるところもあります。

ゲーム制作の関連企業へ着実に就職を決めたい場合は、そういった専門学校へ通うことも考えるとよいでしょう。

さらにゲームクリエイター養成専門の学校に通っている場合は、先輩もゲームクリエイターとして活躍することになるため、先輩クリエイターの紹介で就職先が見つかる場合もあります。