ゲーム制作会社で働くには(大学学部・学歴)

ゲーム制作会社社員になるまでの道のり

任天堂やバンダイナムコ、コナミやセガなど大手ゲーム制作会社の新卒採用サイトをいくつか見てみると、大卒を応募条件にしている企業もありますが、多くの場合、専門学校や短大卒以上を対象としています。

傾向として学歴はあまり問わず、やる気や適性を重視しているといえます。

技術・デザイン系の職種はソフト企画、ゲーム開発、システム開発、社内ITシステム開発、ハードウェアエンジニア、サウンドクリエイター、プランナー、デザイナーなどがあります。

事務系の職種だと、経営企画、財務経理、法務、広報宣伝などがあります。

なお、学歴は問わないものの初任給では多少の差が生じています。

専門卒と大学院卒ではおおむね4万円の開きがあり、公表していない企業でも同等の差があるのは認識した方がよさそうです。

ゲーム制作会社の求人の状況

国内のゲーム業界は好調で、2019年はハードも含めると約1.7兆円もの市場規模で10年連続で成長しています。

業界全体として好調を続けているため、求人市場も好調といえるでしょう。

大手ゲーム制作会社では新卒採用のほか、キャリア(中途)採用のコンテンツも行っており、積極的に人材確保に動いています。

ゲーム制作は専門性が高いため分業制が基本で、職種が豊富なのも特徴です。

ある大手企業のデザイナー職は15種類に細分化されており、それぞれで募集がかけられているため保有しているスキルによってはチャンスが広がるかもしれません。

求人ポータルサイトで検索してみても多様な職種が募集されており、ゲーム制作会社はあらゆるスキルを求めているのが分かります。

新卒にしても、キャリア採用にしても求人市場の活発な動きはしばらく続きそうです。

ゲーム制作会社で働くための学部・学歴

多くのゲーム制作会社で働くための学歴は新卒採用かキャリア採用かで変わります。

新卒の場合、専門卒以上が応募条件に挙がっている場合が多いです。

特にプログラマーやグラフィックデザイナーなどの開発職は学歴よりも知識やスキルを求められるため、専門学校で学んだ人は強みになるでしょう。

大卒の新卒になると開発職はもちろん、企画系職種採用も考えられます。

将来的にはマネジメント中心の業務を行う管理職につき、経営面でも会社をになう人材への成長が期待されます。

一方、キャリア採用の場合は学歴はほぼ問われません。

大手企業のキャリア採用募集要項を見ても応募資格に学歴が記載されているのはまれで、何よりも業務経験が重要です。

ゲーム制作会社社員になるのに有利な資格はある?

新卒、キャリア採用を問わず、ゲーム制作に直接関わる職種に関していうと資格は必要ありません。

資格よりも保有しているスキルによって有利になることはあり、プログラミング系の職種で例を挙げるなら、 C++、Java、C#、Rubyといったプログラミング言語の知識やスキルは有利になります。

デザイナーだと、3DCGデザイナーならMEL、Pythonなどのスクリプト言語、グラフィック系デザイナーならIllustrator、Photoshopなどのソフトが使えると有利になります。

なお、「有利」というのは新卒の場合で、キャリア採用の場合は必須になるケースも多くあります。

ゲーム制作には多様な職種があり、それだけ求められるスキルも変わるので、これから目指す人は希望する職種で求められるスキルをあらかじめ調べておきましょう。

ゲーム制作会社社員に必要な資格・スキル

ゲーム制作会社に向いている人

ゲーム制作はモノづくりの一面があるため、物事をゼロから考えたり、アイデアを具体化したり、いわゆる創作が好きな人には向いています。

ただしゲームの最終目的はユーザーを楽しませることです。

創作のみでは不十分で、自分が創作したアイデアで世の中の人を楽しませたいと思う人がゲーム制作に向いています。

さらに挙げるなら、心身ともにタフな人も向いています。

発売日やリリース日に間に合わせるには、どうしても無理をしなければいけない時もあるでしょう。

一度や二度ではなく、ゲーム制作にたずさわるなら高い頻度でそうした状況が続くためタフな人が向いています。

ゲーム制作会社社員に向いている人・適性

ゲーム制作会社社員のキャリアプラン・キャリアパス

ゲームプランナーであれば、ディレクターやプロデューサーなどへのキャリアアップが考えられます。

キャリアアップすると統括する規模が広がり、プロジェクトの中心となって活躍していくイメージです。

開発系はその道のスペシャリストになるキャリアもあれば、部門のマネジャーとして現場を統括するキャリアも考えられます。

デザイナーを例にすると、アシスタントからはじまり、CGやキャラクターなど各分野の専門デザイナー、チームリーダー、そしてアートディレクターなどへのキャリアアップがあるでしょう。

会社によって方針は違うため一概にはいえませんが、ゲーム制作の現場には多様な職種があるためキャリアアップの道はさまざまです。

ゲーム制作会社社員は高卒から目指せる?

高卒ですぐにゲーム制作会社に就職するのは難しいでしょう。

スキルや知識が求められるため、専門学校や大学などである程度の知識を身に付けるのが近道です。

それでも高卒ですぐにゲーム業界に入りたいのであれば、アルバイトで探すのも一つの方法です。

社員のサポートをしつつ、少しずつ業務をまかされるようになれば、社員への登用など可能性が広がるでしょう。

ゲーム制作会社への転職を検討するなら、転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途でゲーム制作会社を目指す場合には、転職エージェントに登録しておくのもおすすめです。

ゲーム分野に強い転職アドバイザーから、業界情報を聞くことができたり、ゲーム制作会社の「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っている、そもそもゲーム制作会社が自分に合っているか不安という段階でも、専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができます。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ登録して気軽に相談してみてください。