ゲームプロデューサーに向いている人、適性、素質

流行や情報に敏感で、独創的な発想もできる人

ゲームプロデューサーは、手掛けるゲーム作品をヒットさせるために、つねに市場調査を欠かさず、何がウケるのかを考え続けなくてはなりません。

情報のアンテナを張り巡らせ、世の中の流行に敏感な人、新しいもの好きな人は、ゲームプロデューサーに向いているといえます。

ただし、消費者の気持ちはすぐに移り変わりやすく、過去に何度も見たようなもの、ありきたりなものを作っても評価されないことが多いため、独創的な発想力も持ち合わせている必要があります。

地道に面白いものは何か考え続けながら、自分ならではのアイデアをどんどん出せるような人は、この仕事の適性があるといえるでしょう。

リーダーシップがある人

つねに各スタッフがどのような状況にあるのかを把握して、適切な指示を出していくこともゲームプロデューサーの大事な役割のひとつです。

現場では大勢の人が動くため、予期せぬトラブルも発生することがありますが、ゲームプロデューサーは落ち着いて状況を判断し、どのように進んでいけばよいのか指揮をとらなくてはなりません。

リーダーシップを発揮して行動できる人は、この仕事の適性があるといえるでしょう。

さまざまな立場の人とコミュニケーションをとるのが上手で、多くの人を束ねる力のある人に向いている仕事だといえます。

視野が広く、物事の全体像を見るのが得意な人

ゲームプロデューサーは、ゲーム制作の全体像を把握し、プロジェクトが円滑に進むように予算・人員・スケジュールのあらゆる面に責任を持たなくてはなりません。

どこか一点にとことん集中するタイプの人よりも、ゼネラリスト的な志向で広い視野を持って、俯瞰的に物事を見ることが得意な人に向いている仕事といわれます。

同時に複数のことを進めていけるマルチタスク型の人や、バランス感覚にすぐれている人は、ゲームプロデューサーの素質があるといえるでしょう。