アニメーターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

アニメーターを目指すきっかけで多いものは?

アニメーションが好き

アニメーターの一番の志望動機は、やはり「アニメーションが好き」ということです。

好きなだけで仕事はできないと言われることもありますが、毎日毎日アニメのキャラクターや背景を描き続けるのは、アニメーションが好きでなくては務まりません。

特に、アニメのストーリーや声ではなくどうしても絵に目がいってしまう、とにかくアニメの絵が好きだという人が多いです。

画力アップのためには、さまざまなアニメ作品を見て勉強することも大事です。

好きであればたくさん見ることができますし、もっと上達したいという気持ちも自然に湧いてくるでしょう。

絵に命を吹き込みたい

アニメーションが好きで、「自分も作る側の立場になりたい」「こんな作品を作ってみたい」という気持ちでアニメーターを目指す人はたくさんいます。

絵に命を吹き込んで、作品制作の一端を担いたいという人には、まさに天職といえる仕事でしょう。

憧れの存在がいる

アニメ好きな人には、おそらく自分にとって大きな影響を与えた作品や、好きなアニメ監督がいるはずです。

そのような作品を作ったり憧れの監督と仕事をできたりするような存在になりたいという憧れの気持ちから、アニメーターを目指す人もいます。

この仕事は実力主義の世界なので、スキルアップによって大きな仕事ができるようになります。人に夢を与える仕事だからこそ、自分も夢を持って働くことが大切です。

アニメーターの志望動機の考え方

アニメーターとして素晴らしい絵を描きたい、自分の画力を生かしたいという意欲はとても大事ですが、アニメーターが自分の思う通りに絵を描けることは基本的にはありません。

指示された絵を指示されたように描かなければならないことのほうが多く、毎日コツコツと地道な作業を続けていくことの方が多いです。

もし、自分の思う世界を好きに表現したいのであれば、アニメーターとして仕事を続けていくのは難しいため、自分が本当にやりたいことは何かをしっかりと考えておく必要があります。

アニメーターの志望動機の例文×3

絵を描くことが好きという人の志望動機

「幼いころから絵を描くのが好きで、小学校のころから絵画教室に通い勉強してきました。

なかでも一番惹かれたのは人間の些細な動きをとらえて描くことでした。

さまざまな技法を勉強していくうち、滑らかに動くアニメーションの絵に惹かれるようになり、アニメーションの絵を作るアニメーターという職業に興味を持ちました。

アニメに興味を持つきっかけとなった「○○」という作品を作った御社でぜひ自分の画力を生かして貢献したいです。」

夢や感動を与えたいという人の志望動機

「学生時代に「○○」というアニメを見て心から感動し、アニメを作る業界に興味を持ちました。

もともとアニメが好きで、アニメから勇気や夢や希望をもらって成長してきましたが、「○○」を見てアニメで大人も感動できる作品を作り出せること、世界中の人から日本のアニメが評価されたことに非常に魅力を感じました。

今度は自分が作り手となって、見る人に多くの感動を与えられる作品を作りたいと思っています。」

アニメーションの魅力を伝えたいという人の志望動機

「CGに興味があり、専門学校でアニメーションの授業を受けるうちに、アニメーションに興味を持ちました。

世界でつくられているさまざまなアニメを見ましたが、アニメは絵だけでものを伝えるため、たとえ言葉がわからなくても大人から子どもまで楽しめるところに魅力を感じています。

日本ではまだアニメは子どもや一部の人のためだけのものと思われているところが多いですが、そうした偏見を取り払い、世界に誇れる日本のアニメーションの魅力を発信できるような作品を作りたいです。」

アニメーターの面接で聞かれること・注意点

制作会社でもプロダクションでも、アニメーターの採用試験では面接が行われます。

志望者の多い大手制作会社の場合は、画力を見るための実技試験と面接試験をそれぞれ行ったり、まずは書類選考で人数を絞り、通過者のみ面接試験に呼ぶというやり方をとっていたりするのが一般的です。

一方、小さなプロダクションやスタジオでは定期的な採用を行わず、志望者から連絡を受けるごとにそれぞれ試験を行うというところが多いようです。

その場合は、大手のように形式的な面接試験があるというよりも、持ち込んだ作品を見せながら話をするといった内容になります。

アニメーターの自己PRのポイント

アニメーターは決して楽な仕事ではなく、特に最初の数年間は体力的にも精神的にも厳しい日々が続くことになるため、面接を通してどれだけの熱意や覚悟があるのかということが判断されます。

「給料は安いけど大丈夫か?」や「体力に自信はあるのか?」といったように、厳しさをにおわせるような質問をされることも多く、「なんとなくやってみたい」くらいの気持ちでいると答えに詰まってしまい、不採用になる可能性もあるため注意が必要です。

また、その会社がこれまでにどのような作品を手がけてきたのかは、必ずチェックしておき、自分の好きな部分や感動した場面などをからめて自己アピールができるとより効果的でしょう。

さらに、自分が描いた作品に関して聞かれることもあります。

どんな意図で、どのような思いで作った作品なのかといったことは、厳しい目で見られるため、しっかりと受け答えできるようにしておくことが大切です。

アニメーターの履歴書で気をつけるべきことは?

アニメーターを目指す上で重要なのは履歴書の内容よりもポートフォリオと呼ばれる作品集です。

これは自分がいままで作りためたり発表したりした作品をまとめ、画力やスキルをアピールする重要なものとなります。

日頃から作品作りをしておくほか、作品に対する思いやどのような技法で描いたのかなどを言葉でアピールすることも必要です。